社交的な不登校児に自宅に侵入され、強姦された家庭教師の女子大生

地方から上京し、一人暮らしを初め1年が過ぎました

現在大学2年生の女子大生です

実家は父が普通のサラリーマン

大学の学費+家賃など生活費は
莫大に金額に

私は、親に負担かけたくなかったので
自分で生活しようと
家庭教師のアルバイトをはじめました

最初の教え子は中学生で
高校受験を控えた女の子

もし落ちたら私の責任

どうしょう

と不安でしたが本当に明るく素直な子だったので
すぐに打ち解け勉強以外にも
恋愛やファッション&化粧の仕方などいろんな話を
聞いてあげたり時間を延長して
補習に取り組んだり、正月は実家に戻らず
一緒に初詣の合格祈願などして二人三脚で
無事志望の高校へ入学することができ
私も自分のことのように喜びました

家庭教師は やり甲斐のあるバイトだ

そんな安易な考えのまま
今年から週3日今度は高2の男の子の
家庭教師を はじめたんです

一応バイト先はトラブル防止の為
男の子には男の先生、女の子には女の先生と
大原則があるんですが
親のどうしてもという強い希望だそうです

なんでも成績はいいのに
授業なんて意味がないと言ってテストの日以外は
ほとんど独り部屋に閉じこもって
勉強している子らしく

バイト先も私の意志を確認し
刺激しない服装をすることを誓わされ
家庭教師が決まりました

翌日指定された家に入ると
まだ30代前半に見える素敵なお母様から
応接室に通され

「勉強も大事だけど
人間関係の素晴らしさを教えてください」

と二十歳前の私に頭を下げるんです

そんな大それた責任は
重いとやんわりお断りすると 
たまに外に連れ出してファミレスとか
ファーストフードで勉強させてほしいとお願いされました

まぁそんなことぐらいなら

私は戸惑いながら承諾すると
早速男の子の部屋に通され初めて対面しました

牛乳瓶の底みたいな
ぶ厚いレンズの眼鏡をした
キモキモ星人のイカ臭いオタク

そんなイメージだったんですが

対面すると高校生にしては
背が高く180センチぐらいの爽やかな男の子

さらに驚いたのは無口な暗い感じと
想像していたんですが机から振り向くと
いきなり立ち上がり

「こんばんわ康平です!
よろしくお願いしま す」

ともう恐縮するぐらい
頭を下げしっかりと自己紹介をしたんです。

私も思わず

「久保…久保です。
お願いします」

と挨拶してしまいました

その翌日から家庭教師がスタート

さすがに学校の授業がつまらないと
豪語するだけあって記憶力と応用力が
すばらしく間違えた問題も一つ教えると
もう次からは絶対に正解を出してく る
才能の持ち主

年下で高校生のくせに

「先生今日はスタバに行こう」

「何がいい?」

「俺が払うよ!いいからさっ!」

とまるで恋人気取りで私をリードします

しかも私は甘いラテェなのに
康平君はコーヒーのブラック

飲みながら

「今日の先生の服可愛いなぁ」

「バイト代何に使うの?」

とか とても登校拒否の子供とは
思えない社交性を発揮しています

私は康平君のペースに巻き込まれ
ついつい独り暮らしで親が仕送りで大変なこと、

去年二人三脚で合格した
感動が忘れられないこと
大学生活のこと 恋人が大学に入ってからいない など

ここスタバには勉強するために
来たことを忘れいろいろ話してしまいました

でも

「康平君はどうして学校に行かないの?」

「将来何になりたいの?」

自分のことを質問されると急に不機嫌になり

「別に」

と目をそらしていま した

そして次の家庭教師の日康平君に

「今度の土曜日映画を観にいこうよ」

と誘われたんです 
やんわり映画の件を断っていましたが

映画に行かないともう勉強しない!

絶対先生の言葉ずっと無視するからね!

と駄々をこねられ仕方なく
お母様が了解してくれるなら
と応じました

大袈裟に喜ぶ康平君を見て可愛らしく
もあり私に好意を抱いていることが

チョッピリ嬉しかったんです

「先生帰りはパスタ半分ずつ分けて食べよう!」

「先生とデートだから絶対ミニスカだよ!」と

日頃だと危険に感じる
言葉さえ笑って頷いていたんです

土曜日私は康平君の要望どおり
白ワンピースの膝丈上に紺色のカーディガン
を羽織り出かけました

映画館に行く地下街や街を歩いていると
明らかに年下の男の子とデート中と
間違われ奇異な目と羨望の
視線を同性から感じていました

確かに康平君は背が高く
ジャ○ズ系アイドルみたいな顔立ち

正直康平君以外だったら
映画とか希望通り素直に
ミニなんか穿かなかったと思います

康平君は積極的で映画が始まる前に
飲み物やスナックを勝手に買って
まるでエスコートするように事前に購入していた指定席に案内したんです
今まで付き合った男の人でここまでスマートな人はいませんでした
私との映画にここまで考えてくれる康平君に戸惑いと感動するしかありませ

