児童養護施設で育った少女のちょっぴりHな日常生活

両親の都合で私は
小学生の時に
児童養護施設で生活していました

児童養護施設のお風呂は、
2つのタイプがあるんです

小さい浴槽の個室タイプと、大浴場タイプ

わたしは大浴場の方によく行き
皆でお風呂に入りました

個室の方はお姉さんが入るとこだし、
独りがさみしいっていうのもあったけど、
1番の理由はちょっとしたジェットみたいに
お湯が噴き出すところに
おまたを当てるとすごく気持ちよかったから

おっぱいが膨らみはじめたお姉さんや、
あそこの毛がちょろっと生えてる同級生

警戒心無く
かがんでおまんこ丸見えの
ちっちゃいこを眺めながらの
オナニーはとても気持ちよかった

時々ちっちゃい男の子も入ってくるんだけど、
わたしはチラチラ幼い男の子のショタおちんちんを見てしまう

ある日ほぼふたりきになったとき、
湯船につかりに来た幼い男の子に、
こっち来たら気持ちいいよ~と声をかけた

おちんちんに水流が当たるように
手で体勢を誘導してあげた

そのときおっぱいがふにふに当たってた

男の子のボッキっていうのを
久しぶりに見て興奮

ていうか、6歳の男の子でも
オチンチン勃起すrんだなーって感心した

気持ちいい?

てきくと

「ちもちいい//」

って答える幼い男の子が可愛くて胸キュンした

わたしはおひざにのせてあげて、
やさしくおちんちんをなでたり
手コキでしごいたりしてあげたら
突然ビクンビクンってなってびっくりした

男の子は放心してた

わたしは男の子のからだを
ふいてあげたらまた浴槽に戻ってもう一回オナニー

それの女の子バージョンもある

幼い少女が
毎日水流におまんこ当てるようになって焦った

まだ覚えてるかなあ?

親がいなくてさびしいと、
そういう気持ちいいことに
夢中になりやすいのは心理学的に理由があるのかな?

そういえばタメの女の子と
同じ布団で寝て擬似レズセックスもしたりしたなぁ

おっぱい吸うのも
吸われるのもだいすきだったなぁ

先生の電動歯ブラシ借りて
オナニーしてたら、ばれてしまい
物凄く怒られてからは
オナニーする時は気をつけるようになりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。