【レズスカ】アナルパールを挿入したら、臭いオナラとウンコも漏れてきた【食糞】

私はバイセクシャルなのかもしれません

現在、都内でOLをしています

私が、同性の友達と恋仲になったのは
中学生の時です

クラスメイトの結衣ちゃんの
事が大好きで

部活が終わると、一緒に海岸へ行き、
女同士で手を繋ぎデートしていました

そして、中学2年の夏

夕焼けの見える海岸で初めて
女同士でファーストキス

結衣ちゃんは照れていましたが、
私が強引にリードしてキス

舌を絡めることもなく
サラッとしたキスでしたが、
最高のキスでした。

中学3年生になると
結衣ちゃんの家で勉強中に私から強引にキス

服の上から胸を触るのくらいは
大丈夫でしたが、下半身に手をやると

「だ、だめ由紀ちゃん、
女同士って変じゃん。コワイよ」

と拒絶されてから、
怖くてそれ以上進むことができなくなりました。

多感な15歳の甘酸っぱいレズな思い出

二人とも地元の高校に行き、
大学は別々で親交もなくなっていたところで
去年の夏に中学の同窓会の案内がありました。

「結衣ちゃんに久々に会いたい!」

と出席

もう中学卒業から
11年の月日が経っていました。

その間、私は男性とも付き合ったりしましたが
独身で

結衣ちゃんは結婚していて、
姓も変わっていました

人妻になった結衣ちゃんに
嫉妬してしまいました

少し大人びて、
さらにかわいらしい結衣ちゃん。

ちょうど女優のミムラさんに
雰囲気が似ていて、
色白で胸とかお尻は大きい感じ。

私のタイプなんですよね

色白でオッパイの大きい女の子

人妻になった結衣ちゃんのカラダ

同性の私でも興奮

11年前の恋心が、
うずき出しました。

新婚でラブラブかと思いきや、
大学時代からずっと付き合っていた彼氏と
結婚したそうで、
すでに冷めているみたいなことを言っていました。

結衣ちゃんは久々の地元でしたが、
無理言って隣町の私のマンションに
同窓会の帰りに泊まりで
遊びに来てもらうことに成功

結衣ちゃんの旦那さんにはメールで
友達の家に泊まるとメールしてもらいました。

同窓会で飲み、
みんなで軽くカラオケに行ってから解散

私と結衣ちゃんの二人は
タクシーで私のマンションまで移動。

紅茶を部屋でいれてあげて、
結衣ちゃんと中学卒業してからの話や

結衣ちゃんの結婚生活の話を
2人掛けのソファで聞いてあげました。

旦那さんのメールとかで、
浮気していそうな怪しいメールがあるとか、
不安要素がいっぱいあるみたいで
いろいろ相談に乗りました。

慰め終わったころ、
また中学の時の話になり、

「わたし、結衣ちゃんのこと
すごく好きだったんだよ」

と告白

「今でも」

「中学の時は結衣ちゃんに
私の想いに応えてもらえなかったけど」

「今は・・・旦那の不倫疑惑もあるし
淋しいから応えちゃうかも」

なんとなく結衣ちゃんから、
今日は誰でもいいから抱いてほしい

という寂しい雰囲気が伝わってきて

チャンス!

今日しかない!