映画が終わり計画通りパスタのお店に行くとき「面白かった?」と聞かれ
「うん!」と答えると
「また先生と観に行きたいな!」と言われたんです

私はさりげなく

「康平君だったら
クラスに若い子がいるじぁない
私なんか」

と返事をすると真顔で

「いや!僕のことをわかってくれる先生がいいんだ!」と

立ち止まり大声で言われたんです

私は周りが驚いて注目される中

「ありがと…行こうね!また行こう!」と
康平君の腕に手を回して引っ張るようにパスタのお店に入りました

パスタを食べてお店を出たときは
外はもう真っ暗

康平君のお母様に連絡して
今から送りますと連絡を入れた後電車に乗って
自宅まで帰る途中いきなり真顔で

「先生はバージン?」

と聞かれたんです

私はとぼけて

「さぁ どうだったかなぁ」
と答えるしかありません

「先生はレイプされたことある?」

「はぁ…ないよ!そんなことされるほどいい女じゃないもん」と

笑って誤魔化しました

「縛られてエッチしたことは?」

「野外でエッチしたことは?」と

とても返事できない質問に
恐怖を感じながら歩いていると自宅前の玄関口で

「俺先生のことが好きなんだ!」

と叫んで走って家に飛び込んだんです

私は嬉しくもあり家庭教師の立場から康平君の先生は失格だよね…
と気分がモヤモヤしたまま電車に乗って自宅に戻ったんです

コンビニでお茶を買ってマンションに戻りカギを取り出して入りました

ん!!

真っ暗の中玄関のスイッチを
パチパチと何度も押すけど点きません

「やだっ…切れたんだ」

そのまま玄関をロックして
部屋の中に入るとなぜか真っ暗なんです

日頃窓から見える夜景が見えません

雨戸が閉まってる なぜ!

その瞬間!

背後からいきなり羽交い締めにされると
同時にいきなりお腹あたりに鈍痛が
走りました 誰かに正面から殴られたんです

あまりの痛さに倒れ込むといきなり
手を後ろ手にテープみたいなもので縛られ
拘束されたんです

「イヤッ」

その叫び声も同時にテープで口を塞がれています
なに!なに!何人もいる…どうして!!

私は数十秒の間に口と手を
縛られそのままベットに放り投げられると
全員無言のままワンピの下から
手を入れられたり強引に胸を揉まれたんです

不自由な身体をバタバタ動かしながら

まさか!レイプ

犯される

レイプされるなんて絶対イヤッ

そんなのイヤだやぁ

 と自然に涙がこぼれます

するといきなり電気が点きました

私の部屋の元を切られていたようでした

男は4人全員目と口しか出ていない
覆面マスクの姿でベットの横には
三脚の上にビデオカメラまでベットに向かってセットされています

最初から計画的に私を狙ったんだ!

ビデオ撮られるの!

いやだぁ もう逃げられないかも…

そうボンヤリ考えているとき
1人の男が全裸になるとベットに上がってきま した

不自由な身体を揺すって
男の手を逃げましたが3人に押さえつけられ
ワンピースのまま下着だけ脱がされると今度はなんとビデオに向かって
背後から大きく足を広げられた
格好で撮影しようとするんです

局部を撮影される恐怖と絶望感から
もう激しく抵抗しカメラから顔を隠そうと
逃げていたんですが別の男に横を向いている
顔を髪の毛を掴んで乱暴に
カメラの正面に向けさせます

口にテープを巻かれていても知っている人が見たらきっと
私とわかるでしょう

やがて満足したのか私を再び
ベットに寝かせるといきなり足を大きく
持ち上げると顔の付近まで曲げられ
私のアソコに口を近づけてきたんです

男の目的がわかり必死に抵抗しましたが駄目でした

もう恥ずかしさと恐怖心しかないけど
あまりの痛さに抵抗できません

フッフン

と男は無言のまま舌を
入れられたり舐めたりするんです

セックスの経験はありますが
局部を舐められた経験はありません

感じるとか汚いとかの前に
もう気持ち悪いだけ

その屈辱的な姿まで
撮影し足を下ろすと同時に大きく
広げその間に男の身体が割り込んできたんです

全裸の男ですから当然あの汚い熱いモノが
私の太腿や股間にあたります

いよいよ強姦され、犯される

気が遠くなりそうな恐怖です

ワンピースを捲られツンツンを
突かれるたびに顔と腰を振って必死に逃げて
いるといつの間にかビデオを
持った男が私の泣き叫んでいる哀れな表情と
男のモノが入れられようと逃げている下半身を交互に撮影しています

