【筆下ろし】巨乳で可愛い叔母にマッサージしてたら、勃起してしまった童貞な甥

俺の操を奪ってくれたのは
親戚の叔母さん

俺が高校生の時、
34歳になる叔母に筆下ろしされたんです

叔母のあきさんは
俺の父親の弟の奥さんで
結婚5年目の子無し夫婦

俺の家から叔母夫婦の家は
車で10分ほどの所に住んでいたのだが、
叔父さんは地元で一番大きいメーカーの社員で、
海外出張が多かった。

 実は俺の母親と叔母は、
同じ高校の出身

テニス部の先輩後輩の中。

同じ時期に在校していたわけではないが、
OBと現役のつながりが強い部活だったので、
結婚前から面識はあったようだ。

 父親がたまった有給を
無理やり取らされることになり、
10日間ヨーロッパに母親と旅行に行くことになった。

同じタイミングで
叔父さんの出張も重なった。

母親は叔母に

「浩次(俺)ご飯とか全然作れないんで、
面倒みてくれない?」

とか勝手に頼みやがった。
叔父さんも中国から電話で、

「家(田舎なので叔父さんも一軒家)に
一人で居るのも無用心だし、
兄ちゃんとこ置いてくれたら安心だ」

なんて言い出した。

 生まれたときからずっと
近所に住んでいる叔父さんと、
俺が小学校2年のときに
嫁に来た叔母にとって、身長170代後半、
中学校から水泳部でバカみたいに泳いで、
身体だけは大人になった俺も、
小さいころの「こうじくん」と一緒なんだろう。

しかし高1の男子の考えることなど、
ただ一つしかない

そう、エロい事だけだ!

