初恋の柔道少女と高校で再開した男子高校生の甘酸っぱい青春エッチ小説

俺の初恋は、幼稚園の時で
相手は柔道少女でした

当時、俺は柔道教室に通っていて
その先生の娘さんを好きになっていました

彼女とは幼稚園
小学校は違っていたが、同い年

気づいたら、
この柔道少女を好きになっていた

柔道というとデカイブス女を
イメージするかもしれないけど
俺も細かったが、彼女はさらに小さく細くて
笑顔がほんと可愛い、アニメに
出てきそうな柔道少女だったんです

だが、柔道は無茶苦茶強かった。

力はそれ程でもないんだけどスピードとタイミングの
取り方がずば抜けてセンスの塊だった

俺はこの道場では彼女に次いで
強かったが彼女にだけはどうしても勝てなかった。

彼女のことが好きなことは
何故か恥ずかしかったので
誰にも気付かれないようにしていた。

彼女の父である先生は、
とても厳格だったが、
基本的には優しくて面白かった。

火、木、日と週3回の練習には
大好きな柔道少女に会える楽しみもあって

自分の理由で休んだことはなく、
ほぼ毎回練習に通った。

そして、自然と柔道も大好きになっていった。

日曜日の練習の後は
彼女を含めたみんなで鬼ごっこしたり
たまには先生の家の庭で
バーベキューしたりして遊んだ。

夏には合宿と称して
民宿に泊まって海水浴したり

そんな楽しかった日々
ももう少しで終わりそうだった。

卒業が近づいていた。

彼女とは中学校も違う

もう会えなくなるのかと
思うと悲しかった

道場での最後の練習は2月の最終日曜日で
毎年恒例の道場の門下生による紅白戦
(紅白に分かれての試合)

1番強い彼女は赤組の大将

2番目の俺は白組の大将になった。

ものすごく憂鬱だった。

大好きな女の子に
大好きな柔道で負けるのは男として耐えられない

自分でもわかりすぎるくらい
彼女とは実力が違っていた。

鬱な気持で試合を待つ間なにげなく
この道場の畳を見ていて俺はふと考えた。

俺は今までほとんど
休まず一生懸命頑張ったじゃないか。

最後なんだから負けたっていいじゃないか

とにかく最強の彼女に
俺の全力を見せてやろう。

この試合は俺にとっての7年間の集大成だった。

俄然やる気になってきた。

会場係りに俺の名を呼ばれ試合場に立った。

柔道着を着た彼女と向かい合わせになり礼をする。

彼女の様子が何かおかしい

俺と一切目を合わせない。

「はじめ!」

の声がかかり俺は
一声気合を入れて彼女に近づいた。

左の袖を狙うといつもは掴めないのに
簡単に引き手が取れた。

右の襟も簡単に取れてしまった瞬間、
俺の必殺の内股を仕掛けた。

彼女から拍子抜けするほど
簡単に一本勝ち

初めてだった。

下になった息がかかるくらい
近くの彼女と目が合った。

彼女は少し赤くなってすぐに
目を逸らした。

彼女から甘くいい匂いがした。

でも俺はすごいショックを受けていた。

彼女が手を抜いたのが分かったから

恒例の試合の後は先生の家の
広い和室で納会が行われた。

納会は保護者たちが
持ち寄ったたくさんの食べ物とジュース

大人たちは酒を飲んで
お別れ会のような形になった。

俺は一人落ち込んでいた。

でも多分誰も気付かない

俺は昔からポーカーフェイスだった。

ジュースを飲んでいた俺に
彼女が近づいてきて耳打ちした。

「しゅーちゃん。ちょっと来て」

俺は渋々付いていった。

彼女は誰も居ない敷地内の
道場に入っていった。

俺に向き直ると

「しゅーちゃん 私 あの」

「なあ、ゆう
何で手を抜いたの?」

「えっ?」

「最後なのに」

言ったとたん俺の目から
涙がぽろぽろ零れ落ちた。

「えっ? しゅーちゃん…何で?グスッ」

俺の涙を初めて見て彼女は混乱し、
そして泣いた。

「わー ごめんなさいっごめんなさいっ」

慌てる彼女に俺は

「もう、いいよ
戻ろう」

と言って俺は涙を拭いた。

しばらく彼女を待っていると彼女も泣き止んだ。

「俺が泣いたのは内緒な」

「…うん」

俺たちは何事もなかったかのように
納会に戻った。

そして俺は中学生になり
当然柔道部に入った。

今度こそ彼女に勝つために
無茶苦茶練習に打ち込んだ

試合の時は彼女を探して
試合会場をうろうろしたが
彼女を見つけることは出来なかった。

結局、柔道に明け暮れた
中学時代彼女に会うことはなかった。

そして俺は地元で一番と
言われている柔道の強豪高に入学した。

彼女も絶対この高校に入ると思っていた。

入学式の日。
俺はキョロキョロ彼女を探した。

いた!

