転売業をしているオジサンが、隣人の新婚夫婦が夫婦の営みしていて作業が捗らないww

転売業をしている中年のおっさんです

受注取り寄せだと、商品を注文されてから
実際に送るのにかなり時間が経ってしまうので、
転売する為の商品を常にいくつかは
ストックしていています

それで問題になるのが
商品、在庫置き場

もうちょと手広く転売業をしたいと
在庫置き場用にアパートを一室借りる事にしました

一部屋はとりあえず仮眠が出来るように空けてます。

このアパートは上下が使えるタイプで2階建てなので、
隣さえ気をつければ足音などは気にしないで済みます。

置場部屋は102号

隣の101は何と新婚さんで見た目20代後半の人妻

挨拶で会った奥様を見てビックリ

凄い可愛く、小柄で巨乳なロリ系若妻で
清楚可憐の言葉がピッタリなスペック

以後もたまにすれ違いで挨拶や短い会話で、
ほんわかタイプと思った。

次第に交わす言葉も増え、
置場部屋になっていることも知れた。

ある日、私は在庫確認と帳簿整理で
置場部屋にいた。

夕飯を済ませてからビール買って歩いて来た。
途中、疲れて仮眠。

 夜中の22時くらいに目覚めて作業の続きでもやるか、
と思ったら隣の新婚さんちから、
まさに夫婦の営みの真っ最中のエロボイスが。

構造的にちょうど仮眠部屋にある押し入れの壁

そのすぐ横を寝室にしているらしく、
押し入れに入り耳を当てると。

もう手に取るくらいハッキリと聞こえる!

あの奥様、見た目と違いかなりエロい痴女若妻

旦那に言わされているのか?

何度も

「オチンチンちょうだい」

「私のオマンコに入れて」

と淫語を連呼

うちが留守だと思っているから
遠慮なく夫婦の営みをしちゃっている

旦那はあれこれ命令口調が多い

奥様の大好物はローターらしく、
クリトリスと膣を同時攻めで
大量潮吹きしたらしい

喘ぐロリっぽい声が喘ぎまくる
隣人の若妻が気になり、作業に全く集中出来ず
聞き耳を立てて、夢中でセンズリしてしまったw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。