高校生の時、M字開脚で相互オナニーした男友達と結婚【惚気け話】

高校生の時の恋バナです

高校入学するとすぐに彼氏が出てき
付き合いました

それで、高校三年の時に
彼氏と喧嘩して、別れてしまったんです

でも彼氏とッ別れた事を
ものすごく後悔してて、
そして寂しくて毎日泣いてた

そんな時、中学の頃から仲が良かった男友達のYと
どうしてか忘れたがメールをするようになった

未練がましい
私の相談に乗ってくれたりしてて
ある日Yから「夜景見に連れてっちゃる」と電話が来た

気分転換にもいいかなと思い
Yの車で高台へ。

中学生の時の思い出など色々話してて
夜も遅くなろうとしていた。

Yは

「今日はお前がいいなら俺ん家で
ゆっくりしていいから。
そんな泣いた顔で帰ったらお母さんびっくりするで!」
と笑顔で言った。
私は「友達だからいいや」
と思い男友達のYの家に泊まる事にした。

Yの家に着くと誰も居なかった。

小さい頃からの知り合いなので
Yの母に良くして貰ってたのでちょっと残念

「あ、今日親父は出張でオカンは旅行行ってる」

とY

友達だから2人きりだとか思わなかった。

Yの部屋でテレビを見ながら
2人で爆笑していると
Yが突然

「Hしたくない?」

と言い出した。

びっくりして「はぁ?なんてぇ?」と聞き返すと
Yは

「俺をアイツ(元彼)と思っていい。
正直これ以上悲しい顔をするお前見てられない。
俺が癒しちゃる。」

と言いながら抱きしめてきた

私は

「何言いよるんw
頭おかしくなった?離せやw」

と冗談っぽくYを叩いた。

心のどっかで正直抱かれてもいいかなと思う
自分もいたけど友達だから

と思うと罪悪感があった。

Yは

「本気や!てか、
他の男の事で泣くお前が許せんわ!
何で俺を選ばんやったん!?」

と突然告白しながら
ベッドに私を倒した。

私はYを見上げて

「痛いよ」

と半泣きで言った。

Yは一瞬私を離して「好きだ」と
告白しながら抱きしめてキスをしてきた。

突然の告白に焦った私は

「からかってんの?!」

とわざと突き放すように言った。

Yは

「本気や。何回も言わすなや」

と言いながら私に何回もキスをしてくる

次第に私も彼の舌に舌を絡め、
全身が熱くなっていた。

そして彼の手が私の服を脱がしていき、
あっという間に全裸

「あんま見るなや」

と私は言ったけどYは

「お前意外と綺麗な体やなw」

と言いながら胸に舌を持って行き乳首を転がす。

最初は我慢してたが次第に
我慢出来なくなり小さく声が漏れた。

「可愛い声出すな
本気で我慢できんくなったわ
お前のせいやからw」

と笑いながらキスをしてきた。

そしてYも服を脱ぐと
ご立派なモノが天を仰いでいた。

「俺、デカいって言われるんよ」

とYは自慢気な顔で言う。

私はYのモノの立派さにビビった。

あんなモノ入れたら痛いんじゃないかって

私は反応に困り笑ってごまかした。

Yはモノを差し出しながら

「舐めあいっこしよ」

と言いながら私を
Yの顔の上に跨がらせた。
いわゆる69で性器を舐め合いっこ

Yは私の大切な場所を
吸い付くように舐め始めた。

頭が痺れるような感覚がし、声が漏れ始めた。

私は喘ぎながらYのモノを
口に含み舌で先っぽをペロペロ

Yも息を荒げながら

「お前本当エロいな」

と言って一瞬私から離れ私を
M字開脚させその中心に舌を這わせた。

私はもう理性なんて
なかったので喘ぎまくった。

クリ中心に舐めながら
指マンされた私は絶頂してしまった

「まさかイった?w」

とYがにやにやする。

私は「うるさい」と言って布団に潜る。

Yは布団を剥がし

「オナニーやってみて」

と言いながらキスをした。

私は

「やったことない」

と嘘を付いた。本当はやってたがw

でもYが「俺もするから」と言って
モノを擦り出したので仕方なくクリを弄り出し
M字開脚で相互オナニー

さっきイったばかりなので敏感

それに人に見られてるってのが興奮した。

しばらくして私はまたイった。

Yは「変態w」と言いながらゴムを付けていた。

私はついに入れるんだとドキドキしていた。

Yは「いい?」と言いながら
私の大切な場所にモノをすりつけていた。

「痛いからちょっと舐めてからして」

「本当エロいなw」

と笑いながらクンニしてくれた

そして正常位になり「入れるよ」
とYが呟き一気に奥まで入れられた。

その瞬間今まで感じた事のないような
感覚が広がり声が漏れた。

そしてYはゆっくりと
動きだし私は喘ぎだした。

男友達とやってる事が妙に興奮して
ピチャピチャ音が鳴る程濡らしてしまった。

Yは動きを早めながら

「濡れすぎ」

と言いながら抱きしめてきた。

私は恥ずかしくて「うるさい」

とYの背中を叩いた。

Yは「今叩いたから縛ってやる」

と言いながら制服のネクタイで
私の手を縛ってまたピストン運動

軽く縛られた私はものすごく興奮

シーツが私の汁で
濡れていたのが分かる位だった。

Yは私の足を持ち上げながら突いた。

恥ずかしいのと気持ち良すぎるので
顔を隠そうとしたが縛られている。

「もうやべぇよ
イっていい?」

とYが顔を真っ赤にして言う。

私が「イって」と言うと更に動きを早めて
強く突き私にもたれかかった。

それからYと6年付き合っている

初めはこんなだったが、
今は幸せだ。

来年入籍し式を挙げる事も決まり
一生を添い遂げます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。