市民プールのジャグジーでオナニーに目覚めた保育園児

生まれつき淫乱なのかも

初めてオナニーしたのは
5歳の幼稚園児の時

それからずっとしているから
私のオナニー遍歴は自分の事だけど
たいしたものだと思う

今は普通の女子大生ですが、
小学生、中学生の時は
完全に腐女子のオタクでした

オナニーが早い女の子は
ビッチのヤリマンになるって思うかもしれませんが
意外にそうでもないんですねー

それで、私の幼い時のオナニー体験を
投稿しようと思います

私が、保育園のころです。

両親が共働きだったので、
平日はどこにも遊びに行くことが出来ず、
朝保育園へ行って
夜帰ってきての繰り返しでした。

そんな中、私の唯一の楽しみは
両親に週末につれていってもらえる市民プール

その市民プールには、
子供用のプールなどなく、
大人も子供も同じ一つの1.2m用プールで泳いでいました

私は泳げないので浮き輪で
ぷかぷかしながら遊んでいたのですが、
30分に1度、プールの水質の調査?
があるのが本当に嫌でした。

そのたびにプールサイドへ上がって、
5分ほど待たなければいけないからです。

保育園児の私にとって、
その5分はとても長いものでした。

その5分間なのですが、
その市民プールにはジャグジーがあり、
大人たちはその5分の間
そのジャグジーに入ることが多いみたいでした

私は当時お風呂なんて大嫌いだったので、
そのおっさんたちが
ぎゅうぎゅうに詰め込まれているジャグジーが
大嫌いでした。

でもある冬の日、
温水プールにもかかわらずとても寒かったので、
親につれられてジャグジープールへ入りました。

その日が私の人生初めての
オナニーになることも知らずに

ジャグジーに連れて行かれた私は、
水着を着ているというものの、
薄汚いおっさんに囲まれて
風呂に入るというのは
幼いなながらに嫌でした。

おじさんたちと向かい合うのがいやだったので
(人見知りというのもあります)
壁際に逃げました。

そのジャグジーは、
横からも泡がでる仕組みになっていて、
壁に沿って外側を向いていると、

おなかにちょうどジャグジーの泡が
当たって少し痛かったのを覚えています。

おなかにジャグジーの泡が当たっていたかったので、
立ち上がった瞬間、衝撃が体に走りました。

そう、ジャグジーの泡が
「おまた」にあたりました。

当時クリトリスなんて言葉は知らない

初めての感覚だったので、
一瞬言葉を失いました

そこで、その衝撃のわけを確かめるべく
もう一回ジャグジーの中に入りました

また衝撃が体を突き抜けました。

5分間の水質チェックが終わったにも関わらず、
私はジャグジーの快感に圧倒されくぎ付け

よく考えれば、ジャグジーの泡は
肩や腰などをマッサージする用なのに、
その泡に正面から向かい合って入っている保育園児は
今考えるとわけわかんないですねw

それからというもの、
私は市民プールに連れてって!

と毎週のようにねだりました。
毎週がおかしいと思ったのか、
親も変な顔をしていましたが、
しぶしぶ連れて行ってくれました。

でも、プールに行っても
私の目当てはジャグジー

プールにはいらずずーっとジャグジーに入り
しかもおなかを壁に向けている姿は異常ですよね。

まさかジャグジーで幼い娘が
無意識にオナニーしているとは
思っていませんw

それも親の疑念を掻き立てていたと思います

そして小2まで、
そのジャグジーオナニーは続きました

まだ「セックス」か、
もちろん「イク」という感覚も
認識していません

ただ快感の虜になっていて
クリトリスや自分のお股を触り
オナニーに夢中になっていたんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。