おまけに叔母は、童顔のくせに巨乳

小柄だが子供を生んでいないので
スタイル抜群でグラマー熟女

口元のほくろもエロさを倍増させている、
といった、「オカズ」になるために
生まれてきたような人だ。

実は小学校高学年のころから既に、
叔母はおれのオナネタの一番手だった。

頻繁に顔を合わせる上に、
いつまでたっても昔のように

「こうじくんこうじくん」

とやたら触ってくるので、
その度に俺は妄想を膨らませ、一発抜いては、

「あんな無邪気な
あき叔母さんでセンズリするなんて」

という激しい自己嫌悪に陥っていた。

というわけで、
両親が旅行に出るときには、

「適当にコンビニとかホカ弁食うし、
あきさんもわざわざうちまで来るのは大変だ。
大体母さんは後輩だからって気軽に頼みすぎだろ」

と厳しく言いつけ、
友人からエロビデオを借りる算段をしていた。

彼女を家に呼ぼうとも思ったが、

「今日両親居ないんだー」

という時の自分の間抜け面を
想像すると落ち込んだのでやめておいた。

 月曜日の夕方

部活の帰り道にコンビニ弁当を買って家に帰ると、
叔母が来て食事の用意をしていた。

 「なんで? 
俺、おふくろにも大丈夫って言ったのに」

 エプロンをつけた叔母は、

「駄目だって。こずえさん(母だ)も、
「大丈夫らしいからいいよ」って言ってたけど、
育ち盛りがコンビニとかホカ弁食べちゃ良くないよ」

と笑いながら、先にお風呂は入るのかな?
一応お湯はいってるんだけど、
と勝って知ったる我が家でパタパタと家事を進めている。

 俺はこっそりコンビニ弁当を部屋に持ってあがり、
次々に浮かぶ妄想を必死で振り払った。

とにかく先に風呂に入り抜いてしまおうと思ったが、
家に叔母がいると思うと落ち着いて
センズリも出来ない。

結局もやもやとしたまま風呂を終え、
食卓に向った。

 飯はおいしかった。

俺の高校は、母親とあきさんの母校なので、
先生の話やら何やらで会話は弾んだ。

俺も邪悪な心を隠し、

「甥っ子のこうじくん」

の仮面がはがれないように
必死に無邪気に話した。

いつもはしない後片付けも手伝い、
リビングでテレビを見ていた。

ふと見ると、部屋の隅にバッグがある。

お茶を持ってきた叔母に、

「今日は帰るよね?車で来たんでしょ?」

と聞くと、

「え?今日は泊まるよ。
さっきビールのんじゃったし」

ととんでもないことを言い出す。

「あ、そうなんだ。ふーん
じゃあ朝ごはんも食べれるじゃん」

と何でもない振りをしてテレビを見たが、

「まじか じゃあ風呂も入るじゃん
いやいや俺何考えてるんだ」

とエロ妄想を必死に隠し
可愛い甥っ子のこうじくんを演じ
叔母とアルマゲドンを始めた。

そんな俺にまったく気づかず、

「最近肩とか腰とか凝るんだよねー。年だなあ」

とか言い出すあきさん。

ゆったりめのセーターと
ジーパンなのにエロい、
エロすぎる。

 「俺部活で先輩の
マッサージ死ぬほどやらされてるけど、
今度叔父さんにやり方教えとくよ」

と中途半端な台詞を言う俺。

 「えー。今やってよー」

そりゃそういうよな。

正座して、小さな背中を
向けた叔母の肩を、
小さなころ教わったお経を心の中で唱えながら、
凝ってるねーとかなんとか言いながら揉み始めた。

 俺のマッサージははっきり言って上手い。

噂を聞いた女子の先輩からも、

「揉んでくれ」

とリクエストが飛ぶほど

そこで本当に揉むわけにはいかないが。
 
2,3回肩の辺りを触り、
ばっちり凝りの部分を発見した俺は、
そこを重点的に絶妙な力加減で揉みほぐした。

 ツボにばいると、
びくっとするあきさん。恐ろしいことに、

「ああ、、凄く気持ちいい」

と溜め息交じりでエロい声をもらす始末

当然俺はマッサージしながら
目も当てられないくらいビンビンになっている。

いかん、これはいかん。

 そのまま首筋をほぐすと、

「あ、、そこもいい
こうじくん本当に上手~はあ」

と声もかすれ始めた。もう限界だ。

 俺は思い切って、

「背中もこってるんじゃない?
嫌だったら勿論いいけど、
横になってくれたらそっちも出来るよ」

と自分でもわかるくらい
上ずった声で言ってみた。

「嫌だったら」

の部分で俺の邪悪な
妄想がばれてしまったのでは、
とびびったが、叔母は、

「ありがとー、お願いするねー」

とそのままうつぶせになる。

無防備過ぎる叔母だ

目が充血してきた俺は、
叔母の太ももの辺りに馬乗りになって、
背中から腰を揉み始めた。

ビンビンになったことがわからないように、
少し腰を浮かすキツい姿勢にはなったが仕方がない。

腰を少し強めに押すと、

「あ~ん そんなとこマッサージされるの始めて
すっごくいい・・きもちい」

とかすれた声を上げる叔母

無理だ、もう限界だ

「あっあっあんまりやると揉み返しがきついから、
このくらいにしとくよ」

と俺が言うと、そのまま仰向けになって、

「ありがとー力強いよねー」

と俺の二の腕を触る。

ぶちっと切れ俺はそのまま覆いかぶさった。

