エロガキ少年達におっぱいとパイパンマンコを見せてあげるショタコン団地妻

30才の団地妻なんですが
同じ団地にエロガキ男子小学生がいるんです

私に、小学生の少年達が

「おばさん、おっぱい見せて~」

とお願いしてくるんです

多分小4ぐらいで

エロガキ三人組なんです

性に興味を持ち始めるにしては
早いななんて思っていましたが、
もしおっぱい見せたりしたら
噂になってしまうし笑ってごまかしていました。

そんなある時、主人の転勤が決まり
他県に引越すことになり、
あの子たちにおっぱいくらいなら見せてもいいかな、
もう一回頼まれたら見せてあげようと決めました

元々私もショタコンな性癖がありまして
性に目覚めた少年達に悪戯心が芽生えていたんです

引越しの前日、荷物はほとんど
引越し屋さんに運んでもらった後
夕方に幼い少年たちの2人に

「今日、引越しするの?」

と声をかけられました。

主人は出掛けたので何も家具のない家に2人を呼び、
テレビもないからゲームもできないけど
ケーキを食べて話をしていましたが、
1番活発な少年がいないからか
オッパイ見せてとは言って来ません。

私も見せたらどんな反応何だろうって興味もあって

「オッパイみたい?」

って聞くとびっくりしたように

「うん」

って答えました。

床に座ったままTシャツを脱いで勢いをつけて
ブラジャーを取るとオッパイだ
オッパイだと喜んでくれました。

しばらくすると全部見たいと言って来ましたが
この時下の毛を剃られてツルツルのパイパン状態

おっぱいだけみせるつもりでした。

この少年たちは女の人のあそこに
毛が生えてることは本とかで見て知っています。

でもこれで会うこともないし
熱心に頼んでるし立ちあがってジーンズを
脱ぎ後ろ向きになってパンツを下ろすと
男の子たちが座ったまま前に回ってきました。

わたしのヘアの無いツルツルのパイパンマンコが
幼い少年男たちの顔の前に晒すと、
一人だけ全裸の恥ずかしさが急に沸いてきて

一体小学生に私は、
なにをしてるんだろう

って恥ずかしさにいたたまれなくなり
急いで服を着ました。

今、思い出しても恥ずかしいのと、
ただ見せるんじゃなくて
一緒にお風呂に入るとかにしておけば
良かったかなって思います

つい引越前という事で
少年達にHなサービスをしてしまいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。