と思いました。

「ホントに?
結衣ちゃんのこと好きだからしちゃうよ?」

ここで私は結衣ちゃんにキス

舌をしっかり絡めて、中学時代、
あの当時できなかった大人のキスを

当時は舌を入れることは
結衣ちゃんに拒否されていたので
余計うれしくて

女同士でお互いの舌を
音が出るほど激しく求め合いベロチュー

私は頬をすぼめて口の中の唾液を
じゅるるっ〜とたっぷり集め、

「結衣ちゃん、飲んで。」

「う、うん」

「行くよ、唾全部飲んでね」

結衣ちゃんの
やわらかいぷっくりした唇へ
ゆっくり唾を流し込み、
私は大満足

わたしのきたない唾液が糸を引き、
玉のようになってゆっくりダラ〜リと垂れて
最後は重みに耐えられなくなった唾液のかたまりが、

ボトッ ボトッ

と2つ、結衣ちゃんの口の中へ
めがけて落ちていきました。

大量だったため結衣ちゃんは

「ごほっごほっ」

とむせていましたが、
最終的には結衣ちゃんは
私のきたない大量の唾液をゴクンッと
全部飲み干してくれました。

結衣ちゃんのぷっくりした唇に
私の唾液がはみ出していたので、
キスで舐めてあげて

あぁ、私のきたない口の中の
唾液を結衣ちゃんは全部飲んでくれた

うれしい。

結衣ちゃんのカラダの中に、
私の体液がはじめて入った

なんかカラダを一つにした感じ

中学の時よりも大きく成長した
憧れの結衣ちゃんの胸に手をやると、
やわらかさが手いっぱいに伝わってきました。

結衣ちゃんは黄緑色の
タンクトップの上に白い服を着ていて

白い服を少しよけると
ボリュームある大きな胸(タンクトップは
まだ着たままの大きな胸)が目に飛び込んできました。

結衣ちゃんがこう言いました。

「あのときは多感な14,15歳の時で
若かったから過ち、と言われても
仕方ないけど、私たちもう
26歳の大人で社会人でしょ
社外人になったのに
なのにこんなこと
女同士でこんなこと
私・・・恥ずかしいよ
変な気分になってきちゃった。
お酒飲んでるのもあるかも知れないけど
私こんなに簡単に脱いじゃって」

「結衣ちゃんを想う気持ちに変わりはないから。
結衣ちゃんは仕事もがんばってるし、
結婚して家事も頑張ってるし、
すごくストレスが溜まってるんだよ。
私は結婚してないし、
まだ余裕があるんだと思う
私が結衣ちゃんを慰めてあげるよ
カラダで慰めてあげる」

「私、女同士で
こういうこと初めて」

「大丈夫。結衣ちゃん
私に任せて」

結衣ちゃんの白い服を脱がして
ソファの下へポンッと投げる

結衣ちゃんの腕を
持ち上げるときれいなワキが

今日、タンクトップを
着てきただけあってワキの処理は完璧な感じ。

二人ともお風呂にまだ入ってないので、
洗われちゃう前に
結衣ちゃんのニオイが知りたいと思い、
結衣ちゃんの左腕を上に引っ張り上げ、
私はそのまま結衣ちゃんの
左ワキに吸い付きレズなHをしたんです

「お風呂入ってないから汗くさいよっ、
やめて」

と結衣ちゃんは言いましたが、

「結衣ちゃんの汗のニオイ
結衣ちゃんのなら舐めれるよ」

私はかまわず結衣ちゃんの
ニオイを楽しむかのようにワキの汗を
激しく音を立てながら舐め始めました。

鼻にツーンッとくる汗くささで、
舐めると塩っぽいような酸っぱい味が
私の舌全体に広がりました。

11年前の憧れの結衣ちゃんの
汗のニオイ、味なんだ・・・と興奮

黄緑色のタンクトップを
胸の上まで捲くり上げると、
胸が大きいから胸の上側のほうの肉に
タンクトップのすそをトンッ、
と乗せかけて(胸が大きくないとできないですよね)、
ブラのホックをゆっくり外して
ソファの下にポンッ、と投げる

投げたときにソファが
一回大きく揺れたんですが、それに合わせて
結衣ちゃんのボリュームたっぷりのオッパイがブルンッ、と
大きく上下に揺れました。

そうすると私の前には、
jc時代に憧れていた結衣ちゃんの色白の
大きなオッパイが

結婚はしているけれども
子供は産んでいないので、
乳首とか乳輪はきれいなピンク色。

感触はすごくやわらかく、
両方の胸を掴むと「プニョプニョッ」としていて
揉み心地は最高のマシュマロおっぱい

「結衣ちゃん、ほんとにきれいな
大きいオッパイしてるよ

はぁ、憧れだったオッパイ

私はオッパイ小さい

私は残念ながらBカップしかないんです

からうらやましい

すごくやわらかい

11年越しの恋が実ったよ」

とうれしくて両手で揉みまくっちゃって、

やわらかさを楽しんで味わった
(私は胸が小さいので自分では味わえない感触)後、
私は結衣ちゃんのきれいな乳首を舌で激しく攻め立て、

「結衣ちゃんの乳首、
形がはっきりしてて大きめなんだね。
もう乳首立ってきちゃってるじゃん。
ピンク乳首
たくさんの男に触られてきたんでしょ
わたし嫉妬しちゃう
今は旦那さんのモノだもんね」

「いやっ、恥ずかしいよ
男の人に触られるより恥ずかしい」

結衣ちゃんも徐々に

「あっんふぅっあんっ」

とおなかの辺りを
ビクッ、ビクンッとさせながら
乳首攻めに感じてきていました。
「ねぇ、由紀ちゃん・・・恥ずかしい・・・ここ、少し明るすぎない・・・?」
と結衣ちゃんが言うので
私のベットのある部屋の窓際へ二人で歩いて移動。