俺は嬉しくてドキドキした。

女子校生になった彼女も
何故かキョロキョロしてて
俺と目が合うとあの懐かしい満面の可愛い笑顔になり
手を振りながら走ってきた。

彼女はあの頃の何倍も
女の子らしくなり可愛く成長し
素敵な高校生になっていたのだ

「しゅーちゃん!
久しぶり!元気そうだね!」

彼女は本当に嬉しそうに話した。
俺もさらに嬉しくなって

「久しぶり!また一緒に柔道やれるなー」

と言った。

「えっ。柔道なんてとっくにやめたよ」

「えー!本当に?ありえねー」

「本当だよー。私、
星好きだから天文部に入るんだー」

「ふーん。そんな部活あるんだ。
俺も入れるのかな?掛け持ちとかできるのかな?」

彼女は楽しそうに笑って

「なんかしゅーちゃんには似合わないけど。 
入部したら聞いてみるね。
もしかして私と一緒がいいの?」

俺少し赤くなってしまって

「違うよ。俺も星が好きなんだよ」

と言った。

「ふーん ま、いいか
しゅーちゃん、柔道頑張ってね。応援してる」

「おー。○○ほど柔道センスないけどな
○○も天文頑張れよ」

俺は昔みたいに「ゆう」と
呼べず彼女の苗字で呼んだ。

「うん。わかった。○○君」

と彼女は少しだけ寂しそうに
俺を苗字で呼んだ。

そして「じゃあ」と言って
元いた場所へもどっていった。

やっと念願かなって大好きな彼女と
同じ学校へ通えるなんて夢のようだった。

しかし柔道部はそんな掛け持ちが
許されるほど甘くはなかった。

練習は過酷を極め
6月には耳がつぶれて痛かったが
痛みが取れたころには耳が
少し餃子っぽくなってしまった。

彼女のことを考えるゆとりもないまま
日々の練習で追い込まれたが、
お陰で俺は本当に強くなった。

レベル的には2年生の頃には試合成績を書く
と特定されると困るから書かないが、
中量級の個人で県内で
はかなり有名な選手の一人になっていた。

たまに彼女は試合も見に来てくれた。

先生であるお父さんと一緒だったが

初めて見に来てくれた時は
俺は先生のところにすぐに走って行って

「先生!久しぶりです。
見に来てくれてありがとうございます!」

と挨拶した。

「いやー俺も嬉しいよ
お前本当にいい選手になったなー
将来はうちの師範やれ」

と言ってくれた。

隣の彼女は何故か恥ずかしそうにしていて

「○○君私お弁当作ってきたの、
お昼になったら一緒に食べよー」

と言った。

「すげー!ありがとー!じゃあ昼来るな」

俺はみんなのところに戻っていった。
団体戦レギュラーの先輩1が

「おい!○○!誰だ?あの可愛い子。彼女か?」

「いえ、まだ彼女じゃないっす。」

先輩1「ふーんまだか。何か見たことあるな
あっ思い出した○○道場のゆうだろ!」

俺「はい。そうです。」

先輩1「あいつ半端ねーくらい強かったぞ。
俺小6のころ秒殺しにされたもん。
なつかしー」

団体戦レギュラー先輩2、3

「俺もほうられたことある」

「俺も」

口々に言う先輩たち。

やっぱ俺が勝てなかったわけだよな

うちの団体レギュラー軒並みやられてんだもんなー。

俺はあの頃の彼女の強さを再認識した。

今さらだが彼女が柔道をやめてしまったのは
本当に惜しかった気がする。

高2の春

クラスの女友達から彼女が
天文部のイケメン先輩から告白されたらしいと聞いた

俺はポーカーフェイスをつらぬいたはずだが
内心ものすごい動揺していた。

