薬売りの行商人が、エロいタレ目の綺麗なお婆さんと膣内射精【還暦・60代】

薬売りの行商をしていて、
一般家庭に突撃アポ無し営業をしています

ほとんど門前払いされますが、
中には買ってくれる熟女もいて、
その中で、常連になった
タレ目の五十路の美熟女主婦がいます

そのお宅に伺う途中、
裏道で車を駐車して、昼飯を食べて休憩してると
二階のベランダで物干しをしている
美熟女主婦が見えました。

角度を変えると、
奥さんのパンツがチラ見えして覗けます

思わず、俺の手は股間に。

奥さんが見えなくなったので、
ファスナーを下ろしペニスを触りながらオナニー

 コンコンと、窓をノックされ、
慌ててペニスをなおしながら顔を上げると。

奥さんが立っていました。

俺は、顔が熱くなペニスは、
出たまま小さくなりかけてました。

奥さんが、ドアを開けてナビシートに座り

「車を出して」

と言われて、ドキドキしながら言い訳を考えてました。

俺は オナニーしただけだ

奥さんには何もしていない

無実や

とか考えながら

「次を右にとか、左」

と言われ通りに運転

やがて、ある高速沿いへ

タレ目の美熟女奥さんが、
俺の出たまま小さくなった
ペニスを触り出しました。

少し走るとホテルへ前に

「会社名の付いた車ては入れない」

と言うと

「裏のコンビニに止めておいで」

車を止めて、制服を脱いで
ジャンパーを着てホテルへ

 ベットにはいると、
タレ目のエロ奥さんのおまんこはヌルヌルになり、
ショーツが本気汁でかなり濡れてました。

クリトリスをこすり、指を入れると

「あーいーいー」

とペニスを握りしめながら、
腰を振り出す痴女な高齢おばさん

「ちょうだい、これをちょうだい」

と言い出したので、半分まで入れて

「何が欲しい」

と言いながら抜いて、入口あたりを突くと

「ちんぽをください」

「どこに?」

「おめこに」

とか言いながら
ヌルヌルのおまんこ穴にガチ挿入「

にいれました。

逝きそうになったので

「ゴムをしないと」

「もう、妊娠しないからさのまま出して」

俺は思いっきり膣内射精

暫くして、ティシュで
痴女な奥さんのおめこを拭いてあげました。

髪は、染めて居ましたが、

おめこは半分近く白髪になっている高齢おばさん

「閉経して、更年期もすぎてから
セックスが好きになったけど、主人としても
ペニスに勢いがなく、あなたが
オナニーしてるの見て欲しくなった」

といわれました。

 孫が中学生らしい

五十路と思っていたら
還暦過ぎたお婆さんw

 白髪を見るまで、熟女さんだったけど
まさか60歳過ぎたお婆さんとは思わず

でも、誘われたらこの痴女なお婆さんとSEXしちゃいますね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。