イヤッどうして

ビデオなんてヒドイ

誰か助けて!と
逃げ回っていましたが
いきなり腰を持ち上げるように掴まれると
一気に男のモノが入って強姦されたんです

「ギャァ」

もうあまりの痛さでガムテの中から
大きな叫び声と顔を後ろに反らし

恥ずかしさも忘れ足をガニ股みたいな
格好で男の人を踵で叩いていましたが
男は全く気にしないままガンガンと
乱暴に奥に奥に突かれ姦通

男性経験は3人目です  が

過去の男の子と違い乱暴にそ
して容赦なく奥まで突かれたことはありません

痛さと見ず知らずの男に
犯される口惜しさで泣くことしかできませんでした

私の腰を持ち上げたり回すように動かしているとだんだん男の動きが
早くなってきて呼吸と動きが荒くなると私はハッ!としたんです

避妊は

今まで彼氏とのセックスはゴム以外はありませんでした
襲っている男が私を守るゴムなんかしているなんてとても思えません
必死で顔を左右に振り「中はイヤッもうイヤッ…」と訴えましたが
男は無視するようにさらに奥に突き上げると激しく揺すりながら
そのまま私の腰を持ち上げられると「おおぅ?」と叫びながら一気に
突かれると同時に身体の中に熱いモノが流れ込むのがわかりました。
汚された…
私はもう…と
男の下で泣きました

そんな泣いている私の姿まで撮影が続きました
やがて男が離れると足を閉じさせてもらえず局部をアップされたり
涙と汗でグチャグチャになった顔までずっと撮影されたんです

そしていきなり次の男に襲われたんです
イヤだったけど縛られていてどうすることもできません
犯され揺さぶられる自分の身体が自分でない感覚で
呆然と天井にある明るい照明を見ていました
この男も同じように私を乱暴に突きながら腰をゆすっていると、やがて汚い
精液を身体の中に感じたんです。

身体に流れ込む男の精液のおぞましさ
どうすることもできない口惜しさ
一部始終撮影されている恐怖で泣きました

するといきなり身体を起こされ後ろ手に縛られていたテープと口を塞いでい

たテープを外されたんです
私は今までの息苦しさから大きく息を吸い込むと上半身起き上がり
痺れていた手をさすりながら泣きました…

しかし男たちが私を許してくれるためにテープを外したわけじゃなかったん
です
そのまま男たちは容赦なくワンピを引き裂くように脱がすんです!
ハダカにされる…
まだ痺れている手を振って抵抗しましたが男の力の前では無駄でした
ブラまで奪われ部屋の明るい照明と男4人の前に全裸を晒すとカメラが腕を
組んで俯いている私を撮影している間次の男が全裸になっています。

逃げようとしましたがカメラの前で3人目の男に襲われました
「イヤッ…もう許して」と
大声で泣き叫び自由になった手をバタバタさせ暴れましたが
バチッ!といきなり頬を叩かれ
「静かにしないと殺すぞ!」と男が初めて口を開きました
けっして若い男の声でなく、まったく聞き覚えのない声です

抵抗できなくなった私にキスをしながらベットに押し倒されるとそのまま上
に乗られると足の間に大きな身体が入ってきました
ビデオはずっと回っています
もうイヤだ…誰か助けて…
だけどもう2人に犯された後では抵抗も弱々しかったと思います
男の片手で私の両手を掴まれ頭の上で固定されるとグッ!と男の汚いモノが
入った激痛でアッと叫びもう無駄…と感じ抵抗を諦めました

奥まで激しく突き上げられ揺さぶられても男にされるままです
もうどれくらい時間が過ぎたのかわかりません
やがて同じように中に放出された後足を閉じる間もなく今まで撮影していた
男がいつのまにかハダカになっていて交代で襲いかかってきました

痛み…屈辱…恐怖…もうなにも考えることができません

さらにさっきの男に「オラッ!噛んだら殺すからな!」と脅され目の前に
いま、放出したばかりの濡れ光っている汚いモノを顔に近づけるとあの男の
精液の臭いがするんです
おぞましさでイヤイヤしましたが下半身を乱暴に突かれ頬を叩かれると
言われたとおり口を開けるしかありません
男に少し開けた口に無理矢理中に入れられても抵抗できず気持ち悪い
モノを咥えさせられました。知識はありましたが初めての体験です
殴られる恐怖と今更の気持ちで男たちがただ満足して早く帰ってほしいと
思うだけで命令されるまま懸命に咥えていました…

乱暴に突かれ4人目が私の中に放出された後、男のモノを口の中に入れられ
たまま髪を前後に激しく揺さぶられると口の中に生暖かいモノを感じました
さっき私の中に放出したばかりなのに…
私の知識の中では男の人は一回放出すると満足するはずだったんで信じられ
ません…あまりの汚さに吐き出そうとしますが髪を掴まれ
「飲み込め!全部飲まないと今度はションベン飲ませるぜ!」と
脅され目をつぶって飲み込みました
私が飲み込んだのを確認すると男は満足したらしく笑いながら私の頭をベッ
トに押し倒すように離しました

オエッ…とあまりの気味悪さで吐きましたがまだ私を解放してくれません

再び3人がかりで全裸の私の両手を後ろに縛ると今度は両足をクローゼット
の中にあった掃除機の棒だけを引き抜いて取り出すと大きく引き延ばし
いきなり左右の両端付近に私の足を縛るんです

男の目的がわかりました!
そんな恥ずかしいことなんかできません!