明かりは点いていない。

その代わり窓から入る月明かりが明るく、ソファの
あるさっきの部屋より暗いけど、
それでもしっかり結衣ちゃんのカラダは堪能できそう・・・。

ベットで結衣ちゃんの穿いていたジーパンを脱がせる時に、
結衣ちゃんを四つん這いの格好にさせる・・・。

「スタイルイイねー。
お尻もすごいイイ形してるよ結衣ちゃん
ジーパン脱がすよ」

「由紀ちゃん、こんなカッコ、
恥ずかしい・・・。見えちゃう」

「結衣ちゃんの大きいオシリが丸見えだね
きれいなオシリ」

我慢できなくなった私は結衣ちゃんの
白のパンティーをはいたままの
お尻にガバッと顔をうずめました。

結衣ちゃんのパンティーに
鼻を押し付けて「ふすぅ〜」っとわざと
音を出しながら深呼吸する私・・・。

「すぅ、はぁ、すごい結衣ちゃんのニオイ
こんな近くで中学のとき
憧れだった結衣ちゃんのパンツの
お尻の穴のニオイ・・・するよ。」

「あぁっ!!そんなとこイヤッ
由紀ちゃん変態みたいなことやめてぇ
ニオイ嗅がないでぇ
由紀ちゃんの変態っ!
!変態じゃん!!サイテー
私そんなつもりで同窓会に来たんじゃ
ストーカーみたいな変態なこと
お尻の穴なんて恥ずかしい
ホント恥ずかしい
ニオイ嗅がれちゃって・・・だめぇ」

「そうだよね
結衣ちゃんもまさか同窓会で私にこんなこと
お尻の穴のニオイまで
嗅がれちゃうなんて思ってもみなかったよね・」

結衣ちゃんのお尻の中央
(もちろん肛門狙い)に鼻をうずめてちょっと
ウンコのニオイがしないか期待して思いっきりニオイを
嗅いじゃったりなんかして(笑)。

グイッと白のパンティーを脱がすと
暗い中にも結衣ちゃんのお尻のシルエット

私は興奮して結衣ちゃんの
大きなお尻のワレメの奥にガバッと顔をうずめました。

左右のお尻のやわらかい
お肉を両手で分けて奥まで堪能・

「由紀ちゃん、やめてぇっ」

結衣ちゃんは夏だし汗をかいていたみたいで、
お尻の左右のお肉がじっとり汗に濡れていました。

「結衣ちゃん、
お尻の穴で感じてきてるじゃん!!」

「そ、そんなことないよ あん」

私は結衣ちゃんのお尻に
顔をうずめているので、
私の両頬が結衣ちゃんのお尻のお肉に
挟まれる

そして結衣ちゃんのお尻の汗が
私の両頬にピタピタッとくっつく

そして暗いながらも昔から念願だった
結衣ちゃんのお尻の中央のくぼみ

私の念願だった結衣ちゃんの穴(肛門)に
舌が到達し、きれいな結衣ちゃんの肛門を
私は指で左右に引っ張り、
拡がったアナルに激しく舌を入れる

「由紀ちゃん、やだっ!
そんな・・・そんなとこ、き、きたないよ
やめてっ恥ずかしい」

「結衣ちゃんのなら、きたなくない
結衣ちゃんの肛門なら、私、舌で舐められるよ
ほらっ、こんな奥までっ。
ああ、好きっ・・・結衣ちゃん大好き」

正直、少し結衣ちゃんの
大便のニオイがプ〜ンとしたけれども、
結衣ちゃんのことが中学の時から好きだったので
逆にウンチの匂いに興奮してしまうくらいで、
かまわずアナル舐めしてプチスカトロ

結衣ちゃんの大便なら
食べて、食糞も出来て
きれいにしちゃうぞくらいの意気込み

結衣ちゃんの肛門に私は指を奥まで入れて

「結衣ちゃんのお尻の穴の中、
あったかい・・・。お尻ですごく締め付けてくる」

すると私の指が締め付けられてヌル、
ヌルッと押しもどされて出口まで押し戻されました。

指が出てくると同時に
モワ〜と結衣ちゃんの大便のニオイが

「結衣ちゃんがウンコする時、
こうやってリキんでウンコ出すんだね
すごい力で私の指が押し戻されちゃったもん。
結衣ちゃん太っといウンコしそうだもんね!
私の指くさくなっちゃった」

