連れ子のロリ幼女に手を出して、Hしたら彼女にバレて修羅場でガチ喧嘩

バツイチシングルマザーと
付き合っているが、連れ子の幼女とHしてしまった

職場でシングルマザーと知り合い
子連れで、俺のマンションに住む事になった

籍を挿れたりしてないから
内縁の妻とかになるのかな?

彼女はデパート内のショップ店員

俺は同じ階の社員

その時は彼女30歳、娘7歳

新年会、忘年会、歓送迎会とか
飲みに行ったりしてると、
彼女の相談とか受けるようになって
二人で食事行ったり飲みにいったりする仲に

自然な流れで関係持つようになり、
それから 彼女の家に行ったり、
彼女が来たりする様に
付き合いだしたときには、
すでに離婚してて 家賃がもったいないからってことで、
俺のマンションに転がり込んできて
内縁の妻みたいなポジションにいる

職場には内緒で、
誰にも気付かれてない

役所には、住所変更だけして、
娘も俺の家から
学校へ通うようになった。

仕事がデパなので休みが不定期

俺が休みでも彼女は仕事って言うのが多かったので
娘と二人で過ごす時間が長かった。

娘は俺のことを気にしてか
よく肩や腰を揉んでマッサージしてくれたり

最初は、この幼い娘とじゃれあうぐらいの仲で
足の裏とか脇とかわき腹とか
くすぐりあったりしてはふざけてた。

そんな時、
いつものようにふざけてたとき

お互いの顔が、向かい合ったとき
ちょっとドキッとして、その時まじめな話として

「○○ちゃんは好きな人は?」
って聞くと

「 いな~い、じゃぁキスとかはまだ経験ないんだぁ」

「 えっ~キスぐらいあるよ」

「 本当かなぁ、ほっぺたとかじゃないんだよ」

「したもん」

「じゃぁ目つぶってごらん」

あごに手を当て少し上向きにして
軽く唇を当てると、体全体が硬直

「無理しなくていいんだよ、冗談冗談 」

「できるもん○ちゃん(娘はいつもそう呼ぶ)
いつもお母さんとしてるじゃん」

「○○ちゃんみたの? 」

「 前に抱き合ってたのみたもん 」

「そうなんだぁ、
その時見てどんな感じだった? 」

「え~?すごく恥ずかしかったけど、
なんかドキドキしちゃったけど
ずっと見ちゃった」

向かい合って座っていたが、
ソファに座りなおして
娘を後ろから抱きしめながら、耳元で、

「ずっと見て感じてたんだぁ」

そういいながら右手で
当時、jsな娘の太ももを触りながら、
左手でジーパンの
ホックをはずして腰までずらしたまま
下着の中に手を入れて秘部を触ると
幼女ながらにロリ汁を垂らして濡れている

娘はずっと黙っていたけど、
俺が指を割れ目に這わせながら動かすと

「うぅあぁ~ん」

って呻く様な声を漏らしてきた

そして、俺の右手を両手で押さえてきたけど
左手をシャツの中に入れて
スポブラの上から手を入れロリパイを揉むと
あぁんと悶え始めて、
こっちを向き俺に抱きついてきた

そのままソファに倒れこみながら、
シャツのボタンをはずし
シャツを脱がせて、ジーパンも一気に下ろして
下着だけにすると、
幼女な娘が胸を両手で隠しながら目をつぶっている

ゆっくり上から被さりながら両手を解こうとすると
おもむろに俺に抱きついてきた。

俺はゆっくり顔を娘の顔に
近づけながらキス

そしてスポーツブラを脱がせると弾力のいい
かわいいピンクの乳首のロリパイが目に入ってきた

俺はゆっくりロリパイを揉み始め、
キスをしながら左手で胸を揉みながら
右手はパンティーの中へ

唇から首筋胸へと舌を這わせ、
おへそまで舌を這わせながら両手で
下着を脱がせると舌を秘部へ這わせ
両手で足を広げクンニを

見上げると娘は両手で顔を隠していた

いきりたった息子をゆっくり入り口へ

充分に濡れた秘部へ滑り込ませようとすると
娘が下半身に力を入れる

「大丈夫、痛くないから力抜いて」

ぎこちなく力を抜いたようだけど

まだ力が入ってて、それでもゆっくり挿入
また力が入って腰を浮かし始める

両手で腰を持って強引に挿入すると
幼女な娘が、

「い・痛い!」

「 大丈夫ゆっくり動かすから」

といって、ゆっくり出し入れ
ゆっくり入れながらも、
ぐっと奥まで挿入

「い・いたい・いたいよ 」

最初だけ大丈夫徐々に慣れるから、
太ももを鮮血がつたう

覆いかぶさりながら抱きしめながら
動きを早く出し入れ

「あぁうぅ」

涙がほほをつたってながれてる

「大丈夫ごめんね痛かった? 」

「うん痛かったけど大丈夫、
うれしい○ちゃんが初めての人で
これから、お母さんとしないときに私とHしてくれる? 」

「うん、今度お母さんには内緒でどっかいこうか」

「本当、うれしい、
もうすぐお母さん帰ってくるから着替えてくるね 」

それから連れ子の娘とHな関係が続いてます

そんな関係が続いていたが、
彼女に娘とSEXしてガチ修羅場

思い出したくないぐらい、
まぁ想像出来るとは思うけど
ばれて彼女がキレテ殺すの死ぬのになって
マジ大暴れ

このロリコン野郎って罵られ

近所中に聞こえるぐらいの大喧嘩で
半端ない修羅場だった

それでも、その場は何とか、
なだめるだの脅すだので治めて
その日は三人とも別々の部屋で寝て、
翌日、落ち着いて話し合い
結局三人とも別れないってことになったけど

俺が仕事の都合上、
マンションを留守にすることが多くなって
今は多少距離を置いてるって感じで、
微妙ながら続いてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。