「キヤァ?」「イヤ?ダァ?」
私は足で男を蹴ったりバタバタして必死で抵抗しました

「亜弥!騒ぐとマジ殺すぞ!」と
頭を枕に叩きつけられながら脅されたんです

どうして私の名前を…
どうしてこの男たちは部屋にいるの…
もう恐怖とパニックで身体が固まったとき3人がかりで掃除機に縛られ
大きく足を広げたポーズでベットの上に寝かされました
自分の体重で手が痺れていますが、それよりカメラと男たちが掃除機の棒を
高く持ち上げジッと私の下半身を覗いているんです
男の指で大切な箇所を剥かれると乱暴に摘まれたり指で大きく広げながら
グッとお腹を押され中に出された汚い精液が流れ出るところを笑いながら
撮影もされています
口惜しいけどもう泣くことしかできません

1人の男は私の上に乗るといきなり目の前に汚いモノを「咥えろ!」と
命令し私が躊躇しているといきなり頬を叩かれたんです
容赦ない男の行動に怯えゆっくり口を開けると強引に入れられました

再び精液の独特の臭いと口の中で再び大きくなっている気持ち悪さで
目を閉じて懸命に咥えるしかありません
「もっと舌できれいに舐めろ!」
「オラッ吸うんだ!」
「そうそう…舐めろもっとだ!」もう言われるままです

やがて下半身に激痛があったんです
思わず口から離して「イタッ!」「イヤッ」と叫んでしまいました
「オラッ離すな!お前の口にはまだ用事があるんだよ!」と
髪を掴まれまた咥えさせられます

下半身に異物…バイブを押し込まれスイッチを入れられると
いきなり中で容赦なく動く感覚…
痛さと気味悪さで顔をグチャグチャにして泣きました
「おい亜弥…気持ちいいだろ」
「これでかいバイブだからな」と笑いながら抜けないように
ガムテでバイブを固定しています
イヤダッ…こんなことヒドイ…
泣きながら男のモノを含んでいるとき私の携帯が鳴ったんです

男は驚きもせず平気で覗きます
「おい亜弥…康平って誰だ!彼氏か…」
あ!康平君からだ…
私は違うとか電話を見ないでとかの意味で顔を振っていたんですが

なんと男は平気で電話に出たんです
「誰だ!お前は!」
「はぁ俺は亜弥とセックスの最中だぜ!」
「亜弥を出せだと!フッ今ムリだな…」
「自分からチンポ咥えているから話せないと言ってるぜ!」
「大勢の精子マンコに入れられて喜んでいる最中だから邪魔なんだよ!」と
叫びながら切ったんです

その間にも男が髪を掴んで前後に揺さぶりながら口の中に放出したんですが
そんな気味悪さも忘れ咥えさせられていたモノを吐き出して叫びました
「ヒドイ!どうして!!電話なんか…」
「私が何したの!どうして!どうしてなの!」康平君に知られた屈辱で
叫んでいました!

「騒ぐな!静かにしろ」と頭を叩かれましたが
屈辱と口惜しさでワンワン泣いていると再び電話が鳴り男が舌打ちしながら
再び電話を取るんです

「あぁ…お前の女はベットに縛られバイブで感じまくって泣いてるぜ!」
「俺たちの精子は美味しい美味しいといいながら飲んでるぜ!」
「早く助けに来ないとこいつのマンコ太いバイブで壊れるかもな!」
「念のためお前の番号も控えておくからな…女に口止めしとけよ!」と

電話を切った後シーツに顔を埋めて泣いている私をさらにベットに固定する
ようにテープでベットごとグルグル巻くように縛るんです
「イヤッ!康平君はイヤッ」
「助けて…お願い…解いて!」と泣きながら解いてほしいと言いましたが

その私の口も、もう一度タオルを押し込まれガムテを巻かれたんです
ウーウー泣きながら必死に解こうとしますがどうすることもできません

男たちはビデオを片付けるとクローゼットにあるはずの下着の入った引き出
しを私に見せつけいきなり逆さまにして床にバラ撒いたんです

そして耳元で
「亜弥のパンツはシミが多いなぁ?ちゃんと拭いているのか?」
「シミがあるヤツ何枚か記念にもらっておいたぜ!」
「ネットで実名と顔入りで売ってやろうか?」
「残りは彼氏に片付けてもらいな!」と信じられない言葉を残して
本当に私を縛ったまま帰ったんです

ブ?ン…

静かになった部屋にバイブのイヤらしい音だけが聞こえます
いやだ!康平君なんかにこんなところ見られたくない!
なんとか振りほどこうと暴れましたがビクともしないほど頑丈に固定されて
いるんです
絶望的な気持ちで康平君が助けにくるのを待つしかありませんでした
部屋の中は私がなんとか解こうと暴れベットがギシギシきしむ音と
身体の中で怪しく動くバイブの音しかしませんでした

そのとき、いきなりドアが勢いよく開くと息を切らしハァハァ言いながら
康平君が入ってきたんです!!

