喘ぎ声を我慢してたら、テクニシャンな痴漢に猿轡を装着させられた【新幹線】

新幹線の車内で
痴漢されて、胸キュンしちゃいました

仕事で地方に行き、
その帰りの新幹線でした

お化粧を直すために、
多目的室に入ってドアを閉めました。

そしたら突然知らない男の人が入ってきて、
後ろから胸をもまれ強引に
痴漢してくるんdねす

その手はスーツの中に入っていき、
ブラウスを巻くりあげて
直におっぱいを
もまれるようになりました。

ああっとHな声が出たのですが、
誰かにバレたくないので必死に
喘ぎ声を我慢しました

何故か私はその見ず知らずの
強引な痴漢に体を許してしまいました。

その男は私にアイマスクと
猿ぐつわをしました。

次に胸をもんでいる手とは反対の手で、
スカートの中に侵入してきました。

最初は太ももを撫で回されていたけど、
だんだん手が上に上がっていき、
オマンコを下着の上から触られました。

グちゅっというHな音がして、
オマンコが婬汁で濡れているのが分かりました。

テクニシャンな痴漢で、
私も快楽に酔いしれていたので、
足を広げもっと愛撫してもらいました

上から下まで撫で回し、
官能的な前戯で私の身体は蕩けそうで
ガクガクと痙攣してしまうんです

早く直に触ってほしい、
その気持ちしか頭にはないです。

そしてとうとうもう下着を下ろし、
直におまんこを触ってもらえるようになりました。

声を出そうと思っても
猿ぐつわをされてるので嬉しいことに出ません。

クリトリスをいじられ、
それだけで昇天しそう

ああイッちゃう!

っていうときに指を止められ寸止め焦らしプレイ

それを2回も3回も繰り返すのです。

私は腰を無意識に振り、
おねだりをしていました。

でも男はそんなことは知らず、
膣に指を入れ始めました。

1本 2本

そして3本の指

私の中にはそれが限界でした。

そしてその指をバラバラに動かします。

もう頭がおかしくなりそうでした。

と、男は何を考えたのでしょうか。

下着を脱がせ、スカートを巻く利上げ
私を洗面台の上に乗せました。

で、その状態でGスポット責め

イキそうでイケなくて
私はその男の肩に手をついていました。

男ももうそろそろと思ったのか、
思いっきり激しく指を動かし、
私は大量潮吹き

疲れて私が痴漢に身を任せぐったりしていると、
私に男の向きにM字開脚をさせ、
男のモノを埋めてきました。

激しく突かれ私は何度も絶頂しました

しかし男はまだイカないのです。

なので痙攣しながらも私はイカされ、
とうとう男も限界なようで、
私の中に精を吐き出しました。

私がはぁはぁ言ってると、
テクニシャンな痴漢は
猿ぐつわとアイマスクをとり、
ドアを開けて出て行きました。

嵐のように過激なSEXに、
私の膣はピクピクと痙攣しっぱいなしでした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。