【初レズSEX】お泊り会で、同性の友達のクリトリスを虐めるように舐めてガチアクメ【バイセクシャル】

彼氏持ちなのに
勢いで女同士のレズエッチをしちゃったんです

両親が旅行でいない日

同性の友達を自宅に呼んで
お泊り会をしたんです

その友達は、
家に何度か泊まりにきた事がある友達で

でも、一度もお互いHな
気分になった事はなかったんです

だいたい夜中まで彼氏の話や
テレビで盛り上がってましたが

その日はなぜかいつもと違ってました。

そろそろ寝よっか~って言って、
友達と私はいつものように
同じベットに入りました。

電気を消して
もう少し話をしていると
どんどんエッチな話に

友達はいつのまにか私の手を握ってて、
最初はいやだったのですが、
不思議となんか変な気持ちになって

恥ずかしいやら緊張するやら

友達も私の方を向いて、
なにやらたくらみのある目をしていました。

お互い彼氏がいるから、
レズビアンでもないし
エッチな行動は起こさないだろうと思っていましたが、
心臓はどきどきしています。

その時友達が
私のドキドキに気付いたのか

私のおっぱいを触ってきて、

「女同士なのになんでドキドキしてるの?」

と聞いてきました。

「もしかして
いやらしい事考えてるんじゃないの」

どんどん友達の追及が
エスカレートしてきます。

「レズって気持ちいいと思う?」

「エッチしてみようか?」

私はどう答えていいかわからず、
恥ずかしくなりましたが

突然、友達が私の胸をわしずかみして、
揉んできたのです。

思わず

「あっ」

ってHな声がでてしまい、
友達は

「女同士でも感じるんだ」

暗くしてても、
意地悪そうな表情がはっきりとわかりました。

そのまま流れで友達は彼氏にされていることを、
教えてくれるように、
やさしく下から持ち上げるように胸を揉みながら、

「彼氏はこんなふうに
やさしく触ってくるの」

私はいつのまに体中の力が
抜け喘ぎ声が出ていました。

それを聞いて友達はさらに全身愛撫

そして友達の唇が
私の首筋を舐めてきました。

私はあの下の熱さというか
ぬくもりでより快感を感じるのですが、
はっきり言って彼氏よりうまいくて、
すごくいやらしい愛撫

そして友達の唇が近づいてきて
軽くキス。

友達の舌はまず唇を舐めてきて、
私が舌を出すとそのまま舌をからめてきました。

もう私の体は止まることを忘れ、
私も友達の胸
そしておまんこを触っていました。

しかし負けじと友達も
私のパンティーの中に手を入れ、

愛液でグチョグチョのアソコと
クリトリスを指先で触ってきました。

「ああっ。そこは弱いの」

どんどん私は頭がボーっとしてきています。

「これ以上されるとイっちゃうよ」

触り方も女同士のためか、
どう触ると感じるかわかっているようで、
彼氏から触られるよりも数倍やさしく

そして気持ちよく、
もう私は絶頂を迎えそうになっていましたが、
友達はすぐにクリトリスを触っている手を止めました。

「私より先にイっちゃだめだからね」

と言いながら、いったんアソコから指を離し、
また連続キス

友達の舌は休むことをしりません。

どんどんと首筋を下がっていき、私の胸へ

舌の温もりが私の乳首に達し、
ときに激しく吸ったかと思えば、
ゆっくりゆっくり舐めまわしています。

「もうイきそう」

思わず絶叫し、レズエッチで
アクメに達してしまったんです

まだ最後までしてないのに、
胸を舐められながらイってしまったのは、
今まで生きてきたなかで、
あとにも先にもこのレズ体験だけ

ある小説の描写で、
男の手より女のやわらかい手で
触られたほうがより女性は感じやすい、
ということが書いてありましたが、
まさにそのとおり

とにかく男ほど荒っぽくなく、
やさしく、レズって思っていたより感じる。

もう男なんて、って思うくらいです。

今度は立場を逆にして、
私が攻める番

私が友達に覆い被さり、
友達にされたことと同じように、
キスして首筋

そして胸へ舌をはわせていきました。

そしてアソコへ

パンツの上から、
アソコの形を確認するかのように、
中心部を軽く撫でながら、周辺部も撫でていきました。

友達も始めは笑ってたけど、
だんだん目をつぶって何も言わなくなりました。

感じてきたかな

と思った私は爪を立て、
やさしくパンツの上からスジをなぞったり
クリトリスの先を指でつっつきました。

友達が目を閉じて
せつなそうに顔をしているのを見て、
私も少しいじめてやろうと思い、
パンティーの間から指を突っ込んで
グチュグチュのアソコを触ってみました。

友達が目を閉じたまま

「うますぎるよ
すごく気持ちいいよ」

って言われて、

「もっと気持ちなるよ」

って答えました。

すると友達はとても小さい声で、

「おまんこを舐めて」

と言ってきました。

私もいじめてやろうと思っていたので、
迷わずパンティーを脱がし、
まずクリトリスだけを吸っていきました。

「あっあっ気持ちいいよ」

友達もだんだんその気になってきたのか
アソコもかなり濡れてきています。

それでも私は吸い続けました。

「んッ」

「我慢しなくて声を出してもいいんだよ」

まだ少し我慢してるようだったので、
一言いうと、一気に喘ぎ声が大きくなりました。

もうだいぶ恥じらいもなくなってきて、
自分から足を開いてきます。

私は指をアソコに入れるのではなく
まず濡れてる周辺をもう一度じわじわと触り、
友達の反応を確かめてからゆっくり
中指を入れていきました。

ここからは彼氏にされていることを
そのまま実行しました。

指がある程度入ると
ゆっくりかきまぜるように動かします。

とにかくゆっくりゆっくりじらすように

その時はすでに友達は体を反り返らせ、
シーツをつかんでいます。

もう何を言っているのか
わからなかったので無視して、
指を動かし続けました。

かなり濡れてきたので指の先を
ちょっとだけ曲げてGスポットに
あたるように小さくこきざみに動かします。

なぜか私も彼氏にされていることを
思い出して濡れてきました。

どんどん指の動きを早くしていきます。

すると友達の喘ぎ声も指の動きにあわせるように
早くなってきます。

友達は

「もうだめ、もうだめ」

って何回も叫んでいます。

「大きな声でイクって言ってごらん」

私はすでにサド化してしまっていて
とにかくいじめて調教してやるって
アブノーマルな事ばかり考えています。

「イク~イク~っ」

いつもおとなしい友達から
想像もできないくらいの喘ぎ声で、
友達はアクメに達しました

女の子と、それも仲のいい友達と
こんなHな事をして、
かなりドキドキ

その後ちょっとして
感想をお互い話しました。

女同士で罪悪感を感じてちょっと興奮した

って言ってました。

あれ以来、友達としての関係は続いています。

あの日のことは普段は
ほとんど話しません。

ただ泊まりに行った時は、
一緒にお風呂入り、同じベットで寝ていますが、
お互い求めることもありません。

今は受験生なので、
お互い愛し合うのも来年の春以降になりそうです。

とりあえずお互い彼氏と定期的にエッチしてます。

私は彼もいいけど、
女同士のレズ・百合SEXのほうが
いいと思っています。

自分がレズの世界へどんどん入り
込んでいるようで最近は怖い

バイセクシャルになるのかな?

受験終わったら、いっぱい女同士のレズSEXを
するつもりです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。