呆然としている康平君を見てもう死んでしまいたいほどの屈辱でした
今日のお昼あんなに楽しかった映画がウソのように思い空気の中 康平君は
泣いている私に布団を掛けてくれ手探りでテープを外してくれました

…。
意識はなかったんでしょうが…ゆっくり外す度に康平君の手が乳房に
当たっていますがヤメテなんか言えません

そして口からガムテを外して私が話せるようになると
「あ、ありがとう…」と恥ずかしさで小声でしかお礼が言えず
もう息が止まるようにヒッ…ヒック…と泣き出したんです

康平君も動揺しているのか後ろ手に縛られたガムテを外す前に下半身だけ
布団をめくりアソコに貼ってあるガムテを見ながら外そうとしています

「アッ…自分で…」と

先に手を外してほしいことを言いましたが、もう康平君はブルブル怒りを
隠しながら外してくれているのでこれ以上言えません
ガムテが外れたと同時にバイブが飛び出してしまい思わず「いやぁ?」と
叫んで顔を背けました

それでも康平君は無言のままティッシュでバイブの後に身体から流れ落ちる
男たちの汚い精液を拭いてくれています

だけど…丁寧に拭いてくれるというよりジッと見ながら拭いている感じで
年下の男の子に見られる恥ずかしさと屈辱に耐えきれず
「康平君…こ、康平君もう…」と独り言のように呟いていたんです

やっと足を縛っていた掃除機の棒から外してもらうとこれ以上見られまいと
ピタッと閉じました…
今度は上半身に掛けてもらった布団を剥ぎ取ると私の身体を起こしながら
後ろ手を解きます
康平君の温かい胸と私の汚された裸体が接触しながらです

やっと頑丈に縛られていた手が解けるといきなり康平君が
「ごめんね!ボクが映画に誘ったから…」と私を抱いて突然泣きだしました

私も自分がハダカであることを忘れ康平君に抱きついて泣きました

それがいけなかったのか康平君にそのままベットに寝かされるといきなり
キスをされたんです!康平君の目が血走っているように感じ、なにを求めて
いるのかはっきりわかりました

「イヤッ…康平君!」
「ダメッ!ダメだよ?」と顔を振ってキスから逃れます

だけど高校生といっても男の人の力にはかないません

いや…
康平君の前に犯され汚された身体だったから抵抗したのかもしれません
手加減なく乱暴にレイプした男たちとは違い康平君は優しく
逃げる私の顔を捕まえるとゆっくりとキスをしたんです
手で私の乳首を軽く触られアッ…と声を出した途端!
舌が歯の間から入り込み私の舌に絡みます…
高校生とは思えない長いキスでした

キスから乳房そして耳元…もう康平君に身を任せてしまいました
普段なら絶対ありえない康平君との関係…
だけど今日の異常な出来事の中 私の精神状態がおかしかったんでしょう
康平君がズボンを脱ぐときでもベットで逃げずに目を閉じて待っていました

やがて優しい愛撫のあと康平君の熱く逞しいモノが私の中に入ったとき
思わず康平君にしがみつき「あぁ…ウッ…」と叫んでいました
優しい動きから奥までグッと侵入する康平君を感じ私は
「康平君ゴメンネ…」「ゴメンネ…」と
さっきまで見知らぬ男に犯され汚された私を知っているのに
優しく抱いてくれた康平君に無意識に詫びながら喘いでいたんです

グングン突き刺さる康平君のスピードが速くなってきました
耳元で「ボクの気持ち亜弥は受け止めてくれるよね!」
「亜弥の中でいいよね!」先生ではなくて亜弥と呼ばれ私もジンときました

一応イヤイヤしましたが、すでに何度も汚い精液で汚された身体…

康平君の精液で洗って欲しかったんです
動きが速くなった康平君が離れないようにきつく背中にしがみつきながら
「アッ…アッ…」と
思わず大声を上げて康平君の熱く逞しいモノからの愛情を受けました
女って好きな男性の精液はすごく感じるものです
私の中に康平君の熱く流れ込む精液はまさしくそうでした
康平君が私の上でグッタリしていますがその重みや足を大きく開いている
自分の姿にも勝手に感じていたんです

そのまま二人でお風呂に入り傷ついた私の身体を優しく洗ってくれました
そしてお風呂から上がると私もだけど康平君にとっても辛い作業…
散らばっている下着や男の精液でグチャグチャに汚されたシーツ
大きく忌まわしい黒いバイブをゴミ箱に捨てながら口惜しそうな表情をして
いたんです
私も涙を溢しながら片付けました…
しばらくして康平君にコーヒーを飲ませながら
「私はもう大丈夫だから…」
「康平君は親が心配するから帰りなさい」と
本当は独りになりたくなかったケド…精一杯の強がりをいう私を康平君は

「イヤだ!亜弥が心配だ!」と言ってくれて一緒に寝てくれたんです

もちろん若い康平君です…また優しく抱かれました
康平君はセックスの最中に動きを止めたり私から離れたりして焦らしながら
今までどおり家庭教師を絶対続けること!
今後康平君の好きなミニで家庭教師に来ること!
そして家庭教師の先生でありながらボクの彼女になることまで
今日の異常な状態の中ベットの上ではっきりと約束させられたんです…。翌日…
康平君が朝食を食べて帰ると冷静になったんです
犯された現場を見られた恥ずかしさと康平君との迂闊な行為…
そして再びあの男たちに犯される恐怖に怯えました

