女子中学生三人組に見られながら、現役女子校生の彼女と公園のベンチでSEX【青姦】

現役女子校生と
付き合っている33才の男です

ピチピチギャルなJKの彼女と
この前初めてアブノーマルな
青姦SEXしたんです

つっても彼女はヤリマンじゃなく
俺と付き合う前は処女で、俺が初めての男

結構真面目系な女子校生ですが、
ちょっぴり調教中で、
プチ露出プレイなどしています

 
近所に大きな公園があり、
その奥にあるベンチ周辺は
夕方以降人がいなくなるため、
そこで青姦する事に

向かう途中、制服姿の彼女のパンツを脱がし
ノーパン状態

僕はズボンのチャックを下ろしチンコを出し、
お互い性器を触りあったりしながら
ベンチに向かいイチャイチャ

しかしベンチに着くとそこには
近所の中学校のジャージをきた
jcが3人いました。

彼女は見られるのは無理と言ったのですが、
僕はJCに見せるのは大歓迎だったので

「女の子なら見られても大丈夫だよ」

と無理矢理説得し、3人のいるベンチから
5mほど離れた隣のベンチに向かいました。

僕は勃起したチンコを出したままだったので
一応最初は隠そうと、
彼女が握って隠してるつもりといった状態

3人から見たら女子高生が
男の股間を抑えてるという異様な光景なので、
3人の中学生たちは

「なんか触ってない?」

と一応小声で話しているのですが、
丸聞こえ

とりあえずベンチに座ると
3 人はこちらを伺いながら話を再開していました。

彼女に

「どう?」

と尋ねると

「なんかめっちゃ濡れてる」

という返事

僕も準備はできていたので、
すぐ入れようということになりました。

僕はベンチに座ったままで彼女は
僕の前にしゃがみ、僕のズボンを脱がし始めます。

女子中学生3組は

「脱がしてる」

「マジ?」

と完全にこちらを見ています。
ズボンとパンツを足首まで下ろし、僕は完全に下半身を露出しました。

3 人は

「えー」

「やばくない?」

「私たちいるんだけど」

と盛り上がっています。

JKの彼女は恥ずかしさと
興奮からか3人を見ないようにし、僕の前に立ちます。

僕はスカートを捲りあげ
彼女の体を3人の方に向け、
3人に見えるようにマンコに指を入れて見せると

「指入れた?」

「やばー」

と声を上げてくれます。

間違いなく最後まで見てくれるだろうと思い、
女子中学生3組に見やすいように
彼女のスカートを脱がし
彼女も下半身真っ裸にしました。

そのまま僕は3人に足を向けるように
ベンチに横になり、
女子校生の彼女に跨がらせ騎乗位で青姦エッチ

3人からは結合部がまる見えの状態

下から突き上げるように腰を振ると

「やばいね」

とだけ聞こえ無言になりました。

彼女は見られてる興奮からか、
完全に腰がガクガク震えていて、声も

「あぁぁぁ」

とイク寸前になりエロ可愛いアヘ顔に

僕は腰を振りながら3人を見ると
無言でガン見していたので、
手招きをして近くで見るように促します。

3人はお互いに顔を見合わすとベンチの脇に来てくれ、
しゃがんで結合部を見てくれています

僕は腰を振りながら彼女を抱きしめ

「3人が近くでマンコ見てるよ」

と伝えると呼吸がさらに荒くなり

「やだ、やだ、やだぁぁ」

と言うと同時にビクンビクンと体を
震わせマジイキH

僕は一度動きを止め3人を見ると
無言で完全に見入っていました。

僕もそろそろ限界だったので
再開し下から突き上げるように動くと、
1 分程で射精感が来たので

「イクよ、中に出すよ」

と女子中学生3組に
聞こえるように言い、射精

彼女は意識はあるものの、
ぐったりしています。

3人は無言でまだ結合部を見つめています。

ゆっくりマンコからチンコを抜くと
マンコから精液が逆流してきたようで

「なんか出てきた、精子?」

と1人が言ったのですが2人は無言

ゆっくりと体を起こし彼女を座らせ、
僕は精液と愛液の付いた
チンコを出したまま立ち上がり、3人に

「見てくれてありがとう」

と伝えました。

3人の視線はチンコに集中

1人がチンコを見て我に返ったのか

「ねぇ、帰ろっ」

と2人に言うと、3人は慌ててカバンを取りに行くと、
逃げるように走り去ってしまいました。

彼女に感想を聞くと

「恥ずかしかったけど、
おかしくなるくらい興奮した」

と、喜んでくれました。

またしてもいいと言ってくれましたが、
今回のような事はまずないんですよね

ちょっとリスクがありますしねw

真面目なJKも調教したお陰で
どんどんアブノーマルなHに興味を持ち始めて
淫乱になっていっています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。