短小包茎で無職な駄目亭主が、ヤリマン妻に捨てられない為に再就職を決意した日

私達夫婦は、四十路の中年夫婦で
息子が1人の3人家族です

アラフォーのおじさん、おばさんになると
夫婦の営みも減り
月に一回あるかないかで
ほとんどセックスレス

そもそも私はSEX自体に
コンプレックスを持っているんです

何故なら短小包茎で、
小学生みたいな小さい粗末なオチンチン

平常時で3、4cm、勃起時でも7、8cm程度と短く、
細く太さも約3cm

妻も、私の短小包茎チンコでは満足できず、
膣イキしたことは皆無

妻に聞くと、
正直入っているだけと言っていました。

結婚する前は5人程男性経験があるそうです。

いままで付き合った私以外の男性は、
全てズル剥けの巨根チンポだったと

妻の男性遍歴で余計惨めな気持ちになります

さらに夫の私が職を失い、
生活費を稼ぐため
妻が仕事に出ることになりました。

駄目亭主ですいません

妻は仕事は自治会の紹介で
近所の老人(60歳~75歳位)の方の世話でした。

世話と言っても、雑談などですが

仕事を初めて数日後、還暦を過ぎた
Kさんという老人に、
お金が必要なの?と言われたそうです。

Kさんは、以前土方をしており、
身長180cmで体格もガッチリしている方です。

妻は、いい仕事がありましたら、
紹介して下さいとお願いした所

Kさんは、仕事ならあるよって言いました。

月に数回でいいからさー、
俺の世話をしないか?

妻は世話って?

聞き返すと、Kさんは、
あれだよあれって

妻も察したみたいで、
Kさんに断りましたが、必要以上に迫られたので

考えさせて下さいとKさんに言いました。

その話を妻に聞き、
私は複雑な気持ちでした。

お金の事もありましたが、
妻に満足なSEXも快感も与えられない事もあり、

私は、妻にKさんの
世話をしていもいいよって言いました。

妻は、えっ?と聞き返しましたが、
私が再度、いいよって言うと、
少しして、いいのねって言いました。

妻には、その代わり、
KさんとのSEXの事等は教えて欲しいと伝えました。

それから2日後、妻から話がありました。

Kさんと自宅で激しい性交をしたそうです

Kさんの竿は太くて長く、
亀頭が大きくタフで何回中イキしたかわからないと

あんなに大きな竿を入れたことがないとか
気持よかったとか

少し興奮気味に話をし始め、
私は生でやったのって聞くと

妻は、最初はゴム付けていたんだけど、
途中からはゴム無しの生姦だと

私は妻に中に出してないよねって聞くと、
妻は

ゴメンなさい、安全日だったから
中出し

私は、話を聞いているうちに、
自分も興奮してきて
妻に抱きつき、そのまま服を脱がし、
おまんこを見てみると大きく広がって
おまんこ拡張されているんです

私の勃起した竿を挿入したのですが、
当たることも無くすっぽり入ってしまいました。

Kさんの竿の大きさに驚かされました。

興奮していたせいか早漏の私は
1分程で妻の中に出してしまい、
妻はそんな私を見て呆れていました。

数日後、仕事が早く終わり家に帰ると、
寝室で妻とKさんが行為を行なっていたのです。

私に気づかず、69をしているではありませんか。

妻はKさんの大きな竿をフェラし、
Kさんも妻のアソコにしゃぶりついていました。

妻は私にフェラすらしたことがないのに
Kさんの竿を美味しそうにしゃぶる妻の姿に、
興奮して、私は勃起していました。

Kさんの竿は物凄く大きく
私の3倍位有りそうな巨根

女性の手首位太く、黒光りしています。

確かに、私の竿とは比べ物になりません。

妻も一生懸命口に含んでいるのですが、
大きすぎて半分も入りきらない様子。

そのうち、妻が私に気づいたのですが、
気にせずKさんの竿をフェラし続けました。

Kさんが起き上がり、
妻を仰向けにし正常位で
大きな竿を妻のアソコに挿入した途端

妻は大きな声を上げて、
ヨガリ始めました。

気持ちよさそうにKさんにしがみつき、
舌を絡め、足を腰に巻き付け、
Kさんの動きに合わせて腰を動かし

「何度も気持ちいい」

絶叫してアヘ顔になる妻

私も興奮し、
自分の竿をシゴキはじめセンズリ

妻の声が震え始め、
子宮にあたる~、凄~いとか

こんなセリフを私とのSEXでは聞いたことがなく、
いつも妻は無言なのに

本当にKさんの竿は気持ちいいんだなと

Kさんは激しく腰を動かし、
妻もKさんに私の中にお願いと言って妻の中に果てました。

情けない話ですが、
私はその光景だけで、射精してしまいました。

Kさんは放出後も、
恋人同士のように、妻としばらくキスをしていました。

妻が、Kさんに夫が一部始終観て、
自慰までしていたことを伝えるました。

Kさんは全く
私に気づいていませんでした。

Kさんが言いました。

私たちのSEX見て興奮して自慰までしちゃったの

旦那さんも公認なんですよねって

私は、萎んだ竿を手で隠しながら、
うなづきました。

Kさんが、あんたの竿見せてご覧って言われ、
縮んで小さくなった竿を見せると、
あ~あ~旦那さんのそのちいさい竿じゃ、
奥さんを満足させられないなって言い放ちました。

私には返す言葉がありません。

その後、Kさんが一緒に2ランド目やるかって言われて、
シャワーを浴びて半ば強引に3Pが始まりました。

妻がKさんの竿をしゃぶり、
私が大きく穴のあいたアソコを舐め、
Kが妻に挿入し、Kが妻に中出した後、
私もその後に続き妻に中出しをしました。

ただ妻は、私と行っているときは
一度も声を上げませんでした。

その後、妻は下着も派手になり、
陰毛が見える位の透けた
Tバックなど履くようになりました。

Kさんと生で出来るよう、
避妊薬を服用する様になり、
Kさんの様な大きなバイブもを購入し、
子供が居ない時に自慰をする様になり

私が家に居るときでも、
バイブを出し入れしながら、
いく時にKさんの名前を叫びながら絶頂に達します。

妻とKさんは週に3、4回行為を行う様になり、
Kさんの友人を交えて
月に2、3回は3P、4Pも行っている様です。

デカチンのKさんに調教され、
どんどんヤリマンな痴女おばさんになる妻

このままだと無職で短小な私は
捨てられてしまいます

何とか妻な捨てられないように再就職を頑張ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。