どうして部屋の中にいたの…
5階の窓から侵入したの?予備のカギは実家と不動産屋だし…
私カギを閉め忘れたの?まさか不動産屋さんが…
引っ越すお金もなかったのでとりあえず不動産屋には無断で鍵屋さんに
お願いしてカギを交換してもらいました

そして夜独りが怖くて今日は友達の部屋に泊まりに行こうと思っていたとき
突然夜、康平君が心配してくれ来てくれたんです

「私は大丈夫…お母様が心配するから…」と説得しても「亜弥が大事!」と
言いながら抱きつかれそのままベットに押し倒されると抵抗することなく
抱かれました
「あっ…待って!」「こんなのよくないよ…」
なんとか康平君から逃げようとしていますが
本心は昨夜の出来事があったので今日も康平君が側にいてくれることが
すごく嬉しかったんです
頭の中ではダメだったのに身体は康平君の胸に抱かれ安心していました

ベットで抱かれ一緒にシャワーを浴び康平君の着ていたシャツを洗い
夜二人で手をつなぎコンビニまで飲み物の買い出し…
楽しい時間でしたが、
フト…康平君が私が犯されたこと、見知らぬ男の精液を飲まされたことを
知っていることに悲しさと、いつか私みたいな汚された女は捨てられる恐怖
を感じていました

もちろん私のこと今後どう考えているのか聞く勇気もありません

ベットで抱かれたあと康平君の背中に抱きつき無言のまま私を許して…と
詫びながら泣きました

結局月曜の朝まで一緒にいてくれ大学まで送ってくれたんです
学校に行く格好は康平君の希望どおりの服を着せられました
ミニとキャミに白シャツです
こんな若い格好恥ずかしいよ?と言いましたが許してくれません
でも康平君が喜ぶ姿が嬉しくてこの格好で行きました
友人も普段ほとんどGパンの私が突然ミニだから驚いていました
だけど講義中でもふとしたことで、あの犯されたショックが頭を過ぎります
私の顔や恥ずかしいビデオを撮影された不安が自然と涙がこぼれました

ぼんやりと聞いていた授業が終わると駅まで康平君が迎えにきていました
私は今、唯一康平君の顔をみることが安心するようです
今日は家庭教師の日…
希望通り学校行ったミニとキャミにシャツの組み合わせで恋人気分で
腕を組まれた康平君は満足そうです
康平君がお母様に連絡して一緒に参考書を買ってファミレスで勉強するから
と連絡し承諾をもらうと手をつながれそのまま引っ張られるように書店に行
きました
参考書コーナーで「これがいいよ!」「私もこれで勉強したんだ!」とか
「ねぇねぇこれは?」とか先生と生徒でなく、まるでデートです
参考書を選んでいるとき耳元で「亜弥大好き…」と言いながらスカートの中
に手を入れていたんです
「アッ!ダメ…イヤだよ…」「康平君…人に見られるから、ネッ…」と
康平君の手を掴んで抵抗しました
幸い参考書コーナーには数人の学生しかおらず気づかれることはありません
だけどあまり騒ぐと見つかりそうなのでうまく抵抗ができません
私が困惑している姿を見てなんと強引に下着の中まで手が入ったんです
「アッ!ダメ…」怖いけど康平君…弱々しい抵抗しかできませんでした

「こっちに!亜弥こっち!」と言いながら手を引かれたんです
あ!参考書は…どうするの?
そのまま強引に地下駐車場に連れて行かれると車の影にしゃがまされ
いきなりズボンからカチカチになって反り返ったモノを出したんです

「亜弥!我慢できないよ…」と
目の前に出され逃げれないように頭を掴まれたんです
イヤイヤしましたが無理矢理口の中に押し込まれました…

初めて見せる康平君の乱暴な態度と人に見られる不安と恐怖で早く満足して
ほしかったんですが口の中であの大きなモノを咥えるのは苦しくてただ口の
中に入れているだけでなにもできません
それでも康平君は優しく私の顔を前後に揺すっています
やがて今度はいきなり私を立たせ壁に手をつかせると背後から一気に下着を
脱がされ康平君の熱く逞しいモノが入ってきたんです!

「ウッ!」155センチしかない私を康平君は持ち上げるように抱き上げ
奥に当たるように激しく突かれます

「亜弥…亜弥…気持ちいいよ」
人に見つかる恐怖と康平君が喜んでくれている満足感で不思議な気持ちで
抱かれていました…
そしてだんだん動きが速くなると「飲んで!飲んでくれるよね!」と
耳元で叫ぶと私の返事なんか聞かずにいきなりグッ!と激しく突き上げられ
ると今度はサッ!と引き抜き
私を再び急いで床に座らせると同時に口をこじ開けられ一気に
康平君の精液が飛び込んできました
…!ものすごい量です!!

