【痴女】透明感のある美脚ミセスマダムに逆レイプされ、激しい腰使いの騎乗位

淫乱痴女な熟女って最高ですよね

それも、普段は上品でミセスマダムみたいな可憐な熟女が
SEXすると、途端に色情狂みたいにエロマダムになる

そんなギャップのある
極エロな人妻とSEXしたんです

きっかけは、
バイク用にガレージ

駐車するために 借りている場所は
一階がガレージで二階が借家という建物

で、二階には夫婦と
子供が一人住んでるんです。

奥さんは30歳前後、芸能人に例えると
「緒川たまき」系の透明感のある上品なマダム

俺、日曜+平日という休日のパターンが多いんで、
平日に下でバイクのメンテなどをしてる時、
たまに透明感のある上品マダムと
挨拶する関係になってたんですね。

ある日の日曜、その夫婦が下で喋ってたんです。

良く聞いてると、何か変。

奥さんが敬語で喋ってるんですよ、夫に。

「あ、これはイケルかも」

って何故か思っちゃったんですね。

「愛が冷めてる」感じがして。

ある平日の午前中、また下でバイクの
メンテしてると自転車が前の道路に止まりました。

はちきれんばかりの太股が眩しい
ホットパンツのその人は、二階の奥さんでした。

「こんちは!」

と俺

「暑いですね」

と奥さん。(この時、夏)

ホットパンツから伸びる綺麗な足に、
俺のワルサーは反応しっぱなしです。ヤベェーヤベェー。

しかし奥さんは「トントントン」
と無常にも階段を上がっていきました。

セミの声がやけにうるさく感じました。

メンテを続けていると

「トントントン」

と階段を降りる音が

ふと前を見ると、
ミセスマダムが立ってます。

ニコッっと笑うと

「暑いでしょ~?
冷たいコーヒーでも飲みませんか?」

と嘘の様なセリフが!

「イんすかー?」

と言いつつ、奥さんの後を付いていく俺

近所の人に見られてないか!

とちょっとドキドキ。

先に階段を上がる奥さんのムッチリ太股+ヒップに、
俺の理性が暴走してチンコマンになりそう

チンコを反応されながら
ついにミセスマダムの家に入る。

今、ここにいるのは俺と奥さんだけ!

何か変な気分だ。

「こんな事してて、
俺やばくないすかねー!?」

「あ、いいんですよぉ。
今日、主人は仕事ですし、
息子は幼稚園で。でも秘密ですよぉ!」

ますます、俺の理性が

しかも、目の前には美味しそうな美脚!

よく奥さんを観察してみる。

結構、エロっぽい身体してるぞ。

ホントに子持ちママって感じ。

俺のワルサーは暴発してるっぽい

多分、カウパー液で
チンコはヌルヌルの大フィーバー状態

この後、何分か会話してたと思う。

けど、覚えてない。

あの事があるまでは

コーヒーを飲み終えて、
コップを片付けようと思ったんですね。

「洗いますよ」

とコップを持とうとしたら

「あ~、いいんですよぉ」と奥さん。

コップをトレーに乗せようと、
俺の目の前で奥さんが前のめりに手を伸ばしました。

俺は見逃しませんでした。

Tシャツの間から覗く、純白ブラジャー!

何かその時、理性が飛びましたね。

パッと腕を掴み

「キスしてもイイですか?」

と言っちゃったんです。

すると奥さんは

「ふふ、嫌だと言ったら?」

もう、どうにでもなれって感じですよ。

ムチュ~ッとキス

舌と舌を絡ませ唾液交換

同時にTシャツを脱がせにかかります。

透けていた純白ブラジャーが
その姿を見せました。

ブラを捲り上げて、
程良い大きさの胸を揉みまくります。

奥さんは、俺の口の中で

「んん~」

と喘ぎっぱなしで

乳首が立ってきたので

「あ、感じてきたな」

と確信しました。

一旦、キスを中断。

奥さんに「ね、しよ」と頼むと、
一瞬間がありましたが「コクッ」と軽く頷いてくれました。

「どこでしよか?」

と言うと、奥さんは

「寝室行こっ」

と一言

手を引っ張られて、
俺は導かれるまま、禁断の夫婦の寝室に

完全に間男になって俺

ドアを開けると、
目の前にはダブルベッドが!

「ああ、ここで夫とヤッてるのか」

と思うとガッカリ感と同時に、妙な興奮も。

ドアをロックし、いざ戦闘開始です。

「ねぇ、全部脱いでよ」

と俺。奥さんは「えぇ~!?」と言いつつ、
「一緒に脱ごうよぉ」と一言。

俺はTシャツを脱ぎ、Gパン、
そしてトランクスも脱いであげました。

案の定、トランクスは
カウパー液で濡れまくり

そして、カウパー液まみれの
俺のビッグマラをミセスマダムは
即尺し、レロレロと涎を垂らしながらの
ディープスロート

透明感のある上品な熟女が
俺のチンコをエロそうな顔して
フェラチオしている

そのフェラ顔だけで
俺は我慢できなくなり、
大量噴射の口内射精

奥さんは眉を歪ませ、
少し辛そうな顔をしながら、喉を鳴らし
ごっくんとザーメンを精飲してくれたんです

そして、

「いっぱいでたね~
溜まっていたの~」

と言いながら、お掃除フェラかとおもいきや

そんな甘いものじゃなく
本気フェラで無理やり勃起させてようとしてくる

かなり激しい舌使いで
射精したばかりというのにムクムクと勃起してきてしまう
俺のビッグマラちゃん

痴女になったエロマダムは
大きくなってきたのを見届けると
俺をベッドに押し倒し、
騎乗位で逆レイプするように激しい腰使い

ロマンポルノの世界に迷い込んだみたいに
官能的な情事に酔いしれてしまいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。