彼女が他の男と付き合うなんて
考えただけでどうにかなりそうだった。

でも俺は柔道しか知らなくて
こんな時どうすればいいか分からなかった。

とりあえず彼女に直接聞いてみようと思った。

それから今度の日曜日は久々部活ないから
デートに誘ってみようとも思った。

放課後が待ち遠しくなった。

早く胸のもやもやをすっきりさせたかった

放課後。俺は柔道場に行く前に天文部の部室に行った。
コンコン。ノックした。

「はい。何か?」

イケメンぽい3年生が顔を出した。こいつか?

「すみません。2年○組の○○ですけど、
○○さんいますか?」

俺は努めて冷静に言った。

このやろー俺の女にー!

まだ彼女じゃないけど…

「ちょっと、待ってて。
ゆうちゃん!お客さんだよー」

ゆうちゃんて!呼ぶなー!

イケメンは引っ込んで彼女が出てきた。

「あー!めずらしー!しゅー○○君。
どうしたの?」

「ちょっと。こっち来て」

彼女「何?何?」少し嬉しそう。

俺は人気の少ない天文部部室
そばの階段の下に連れて行った。

「拉致されたー」

「違うよ。拉致なんて誰もできねーって
投げられちゃう」

彼女、軽く俺を叩く。

「なあ○○。あの先輩と付き合うの?」

「えー!何言ってんの?わけわからん」

「えっ?だって告白されたんだろ
どーすんだよ!」

「なんでしゅーちゃんがあせってんの?
あー!やきもち?うそー。」

「俺もわからんけども…ゆうはどーすんだよ!」

「あっ今下の名前で呼んだ。」

「…」

「大分前に違う人から
告白されたんだよ。
でもソッコーで断ったよ。
私、今まで彼氏いたことなんてないよ
だって私は…まーいっか。」

「ふーん。あの先輩は?」

「好みじゃない」

「ふーん。そっか
じゃ部活行ってくる。ばいばい」

「何?それだけー?」

「あっ。今度の日曜俺部活休みなんだけどあいてる?」

「えー!超開いてるよ!」

「じゃあ。俺と遊びに行こう」

「えー…どうしよっかなー いいよー!」

「…ありがとう。部活行ってくるノシ」

「頑張ってねー」

俺はほっとして部活に行った。

いつになく技がキレまくってた。

日曜日。

俺はハッとした。

着ていく服がジャージしかなかった。

遠征やら試合やら練習でほとんど
土日に遊びに行くことはなかったからジャージで
間に合ってた。

しょうがないから俺は一張羅のミズノの
ジャージでデートに向かった。

待ち合わせの場所には彼女が
手を振って待っていた。

彼女の服は黒いピッタリとした
上着と短いキュロットでひざの上までの長い靴下
を履いていて無茶苦茶可愛かった。

太ももが眩しくてすでに勃起しそうだった。
正直ジャージで申し訳なかった。

「○○そんなに可愛いかっこなのに
ジャージでごめん」

「えー。可愛い?うれしいよ
○○君も似合ってるって柔道家だもん。いいん
だよ。さあ行こう」

それから俺たちはゲームセンター行って、
大きなショッピングモールに行って、
映画を見て帰路についた。

俺たちは最初のゲームセンターから
ずっと手を繋いでいた。

最初はドキドキしたけど
手を繋ぐのが当たり前になって離すのが嫌になった。

楽しくて楽しくて帰りたくなかった。

俺は今日こそ言おうと心に決めていた。
帰り道、彼女の家の近くの公園に寄った。
誰も居ない公園のベンチに腰を降ろした
夕焼けの空に一つだけキラッキラッに光っていた星があった。