昨夜もあれだけ放出したのに…
だけど犯されたとき脅されて無理矢理飲まされた記憶が甦りあの臭いと
汚さを思い出すととても飲むことができませんでした

でも康平君のモノが離れず許してくれそうな雰囲気ではありません
「飲んで…飲んで…」とお願いするので仕方なく覚悟を決め飲み込みました
康平君は年下なのに飲み込んでハァハァしている私の頭を撫で
「ヨシヨシ…」と言われたんです

吐き気を我慢して飲み込むと康平君に「ヒドイ…乱暴だよ…」と
すねて抗議しましたがいきなり飲んだばかりの口にキスをされ
「飲んでくれてありがとう…俺、亜弥を大切にするよ」と
言われ本当に安心しました

「でも…いま文句言った罰だよ!」と言いながら下着を足下から脱がし
ポケットに隠すんです
「いやょ…お願い返して…」
康平君は笑うだけで肩を抱いて無理矢理また書店に戻りました
ミニだったのでもうスカートを押さえることしかできません
それでも康平君は「これはどうなの?」と参考書を見せるフリしながらスカ
ートを捲ろうとしているんです
恥ずかしさで真っ赤になっていたと思います
そのまま駅の階段、電車の中と近くのコンビニに連れて行かれましたが
スカートを捲ろうとする康平君の手を押さえもう俯いてばかりでした
やっと自宅に戻ると「ヒドイ…恥ずかしかったよ!」
康平君の胸を叩いて文句を言いました
康平君はニヤニヤしながらいきなりスカートの中に手を入れ
「アレッ!亜弥だって濡れてるじゃん」と笑うんです

自分の気持ちを指摘されたようで恥ずかしさで「もう!ばか!」と叫んで
康平君の胸に飛び込んでいました…

「もう帰った方がいいよお母様が心配しているよ」と諭しましたが
「大丈夫だよ!心配なんかしないよ」といいながら全裸になると
また私をベットに押し倒したんです
「アッ!待ってお風呂…」「いやっ」と暴れましたがおかまいなくシャツや
キャミとスカートそしてブラを脱がされ抱かれました
また固くなっているんです

やっぱり女の子…
康平君に抱かれ背中にしがみついているときが一番安心します
私にとってレイプされた忌まわしい出来事さえ忘れられる唯一の時間でした

だけど冷静に考えると家庭教師の立場を忘れただの女の子として康平君に抱
かれてしまいバイト失格の女だったのです火曜日 今日も康平君の選んだミニで大学に行きます
大学まで送ってくれている電車の中で
「亜弥の立場もあるから今日から俺も学校に行くわ!」とぶっきらぼうに
話す康平君にもう嬉しくて電車の中なのに腕をギュッと握りしめました

夕方…
授業が終わり今日は康平君が迎えに来ない寂しさのまま1人トボトボと部屋
に戻ったんです

靴を脱ぎ部屋に入った途端!

ニヤニヤ笑っている覆面をしている4人の男たち!
恐怖で声も逃げることもできずその場に固まってしまいました
二人の男からすぐに肩を抱かれ床に座らされると「まあ見てみな!」と
言いながらテレビに繋がったDVDが映し出されます

大きく足を広げられアソコが大きくアップし女性が泣いているシーンです
「あっ!」女性が口にガムテープされていてもはっきり私とわかります

「亜弥は買うよな!このDVDを…」
「なぁに金がないならこの身体でもいいがな」
「まっ!それともDVDを実名入りで売りまくってもいいんだぜ」

もう返事なんかできません 恐れていた現実に震えが止まりませんでした

どうして…カギは交換したのに
1人の男が大きなバッグからビデオカメラを取り出すと私の横にいた男は
いきなり服を脱ぎだしたんです   今日も犯される…またビデオ…

「いやぁ?」

大声を上げ逃げようとしましたが「騒ぐな!」と首を絞められ
押し倒されるようにフローリングに寝かされたんです

「おい!亜弥 見てみな!」と私を押さえつけた男に半ば強制的に
顔を上げられるとハダカになった男が目の前で見せつけるパンツは
昨日私が穿いていた下着でした
前が盛り上がり汚いモノがはみ出すように膨らんでいます

なんで!昨日洗濯機に入れていたのに…
この男の残虐さと変態趣味の気持ち悪さに吐き気を覚え呆然としていると
また後ろに手を回されバリバリとテープで縛られています

あっ!逃げなきゃ
康平君助けて…
必死に暴れても手加減なく頭を殴られたり足やお腹を蹴られたりして
服の上から後ろ手に縛られもう1人の男から口にタオルを押し込まれ
2人がかりでベットになげられました

変態男がニヤニヤしながら私の下着を脱ぎ捨てハダカになって襲ってきます
もうイヤだ!絶対イヤ!犯されまいと唯一自由な足で迫ってくる男を
蹴るけど簡単に捕まり私の足を高く持ち上げると康平君が選んだピンクの
下着に手がかかり一気に脱がれたんです

男はその下着を持ったまま私の足の間に割り込むと目の前で
いま脱がされた下着をクンクンとワザと音を出して匂うんです

「やっぱりションベン臭いな…」
「久保亜弥はションベンの拭き方を知らないようです」
「おっ!汁も混じってるぜ!学校で興奮することがあったのか?」と

撮影されているカメラに下着を裏返してアップで見せながら
私の本名と学校名を平気で言って笑うんです

もうイヤだ!こんなのイヤだ!康平君助けて?
もうタオルの中で叫び続けました
この前と違い今、私の身体は康平君に抱かれ彼女みたいな身体でした
なんとか身を守ろうと必死に抵抗しましたがどうすることもできません

