放課後の教室で、M男な男友達に強制手コキするサドな女子中学生

男性がイク、射精する瞬間を見たのは
私が中学生の時

同級生のT夫くんに
手コキして、初めて精液が出る瞬間を見たんです

T夫くんとは幼馴染で
小学校からずっと仲良しでした

中学二年生になると
私とT夫くんの2人は放送部に入りました

放送部って給食の時間になると
自分の給食を持って放送室に行くんです

給食の時間に流す
お昼の校内放送をかけたりする仕事でした

中学2年生といえば思春期の真っ只中

性に関する知識だけはいろいろと
入ってくるHな年頃

今から考えてみれば他愛のない内容でしたが、
エッチな話で盛り上がることもよくありました

そんな中、2人の最大の興味は
お互いのプライベートゾーンのこと

わたしも男の子のおちんちんを見てみたくて、
放課後に放送室で
お互いに性器を見せ合いっこするHな遊びをしたんです

放送室の隣は小さなスタジオになっていて、
鍵をかけカーテンを引いてしまうと
完全な密室になります。

いざ2人でスタジオに入り鍵をかけると、
T夫くんは頬を赤らめモジモジ
と落ち着かない様子でした。

わたしは思い切って机の上に横になり、
ジャージとブルマ、そして下着を下ろしました。

当時わたしたちの中学校では、
登下校時以外はジャージ姿で生活していました

T夫くんの目の前に
わたしの恥ずかしい女性器が露になり、
息づかいが荒くなってくるのがわかりました。

「さわってもいいよ」

わたしが声をかけると、指を伸ばし、
恐る恐る女性器を触っていました。

気持ちよさというよりも、
ぎこちなく触られるくすぐったい感じ

じっとりとあそこが
濡れてきとことを覚えています。

T夫くんはひとしきり小陰唇などを触った後、
膣に指を滑り込ませようとしてきました。

「いやっ、中はだめっ!」

その頃既にわたしはオナニーすることを
覚えていましたが、ソフトタッチのみ

自分ですら膣内に
指や物を入れたことはありませんでした。

一通りわたしのあそこに触り、
満足したような中にも、
いまだ緊張した表情を浮かべているT夫くん。

「今度はわたしの番ね」

わたしの横に立ち尽くしたままの
T夫くんのジャージと短パン、パンツを下ろしました。

パンツの前の部分が濡れ、
短パンにも染みができている程でした。

決して大きいとは言えない
大きさながらも硬く勃起し、
精一杯上を向いているけなげな感じがしました。

亀頭のほとんどがチン皮に包まれていて、
きれいなピンク色の
先っちょが顔を覗かせていました。

陰毛もチョビチョビといった感じで、
わたしのほうがずうっと
立派な生え方でした。

今考えてみると、
このとき見たT夫くんのおちんちんは、
まだまだ成長途中のよう

「さわってもいいよね?」

おちんちんの先からはぬるぬるとした液が出ていて、
かなり濡れていました。

わたしは彼のおちんちんを3本の指ではさみ、
その手をゆっくり動かし手コキしました

体をよじり足を突っ張らせ

「んふっ、はぁん」

などと言葉にならない声を出すT夫くん。

しばらくはチン皮を
引っ張ってピンク色の亀頭を露出させたり、
しわしわの袋の上から睾丸を触ったりしていましたが、
おちんちんを目の前にして、
わたしの好奇心も最大に膨らんでいくのがわかりました。

「そうだ、射精するところも見てみたい!」

「精子ってどんなだろう?」

この時わたしは保健体育の授業で習ったことを思い出し
さらに手の動きを早め手コキしたんです

T夫くんは拒否するかと思いましたが、
不思議なことに拒否しませんでした。

もしかしたら快感で腰が抜けたような
状態だったのかも知れません。

おちんちんの先から出てくる透明な液が、
床に糸をひくようにたれていきました。

「おしっこ出ちゃいそうだよ.」

T夫くんは、
悶絶して情けなさそうな声で言いました。

なんだかT夫くんを虐めている気分で
私も興奮してきたんです

今考えると私はサドでT夫くんはM男だったのかも

T夫くんは、腰を引き、
逃げ出すようなしぐさをしましたが、
わたしは手の動きを止めず、
さらに指先に力を入れました。

「おしっこ出そうだから、一度やめて!」

いつもとは違う強い口調で言ってきましたが
それでも手を止めず無理矢理手コキしたんです

「おしっこ出ちゃう
ここじゃまずいよぉ。一度やめてよぉ!」

T夫くんは泣きそうな声で懇願してきますが、
その惨めなT夫くんの顔に私はゾワゾワってして
もっともっと虐めたくなちゃって

「おしっこ漏らしちゃっても大丈夫だよ。
拭けばいいよ」

わたしはこのとき、
自分でも信じられないような言葉を口にしていました。

手にしたT夫くんのおちんちんが
ピクンとして、より一層硬さと
太さを増したように感じた次の瞬間

ピンク色の亀頭の先から、
クリーム色に近い色の精液が周期的に飛び出してきました。

音なんか聞こえるはずはありませんが、

「ビィー、ビィーー」

という音がしていそうでした。

噴き出しは勢いがだんだん弱くなりながら、
5〜6回くらい続いたと思います。

初めて見た射精の瞬間

と同時にわたしの好奇心も充足されました。

T夫くんは

「あっ~」

と言いながらヘナヘナとその場に座り込んでしまいました。

「気持ちよかった?」

と聞きましたが

「ううん、ふふん」

と鼻に掛かったような声で答えるだけでした。

実はT夫くん、
射精を経験したのはこれが初めてとのことでした。

もちろん夢精の経験もなく
精液が出る感覚がわからず、
おしっこが出るものと勘違いしたそうです

その後も中学校を卒業するまで
T夫くんとのHな関係が続きましたが、

T夫くんのおちんちんを
わたしの中へ迎え入れることはありませんでした。

こんなエッチな関係を持った以上、
わたしはT夫くんとのセックスを期待していましたが、
T夫くんには、わたしに対する恋愛感情のようなものは生まれず、
性的な欲求を満たしてくれる友達と考えていたようです

高校は違う学校へ進学したこともあり、
関係はまったくなくなってしまいましたが、
今でもときどきT夫くんとのことを思い出して
オナニーしています。

もっといっぱいT夫くんの事を
性的虐待して、
虐めてあげればよかったなーと思う
サドな私です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。