俺「あれは金星だろ?」

彼女「よく知ってるねー」

俺「みんな知ってるだろ。。俺もほんとは天文部入りたかったなー。」

彼女「私も○○君と一緒に星が見たいなー
今日はすっごい楽しかったよ。また…」

俺は試合前よりドキドキしていた。

彼女の言葉も耳に入らなくなってた。
そしてついに俺は言った。

俺「俺…俺、○○のことがずっと
ずっと前から大好きだったんだ。」

俺は彼女の目を見て言った。

彼女は目を輝かせて

「えっほんとに?ほんと?
もう一回下の名前で言って。」

「うん。俺、ゆうのことがずっとずっと
前から大好きだったんだ。俺と付き合ってよ」

彼女はぶるぶるっとして目に涙を溢れさせた。

「わー しゅーちゃん大好きだよー!」

と言って抱きついてきた。

彼女「私…私だってずっとずっとずっと
昔の子供の頃から大好きだったんだよー
あの柔道最後の日も私しゅーちゃんに
すきって言おうとしてたんだよ。
柔道もしゅーちゃんに嫌われるからやめたんだよー
私はしゅーちゃんの応援をしたかったんだけで
試合なんて嫌だった。グスッ
高校も絶対しゅーちゃんここだと思って
すごい勉強したんだよーわーん
ああっ…取り乱してごめん。
うれしくてつい。グスッ 
これからもずっと一緒に居てね」

俺の胸で泣いている彼女が
心の底から愛しくなり何度もぎゅっと抱きしめて
それから顔を少し上げさせてキスをした。

キスをしたら止まらなくなって何度もキスした。
正直勃起した。

高2の夏。いよいよ初体験

とにかく暑かった、昼下がり。

5泊6日の校内合宿の帰り道、
俺はへとへとになって歩いていて、
もう少しで家っていうときに、彼女が

「しゅーちゃん!待ってたよー」

と飛び付いてきた。

夏休みの間は部活の終わった午後に毎日俺の家で宿題したりゲームしたりたまにキス
したりして遊んでいた。すごい楽しい毎日だった。告白して良かったと心底感じてた。

追い込まれ死ぬかと思う鬼のような合宿が終わってこの日は本当に疲れていたが
彼女の顔を見たらすごくほっとした。

ほんとは合宿が終わったらすぐにでも会いたかったが、
そーとー溜まっていたので抜いてから電話しようと思っていた。
でも、彼女が待っててくれて嬉しかった。

彼女が俺の腕につかまり楽しそうに話す可愛い顔を見ていたら
すぐに勃起してきてしまった。俺は前屈みになって
「少しお腹いたい」と言い訳しながら歩いた。

家に誰も居なければいいなと思った。
両親共働きでこの時間はいないが中学生の弟がいるかもしれなかった。
家につくとわざと大きな声でただいまー!と言った。

反応はなかった。
お邪魔しまーすと彼女が続いて入ってきたが俺は自分の部屋に行かずに弟の部屋
を覗いた。

よし、いない。
それからトイレを開けた。
よし、いない。

念のため風呂も見たがやはり誰も居なかった。
「何してんの?」
「誰もいない」
「だから?。。」
彼女もまんざらでもなさそうだったので俺は彼女を抱き寄せてキスをした。

だんだん我慢出来なくなってきて初めて舌を入れて彼女の歯を舐めてみた。
彼女も俺の腰に手をまわして恐る恐る戸惑いながら舌をからめてくれた。

彼女の胸に手をのばしてTシャツの上から触ってみた。
初めて触ったんだけど、手のひらからあふれる感じですごく柔らかくて最高だ
った。どうしても乳首を触りたくなってブラジャーが邪魔だったのでTシャツを
たくしあげて中に手を入れようとした。彼女はキスをやめて体を離した。

「お腹痛いんじゃないのー?。。」
少し赤くなって彼女が言った。
「ちがう、これこれ」
彼女の下腹あたりに当ててるものを指差した。
「痛いの?」

「ちょっとズボンがきつくて」
「どーすればいい?」
彼女が心配そうに聞いた。
「ベッド行こう。ベッド。」

俺は必死に言って彼女を自分の部屋に引っ張って行った。
自分の部屋のベッドに俺は横になると彼女はベッドの脇に膝をついた。

俺は我慢できなくなって制服のベルトを急いで緩めパンツと一緒に一気にズ
ボンを下げた。

やっと解放されたこれ以上ないくらいビンビンのちん○を彼女の目の前に出した。
彼女は息を飲んですぐ目をそらしたが、もう一度好奇心あふれる瞳でおれのをじ
っと見た。

「なんか怖いけど、口のところが笑ってるみたいでかわいい。」
と言って指でつんつんとした。
俺はビクビクッとなってしまった。腰を引いて
「ちょっと待ってよ。ゆうのも見せて!」
とベッドに引っ張り上げて押し倒した。