撮影されながら3人に身体を掴まれスカートを引き裂くように脱がされると
カメラの前で変態男が一気に入ってきたんです

こんな男を感じるわけなく湿っていない下半身にものすごい痛みが走り
康平君に対する申し訳なさとまた犯された口惜しさで涙がこぼれます

変態男が「どうだ!」「気持ちいだろ!」と言いながら腰を振っていますが
ちっとも気持ちよくなんかありません!逆に口惜しくて耐えているだけです

私は胸の中で康平君ごめんなさい…ごめんなさい…
と呟きながら犯された痛みに耐えています

やがて男の動きで爆発が近づいたことがわかり中に出される恐怖で
顔を必死に振って犯している男にお願いしたんです
再び中に放出されてしまうと身体も精神的にもボロボロになりそうです

男も私がなにをお願いしてるか気づいているはずなのにただ笑いながら
「亜弥は中に出してほしいんだろ!」
「よしよし妊娠させてやるよ!」

もうイヤッ!といっているのに暴れる私の腰を捕まえ激しく腰を振り続ける
と身体の中に侵入する熱く汚い精液の流れを感じました

康平君だって初めてのとき以外はゴムで避妊してくれたのに…

こんな変態男の精液を康平君が大切にしている身体に流し込まれたことで
もう息が詰まるほど気が狂いそうです

中に感じグッタリしている私をビデオの前で大きく足を開かせると
以前と同じように背後から持ち上げアソコから男の精液が流れ落ちるシーン
を撮影されました
恥ずかしさと絶望しかありません

満足してベットに寝かされると次の男が襲ってきました
スカートは脱がされていましたがキャミとシャツは後ろ手に縛られたせいで
後ろの手付近にボロ切れのようにまとまっています

それを部屋にあったハサミで切られハダカにされながら犯されたんです
後ろから髪を掴まれ顔をビデオにはっきり向けさせながら犯されたり
片足を大きく持ち上げられたまま乱暴にピストン運動されるとか
私の身体はもう玩具みたいな扱われでした

どれくらいの時間が過ぎたかわかりません
あそらく全員に犯され中に放出され呆然としていたと思います
いつのまにか口にあったタオルが外され私の口に汚いモノを咥えさせられて
いました 口元からヨダレがダラダラ流れています

意識が朦朧としていたとき私の足を大きく広げられその間の恥ずかしい箇所
にビデオを持った男ともう1人が触っていたんです

また撮影されている恥ずかしさで「やめて…もう許して…」と叫びましたが
別の男に無理矢理咥えさせられていたのでうまく言えません

やがて下半身から違和感が感じられます
水?なにか濡らされた感覚…
スースーする感覚
慌てて口元から咥えているモノを外し下半身を覗くとなんと1人の男が手に
持っていたのはひげ剃りでした!

ひげ剃りで何をしているのかわかります!!
そんなことを平気でする男の神経に恐怖を感じ猛烈に暴れだしたんです
男は私が気づいたことを知ると笑いながら

「これでションベンした後、マンコきれいに拭けるだろ」
「オラッ!動くなよ!大事なマンコがケガするぞ!」と
屈辱的な言葉で私を泣かせ暴れる私を押さえつけながらさらに剃られている
とき私の携帯が鳴りました

「おっ!亜弥の彼氏だぞ!」と言いながら勝手に電話に出ると
いきなり私の耳元に携帯をもってきました

康平君でした
「亜弥今から行くよ!」     「いやっ!来ないで!」
「どうして!何かあったの?」  「お願い来ないで…」
「どうしたんだよ」       「……。もういやだ…」

男がいきなり電話を取り上げると康平君に

「今日もたっぷりと大勢の精子をお前の女にプレゼントしてやったぜ!」
「こいつ自分のマンコよく拭けなくていつもションベン臭いよな!」
「あんたもそう思っているだろうから今日は掃除してやったからな!」
「DVDを一枚プレゼントしてやるぜ!早く観にきな!」
「もちろん1人で来ないと亜弥は恥ずかしくて自殺するかもな」と

康平君をバカにしたように笑いながら電話を切りました

もういや見られたくないよ…と泣いている私を前と同じようにベットに縛り
さらに掃除機の棒を持ち出して足を縛るんです

イヤッ!また縛られる…

抵抗しましたが相手が4人ではどうすることもできず
恥ずかしい格好のまま今度は化粧台にあった8×4を強引に押し込んで
無理矢理ガムテで止めると「亜弥!妊娠したらいいよな!」と脅すんです

もう1人の男は私の顔の前でオナニーをしながら汚い精液をかけられまいと
必死に逃げる顔や髪にかけられ呆然としている私の口にまたタオルとガムテ
をして外れないのを何度も確認すると笑って出て行ったんです

康平君にまた犯されてた事実が分かることでもう生きていけない…
犯された屈辱と康平君に捨てられる悲しさで鼻水まで流しながら子供のよう
に泣いていました…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。