イケメン男子大学生に痴漢され、つい気を許してしまうHなOLがトランス絶頂

イケメン君に痴漢されて
ちょっと油断してたら大変な事になちゃった

私は27歳の都内に住んでいるOLで
満員電車に揺られながら通勤しています

それで、電車に乗っていると
最初はお尻に何か当たってる?って思っていたら
モゾモゾしてたら次に手が当たってきて

キモオヤジに痴漢された!って

イラってときて睨みつけようと
後ろを見たら、何と痴漢しているのは
可愛いイケメンな男子大学生っぽい男の子

イケメンだからまあいいや

って思って触らせてあげていました。

するとイケメン大学生も
どんどんエスカレートして
露骨にハァハァ言い出して

股間とかもグリグリ押し付けてきて
顔は私の背中に密着してアツイ息がかかって、
だんだん私もHな気持ちに

そして、スカートの中まで入ってきて
太ももからお尻までいやらしく
なでまわされ、快感でショーツが濡れてきちゃう

でも、ちょっとおかしい事に気づいたの

あきらかに手が多い

足に手が4つぐらいまとわりついています。

腰のあたりも手がまわってきてるし、
おかしい、と思ってそっとまわりを見ると
ハァハァ言ってる男の人がいっぱいで
集団痴漢されているの

何これ?

と思ってびっくりしたのと
何か変な悪いことしてる、
いけないことをしてるっていう
罪悪感みたいなのがおかしな興奮と
結びついて頭がカァーっと
なっておかしくなりそう

そこからは私も気が変になりそうになって
トランス状態っていうのかなー

集団痴漢されて、
すごく感じていました。

ショーツはラブジュースで
グショグショになって横から滑りこんできた
指に弄ばれ何回も連続アクメ

立っていられなくなったので近くにあった
腕にしがみついて必死で声を押し殺していました。

私の周りだけ異様な空間になっていました。

手がいくつも私の体をまさぐり、
何が何だかわからない状態が次の停車駅まで続き、

ドアが空いたときに我に
返ってそそくさと降りていきました。

とりあえずトイレに行こうと小走りで行くと
後ろから一人追いかけてきて

「あの」

と声を掛けられました。

振り向くとあのかわいいイケメンの男の子

どんな顔していいかわからず
恥ずかしかったので何故か不機嫌そうに

「なに?」

と言うと

「あの すいませんでした
あの ありがとうございました!」

と言って走り去っていきました。

トイレに入ってパンツを脱いで服装を整えると
太ももに精液がいっぱいかかっているの

もう2度とこんなことできませんが
今でもオナニーのときは絶対このことを思い出しちゃう

やっぱりイケメン君に痴漢されると
つい許しちゃうよねー

あの可愛い男の子を
逆ナンしてHすれば良かったなーとか思ったり

私ってHな女子なんですよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。