Tシャツをたくしあげて胸の谷間に顔を埋めて左右に振ってみたりした。いい匂い
がした。ブラジャーがどうしてもとれなくて
「お願いだから取ってください」
と恥ずかしいから胸に顔埋めて言った。

彼女は背中を少し上げて手をまわすとすぐに取ってくれた。
俺はドキドキして彼女の胸を見た。彼女の胸は白くて柔らかくて本当に気持ち良かった。

乳首もきれいで飴をなめるみたいに左右両方をなぜか均等に舐めた。
ちん○からだらだら我慢汁がでてた。

彼女を見ると目を閉じてハアハァしていた。
俺も嬉しくなってもっと気持ち良くさせてあげようと下に手をのばした。
彼女はビクッとして「やだ」と言って股を閉じたままで触れなかった。

俺はもう一度お願いした。
「なー、ゆう、頼むよ。自分だって俺の見たじゃん」
と少しだけむっとして言った。
「じゃあ、見るだけだよ」
と彼女はしぶしぶ下着をとってすぐに背中に隠した。

俺は興奮して彼女の膝の裏を持って持ち上げた。彼女のそこは少し濡れてて光
っててきれいだった。

俺は彼女に気持ち良くなってもらいたくて舐めてみた。少しチーズぽい匂いが
してしょっぱかった。
今思うと夏だったからなーと思う。

しばらく舐めてから彼女を見たら、あえいでいたのかと思っていたら目に手を当
てて泣いていた。
俺は急にすごく可哀想になり彼女の足を元に戻して添い寝をして頭を撫でた。

「ごめん…ほんとごめん。合宿でおかしくなってたから…」
「…いいよ。グスッごめん。グスッでも、恥ずかしいから舐めないで…」
「わかった。ごめんね」
俺は彼女がほんと愛しくてしょうがなくなりだっこして何度もキスをした。

でも、いきりたったチンはどうしようもなかった。
俺は彼女のすべすべの太ももにこすりつけていた。
「どーすんの、それ?」
「ごめん、このままこすらせて」
「いいけど…それでいいの?」
「じゃあ、おっぱいだけ舐めさせて」
「…いいよ」
と言ってキスしてくれた。

俺は意識を集中させて彼女のおっぱいを味わった。
彼女との最後の試合の時のあの甘い匂いを心ゆくまで堪能した。
そして時々はディープキスをして彼女の唇も味わった。

その間ずっと太ももにこすりつけていたけれどなかなかイケなかった。
その頃には彼女も結構気持ち良さそうな声を出していた。

「なー、ちょっとだけあそこ触ってもいい?」
「…触るだけだよ」
「うん!」
と言って恐る恐る痛くないように優しく触ってみた。

「あっあっ!」
と彼女が声を出した。
さっきの俺の唾液と彼女の液でとろとろのぬるぬるで熱かった。

しばらくいじっていてもう俺もどうしようもなくなって
「あー、入れたい」
と思わず言ってしまった。

「しゅーちゃん…私のこと好き?」
うるうるした目で俺に聞く。
俺「うん。好き」
彼女「ほんと?」
彼女「ずっと一緒にいてくれる?」
俺「うん。ずっと一緒にいるよ。」
彼女「…じゃーいいよ。」
俺「ほんとー!」

俺は彼女のあそこから手を離すと起き上がり、彼女の股を開いた。

そしてネットで見たことがあって、でも見た中で誰よりもきれいで
誰よりも大好きな女の子のとろとろのあの場所に当てがって本能のまま突き入れた。

「痛っ!」
彼女の声が聞こえたけど、もう入れた途端いきなり出そうになって
2回くらい突いてすぐに抜いてヘソのあたりに大量に出した。

懐かしい思い出です。

今俺は29歳営業マン。全日本クラスの選手にはなれなかったけど
時々実業団の試合に出てます。

6歳の娘と3歳の息子がおりますが
、娘が柔道を5歳から始めました。

これが妻にそっくりな天才的な柔道をします。

十数年後オリンピックに出ちゃうかもです。

今から妻と一緒に楽しみにしております。

それから、たまにアイス食べてる時とかに妻に

「恥ずかしいから舐めないで」

と言うと赤くなり

「やめて」

と本気で言います。

今でも可愛い妻で愛しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。