「ちょ こうじくん?なに?」

「あぅあぅあっきさ~ん」

テンパってキスをしようとする俺。

「こらこらこら、、んっ」

とあせって逃げようとする叔母だが、
キスをするとそのまま動きを止め、
なぜかされるがままになっている。

もう止まらなくなった俺は、
そのまま叔母の豊満な巨乳を
とにかく揉み始めた。

何をどうしていいのかわからないが、
とにかくセーターを脱がせようと
下から捲り上げようとすると、

「こら だめ やめなさい」

と下からビンタされた。

その瞬間正気に戻った俺は、
あきさんから離れ、

「ごっごめん ごめん
ごめんなさい!」

と言い、2階の自分の部屋に戻った。

 布団にくるまり、

「やばいやばい どうしよう、人生終わった
親にバレたら自殺するしかない」

と本気で大パニックになりつつ、
さっき揉んだ巨乳の感触を思い出して
またビンビンになったり、
分けがわからなくなっていた。

するとノックの音がして、
こうじくん?と叔母の声が

「あっあっはいぃ~」

「入ってもいい?」

俺はあせったが、

あ どうぞ いや 

と言っているうちに
あきさんは部屋に入ってきた。

ベッドに座りなおし、
情けない顔をする俺の横に座ったあきさんは、

「ごめんね
私も考えなしだったよね
もう気にしてないから」

俺はひたすらごめんなさいごめんなさいといい続けると、
叔母は、もう謝らないで、と笑っている。

「それに、ちょっと嬉しかったな。
こうじくんみたいに可愛い彼女がいる
高校生に私みたいなオバサンが迫られるなんて」

「かっ可愛いって
あきさんのほうがいいですよ」

とバカなことを言う俺。

もー、と笑って俺を叩くあきさん。

調子にのった俺は、
本当ですよ!!と目を見て言うと、

「こうじくん、もう大人なんだねー」

と目をそらさずに言う。

「大人 っていうか、
やばいくらいエロいこと考えちゃうな
ごめんねあきさん」

ううん

と言うと叔母は、

そっかー、私でもそんな相手になるなんてねー

と心なしか嬉しそうにさえ見える。

いかん、調子にのってはいかん、
と思いつつも、

「なるよ!嫌だったらごめんだけど
今も必死で我慢してるんだから」

と告白してしまうと、

「うーーん どうしよう」

となぜか悩むあきさん。

だめかな?

そりゃだめだよね、ごめんごめん

といまいち押し切れない俺。

するとあきさんは、

「秘密に出来る?
絶対に誰にも言わない?」

まじか

っていうかあきさん人妻だぞ

っていうか叔母さんだし。

血はつながってないけど
近親相姦になるんじゃないのか

俺はぶんぶん首を立てに振った。

するとあきさんは急に立ち上がって、

「だめでしょ!!
もうこの話は終わり!全部内緒だからね
お風呂頂いてもう寝ちゃうから。
こうじくんも明日学校でしょ、もう寝なさい!!」

と笑いながら部屋を出て行った。

 なんだよ!

俺は一瞬むかついたが、
良く考えたらそりゃ当然だ。

とにかく一発抜いて寝たらいいわけだ、
トランクスとTシャツになって電気を消した。

突然だが俺のオナニーはじっくり時間をかける。

今日のように抜群の
オカズに恵まれた日は特にそうだ。

俺は柔らかかったあきさんの胸の感触と、
上から眺めた時の顔、揉んだ肩の感触

キス、などを思い出し、出そうになっては止め、
冷静になってはしごき、至福の寸止めオナニーを楽しんだ。

 約1時間、何回も寸止めを楽しみ、
そろそろ終わろうかという時

ノックの音が

まさかと思いドアを開けるとなんと
そこにはバスタオルを巻いただけの叔母の姿が

「絶対 絶対内緒にできる?」

俺は当然頷き、あきさんを部屋に入れ、
ベッドになだれこんだ。

キスをしながらバスタオルを取ると、
始めてみる大人の女性のおっぱいが。

触ると柔らかい、想像以上に気持ちいい。

あきさんは、

「このくらい、、いいよね? 
家族みたいなものだし
大体私が悪いんだし」

と独り言を言っている。

俺はもうそれどころじゃないので、
巨乳おっぱいをしゃぶったり、
お腹を舐めたり、何をどうしていいかわからないが、
とにかく触ったり舐めたりしてみた。

「私だけ裸はないよー」

と言いながら、
叔母は俺のTシャツを脱がす。

俺はその流れでトランクスを脱いだ。

ビンビンになった奴が
ビヨーンと飛び出て腹筋に張り付いた。

あきさんは少しびっくりした顔で、

「大きいね」

と言いながら右手で俺のものを握った。

気持ちよさに俺がびくっとすると、
笑いながら、ちょっと大きすぎるよ

こうじくん、とゆっくりしごいた。
ああ

とい俺が声を漏らすと、

面白い

とまた笑う。

「遊ばないでよ」

「ごめんごめん
でも真面目にしたら何か悪いことみたいだし」

悪いことじゃないのかな、
と思ったがそれは言わなかった。

「もう こうじくんとこんなHなことしてるなんて、
どうしよっか?」

俺は多分血走った目で、

どうしようとかって、ひどいよあきさん
俺本当に童貞で初めてなんだし、
俺だってわかんないよ!

