【痴女】四十路の叔母が、電車の中で密着し尻コキの逆痴漢してくる

関西の田舎に生まれ育ちました

母には姉がいて、
昔からよく叔母は自宅に遊びにきていました

四十路の時に、叔母さんは、
旦那さんが死別して未亡人に

今は一人身でアパレル関係の仕事をしてる。

身長は、150cm

並んで歩くと肩ぐらいだから。

おっぱいは、
さすがに20代の張りはないだろうけど、
結構柔らかくていい熟女巨乳

20代の時、知り合いに頼まれて
BARのバイトをした事があるらしく
お客さんから

「巨乳だね触らせてよ」

と酔っ払ったおじさんたちに
セクハラされていたと叔母さんが言ってたが、
胸の谷間も健在で解るような気がした

俺は、大学生になり東京に進学したら
一人暮らしをするつもりでいたが、
母親が一人暮らしは心配と言う事で、
叔母さんに頼んで家に下宿させてもらう事になった。

しかし、毎夜風呂場でオナニーする叔母さん

ドア越しに聞こえる叔母の悶絶ボイス

脱衣所でドアに透けないように
隠れて覗いているが、
モザイクのように見える叔母さんの痴態

段々声が荒くなって逝きそうになる時、
わざと、脱衣所のドアを開けて今入ってきたように
音を立てると急に黙りこむ叔母さん。

逝けずに欲求不満気味

それからいつも叔母さんの
風呂オナニーを覗いていたら、
急に風呂オナニーをしなくなった

もしかして、と思ったら案の定、
夕食を食べ終わり一緒にテレビを見てる時

「ねぇひろしくんお風呂覗いてるでしょ」

「えっ?」

急に言われて一瞬ドキッ!としたが

「そんな事してないって」

叔母さんの顔を見れずにテレビを凝視

「そんなんだぁ、
叔母さんの裸見たいのかと思ったのに」

えっ?と振り返り叔母さんの顔見ると
俺の顔を見て

「あっ!やっぱり見てたんだぁ」

「いや見てないって」

「でも私の顔見たじゃない」

「だって、急に叔母さんが
変なこと言うか」

「変な事じゃないわよ。まだまだピチピチよ」

袖をまくって手で腕を叩く仕草を見せる
四十路の叔母

確かに、40歳には見えない張りのよさ。

いつもはガラス越しのモザイク肌しか見てないので、
腕でも生肌を見ると股間が元気になってきた。

「ひろしくん彼女は?」

「う~ん?彼女じゃないけど女友達はいるかな」

「そうなんだぁ」

叔母さんは、アパレル関係の仕事をしていて
若いお客さんを相手にしているからか、
見た目若い。

休みの日には、一緒に買い物に出かけたり、
飲みに行ったりしてしていた。

そんなある日、最終で帰るぐらいまで飲んでしまい、
慌てて電車に乗り込むと満員

最終なんて滅多に乗らなかったので、
知らなかったが出勤時間並みに多いらしい。

叔母さんの後ろから密着していると
叔母さんのいい匂いが鼻を擽る

すると股間がムクムクッ、
お尻に何かを感じたのか、
叔母さんが身をよじる。

余計股間が刺激され、
痴女に逆痴漢され、
尻コキされているみたい

ようやく駅について降りると、
いきなり腕にしがみついて来て嬉しそうに歩きはじめた

「やっぱりひろしくん若いなぁ、
叔母さんももう少し若かったらなぁ」

「えっ?どうしたの急に?」
「ん?なんとなく」

「叔母さんも十分若いって、
叔母さんと歩いてるところを友達が見て、
彼女と歩いてるのかと思ったって言ってたよ」

「本当?嘘でも言われると嬉しいなぁ」

駅から歩いて5分、家に着くと

「遅いからシャワーだけ浴びようかなぁ」

と風呂場に

シャワーを浴びていると、
ドアが開きバスタオルを巻いた
叔母さんが入ってきた。

ビックリしている俺を見て

「背中流してあげる」

と言うとスポンジにソープを
泡立て背中を洗い始めてくれた。

椅子にジッと座っていると

「ハイ、終わり、前は自分で洗ってね」

と後ろからスポンジを渡してきたので、腕を捕まえ

「ダメ、ここまでしてくれたなら、前も洗って」

体を反転させて反りかえったチムポを見せると、
目を塞ぎながら

「ダメだって」

「叔母さんお風呂でオナニーしてたでしょ」

「やっぱりひろしくん覗いてたんだぁ」

「だってあんなに悶え声上げてたら、
誰だって見るよ」

「えっ~!そんなに声聞こえてたの?」

「うん、すごかったよ」

恥ずかしそうに顔を赤らめる叔母さん

腕を引き寄せ膝の上に座らせ抱きしめ
その日、初めて叔母とSEXしてしまった

それ以来、大学卒業するまで
叔母の自宅に下宿して、週に3回前後は
叔母交尾していた

そのお陰で彼女を作る気にもなれなかったが
素敵な大学生活を送れました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。