「ごっ、ごめんね
そんなこと言わないでぇ
は、恥ずかしい・
由紀ちゃんにニオイとか
知られちゃうの恥ずかしい
ウンチくさいでしょ・・・。」

結衣ちゃんの普段、トイレ(大)をしてる
時の締め付け具合を想像しちゃいました

私は自分の指で結衣ちゃんの
締め付け具合を味わっちゃって興奮

まるで結衣ちゃんのウンコを
掻き出すようにピストンを繰り返す

結衣ちゃんは

「ああんっ!!あんっ」

と低音で本気で感じる女の声になっていました。

と同時にお尻が緩んだのか

ブッブブッ

と中学時代憧れだった
結衣ちゃんのおならが

「結衣ちゃん、女同士だからって
おならスッゴクくさい。音も下品な音」

「・・・ご、ごめん」

と消え入りそうなくらい
恥ずかしそうな結衣ちゃんの声

そのウンチ臭い指を舐めると
私の口にかけらみたいのが入ってきましたが

「あぁ、結衣ちゃん、掻き出しちゃってイイ?
すごーい、ほら、ウンコ出てきたよ
私の口の中に入っちゃった
このウンコのニオイ・・・興奮しちゃう
結衣ちゃん、こういうニオイのウンコするんだぁ
ニガイ・・・結衣ちゃんのクッサイウンコ
ちょっと食べちゃった」

食糞して、口に苦味が広がりましたが
そのまま舌で転がしながら味わって食べてしまいました。

「いっ、いやぁっ、由紀ちゃん、
恥ずかしい・・・。ウンコなんてきたない
恥ずかしいよ」

お尻を舐めていてちょうど
肛門に私の舌をすぼめて硬くし、穴の中に押し込むと
結衣ちゃんは

「ああっ!!・・・ああんっ」

とあえぎ声のトーンが下がり、
本当に気持ち良さそうなあえぎ声をあげました。

「ウンコ、恥ずかしいとか言いながら、
結衣ちゃん肛門舐められて結局、感じてるじゃん。
不倫で肛門で感じちゃうなんて結衣ちゃん変態
ウンコ友達に食べられて
感じちゃってるんじゃないの?
お尻だけでイッちゃう?」

月明かりでも呼吸に合わせて
結衣ちゃんの肛門がヒクヒク動くところや、
肛門のシワまでハッキリと見ることができました。

中学から憧れていた結衣ちゃんの大便のリ
アルなニオイまでしっかり堪能して
レズなスカトロプレイに興奮する変態な私

こんなかわいい結衣ちゃんも
旦那とセックスしてると思うと嫉妬

旦那さんに負けたくない
結衣ちゃんをイカせてあげたい。

旦那さんから結衣ちゃんを寝取って奪いたい
カラダで慰めてあげたい

私のベットはローファーベットで
下に引き出しが付いているタイプ。

その引き出しの奥から秘密道具、
ローター、ローション、
そして太めのアナルパール

はじめは結衣ちゃんに怖がられないように、
ローターを出してクリトリスを愛撫・

「す・・・すごい・・・あ・

ここで止めて焦らす私

「結衣ちゃん、イキたい?
ローターはすごい効いてるみたいだね(笑)。
まだイカせてあげない・・・。」

「由紀ちゃんのいじわる
し・・・して・・・つづき・・・お願いイキたいの」

「これを入れないとイカせてあげないよっ」

と太めのアナルパールを見せる

「これ、何?どうするの?」

「これお尻に入れるんだよ・・・結衣ちゃんの。」

「えっ、こんな太いの?」

「うん。」

「いや、お尻壊れちゃうよっ。
こんな大きなの入れたら」

大丈夫。私も入れても壊れてないから、
と心の中で私はつぶやく

アナルパールに私は唾液を
たっぷり付けて結衣ちゃんの肛門に挿入

「あっ、すごいの入ってきた」

「結衣ちゃんのお尻の穴すごーい
こんな太いの入るじゃん・・・感じてるの??」

「いやぁ、そんなこと聞かないでぇ」

「じゃあ、お尻のほうから
結衣ちゃんの膣の方向にチカラ入れていくからね・・・
きっと感じるよ!」

「ああっ、だめっ
イっちゃう!ああん、あんっ・」

結衣ちゃんのお尻の穴からは、

ブッ!!ッブブブッ!

っとまたはしたないオナラの男が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。