 と半泣きになって怒った。

「そうだよね、
ごめんごめん」

といいながら俺のものを握って、
入り口と思われるところにあてがう。

話に聞いたとおりそこは
ちゃんと濡れていた。

ぬぷっと先が入るとあきさんはおれの腰を掴み、

「ゆっくり、、ね?こうじくんの、
その、すごく大きいから」

と俺の目を見て小さな声で言う。

それだけ出そうになったが、
うなずいてゆっくりゆっくり入れていった。

「あぁ~すごい 硬い」

AVみたいな淫語を言う叔母

奥まで入れるともう動けなくなった。

やばい 出る

「あきさん 
俺、でそうなんだけど」

俺の頭を抱えてキスをしたあきさんは、
大丈夫

このままでいいよ

と言ってくれた。

子供が出来にくいという話を
酔っ払った叔父さんが話していたのを思いだして、
俺はお言葉に甘えて一回腰を引き、
またゆっくり奥に突っ込んだ。

だめだ 気持ちいい

想像以上に気持ちいい

俺は、ううと呻くと
そのまま中に大量に膣内射精

 ビクビクしながらの発射が収まると、
俺は腰から力が抜けそうになった。

俺があきさんを上から抱くと、
叔母は俺の背中に手を回して、
少しは落ち着いた?とささやいた。

 結局その晩、俺は3時間で7回発射した。

最後はあきさんも大きな声を出して
俺の名前を呼んでいた。

全部普通の体位だったが、ひたすら腰を振り続けた。

「もう無理 ごめん
こうじくん。。終わり」

とお腹を上下させながらあきさんが
涙目で頼むので、俺は続きを諦め一緒に寝た。

 両親が帰ってくるまで、
あきさんは3回俺の家に泊まり、
その度に10回近く俺はあきさんの中出しSEXした

一緒にお風呂に入ったときは、
綺麗に洗ったあと、ゆっくりしゃぶってくれた。

叔父さんで覚えたのか、独身時代にマスターしたのか、
あきさんの口と舌はめちゃくちゃ気持ちよく、
2,3回咥えられたまま出した。

あきさんは笑ってごっくんし、
ザーメンを飲んでくれた。

 いつも寝るベッドで、
俺の上に乗り腰をふるあきさんを下から
見ながら巨乳を揉んでいると、
これが現実かどうかわからなくなった。

「大きいのって
やっぱり、、気持ちいい」

と笑顔で腰を振るあきさんは、
俺の想像以上にエロかった。

もちろんバックでもやった。

括れた腰を掴んで必死で腰を振ると、
面白いようにあきさんは喘いだ。

その期間中、授業は爆睡、
部活はへろへろでひどいタイムしか出なかった。

 両親と叔父さんが帰ってくると、
叔母は何もなかったように普通に戻った。

今まで通りうちにも良く遊びにくるし、
俺への態度も全然変わっていない。

叔父さんは相変わらずすぐ酔っ払うので、
そのままあきさんと2人で
泊まっていくこともしょっちゅうだ。

でもさすがにその状況では何もできない。

結局俺が大学に入るまで、
二度とあきさんとは出来ず、
こたつの下でこっそり手を
握るくらいがいっぱいいっぱいだった。

 まああの後繰り返してやっていたら、
どっかでばれて大変なことになっていたかもしれない。

でももう一回くらいSEXしたしたかったなあ

と今でも思い出してシコシコとセンズリしています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。