【爆笑恋愛体験】夏休みにプールで、芋臭くてブスな小学生に告白してしまった俺は馬鹿なんだろうね

俺は子供にモテるのかもしれない!

市民プールに行ったら
小学生の彼女が出来た!

人生初の彼女だ!

最初は中学生ぐらいかなー?って
思ってたけど、会話すると
js5年らしい

ちなみに俺は高校生

帰宅部な俺は、夏休みに入ると超暇で
俺の数少ない友達と一緒に
近所の市民プールにいったんだよ

どうせ家でいてもダラダラするだけだし、
なにより水を浴びたかったからな俺は
とまあ400円払っていざプールへ!

ザッバーンっと勢いよく飛び込む友人

それに続いて後から俺も勢いよく飛び込んだ

すると

ピーーッ!

ん?っと思って振り向いたら
監視員のおばさんがこっちにきてるではないか

「ちょっとアンタたち
飛び込みは禁止よ!?でる!?」

きたばかりなので退場は
避けたかった俺と友人は一応謝っておいた

俺&友「サーセン…」

「もうっ!まったくもう!
次やったら出てってもらいますからね」

更年期障害なのか

やたらとヒステリックなババアに謝罪し
俺らはそこから特に目立ったことをするわけでもなく
ただ25m競ったりどれだけ潜ってられるかという
高校生なのに小学生みたいな
水泳バトルしたりして時間を潰してた

まあ結果俺が全勝したわけだが

友「お前泳ぐのはえーなww水泳やってたのか?」

俺「いや?やってないけど?
まあ苦手ではないしね水泳は」

他愛もないことを話したりさらに時は経つ

ちょうど入って一時間ぐらいである
男の子が話しかけてきた

見た目小二ぐらいの糞チビだ

「ねえねえ、お兄ちゃんたち一緒にあそぼ?」

俺は子供が大っ嫌いだ!

だからガキと遊ぶ気なんてさらさらなかった

「いやぁ〜お兄ちゃんたちさぁ~」

って断ろうとしたら

女児が

「遊ぼうよおー!お兄ちゃん!!」

そう、糞チビの同級生と思われる
女児も俺と遊びたいと言ってきたのだ

もはや断る義理はない

「おう、じゃあ遊ぶか!」

二カッ

「やったー」

とはしゃぐロリ少女

まずはプールの中で
鬼ごっこをすることになった

そいつ仲間が結構いたらしく
後からわらわらと5.6人の糞チビが湧いてきたのだ

俺はうわあと思いつつも
そこは年上の威厳で冷静に対処

俺「えーと、じゃあ何人で鬼ごっこするかな?」

ガキ共「○○ちゃんと○○くんと○○くんと○○と
お兄ちゃんたち二人でちょうど10人だよっ!!!」

俺「(あーうぜぇ)」

友「おい、お前本当に鬼ごっこすんのかよ?」

ヒソヒソ

俺「しょうがねえだろ決まったんだから」

ヒソヒソ

俺「じゃあ分かりやすように鬼以外は
水中眼鏡を外すことにしよう
いちよう他に人もいるわけだしね」

糞ガキ共一同が

「はーいっ!」

と元気に返事をする

まるでガキ大将になった気分で
ちょっと気持ち良いって思う自分もいるw

俺「じゃあ岸に俺が眼鏡
置いてくるから逃げる人みんな貸してー」

ホイッ!コレオレノナ!ナクサナイデネ!

俺(はいはh…)

俺(!!!!!)

美少女「はいこれ、傷つけないでね」

俺「お、おう…」

なんだと!?中学生がいたのか!まじか!

うっひょおーーー!!!!!!

一気に俺のテンションは最高潮に達し
眼鏡を置きすぐに鬼ごっこは始まった

ゴミ「もーいいかいいい?」(大声)

カス「まーだだよお!(大声)

ゴミ「もういくぞ!」(大声)

ガキ共一同「うわあ!!!こいつ反則だひでえ!」(悲鳴)

俺(ふん、ガキ共はせいぜい騒いでな。
俺とお前らとは水泳スキルが違うんだよカス)

俺はそこから適当に鬼から逃げ惑い、
逃げる人すぐ残り4人ぐらいとなった

残ったのは俺、うるさいガキ

芋みたいガキ

そして天然美少女アイドルだ

俺はこれをチャンスと
思いすかさず近くにいき話しかけた

俺「美少女さん逃げるの上手いね」

美少女「あ、は、はい!一応水泳習ってるので////」

最初ビクッとしてたが俺と分かると安心したのだろう

そこからは一緒に話しながら逃げることにした

幸いなことに向こうは歳下で俺もドモることなく、
向こうも俺が歳上で少しかっこ良く見えていたのだろう

ここだけの話年上パワーはすごいぞ、まじで

俺「美少女さんは
見たところ中学二年生ぐらいかな?」

美少女「いや、わたし小学五年生ですよ?」

俺「!!!」

衝撃が走った

私、人生17年生きてきてここまで
ドストライクな人とは出会ったことがなかった

顔は整っておりかなり可愛く、
おっぱいも少しは膨らんでおり、
俺に好意があり、
そして尚且つ小学生だ!

そこからの俺は凄かった

鬼ごっこなどそっちのけで
ただ落とすことしか考えてなかった

ちなみにこの間、友人は始まって
すぐガキ共の罠にかかり
牢屋と呼ばれる端の冷たいところで
芋みたいな男と突っ立っていたのであしからず

鬼ごっこもキリがいいところで
早々に切り上げ俺はプールを上がることにした

友人「おい、お前もう帰るのか?」

俺「おい友人、俺は唯一無二の親友と
見込んでお前にお願いしたいことがある」

もちろん俺に親友などいない

こんなものはただの口車

人など利用することしか考えていない
学校でもゲスなほうな人間だ

そしてこの男は上手いこと俺の罠にかかった

友人「なんだ改まりやがって、なにかあるのか俺?」

俺「俺…あそこの美少女に惚れちまったわ」

友人「まぢかww」

俺「まじだ…でも俺顔に自信とかないし
向こうは相手にもしてくれないだろうけどな
ははっ…」(ここで切なそうな顔をする)

友人「俺」

改めて自己紹介をしよう

俺は学校でもかなりゲスなほうな人間だ

他人の心理をコントロールし
利用することなど日常茶飯事

このボンクラは今日彼女とのダシに使わせて貰う

友人「わかった!俺が
絶対あの子とお前を引き合わせてやるよ!!!」

俺「友人!」

(顔をくしゃっとし相手を雰囲気に酔わせる)

俺「じゃ、じゃあ…一つ頼んでもいいかな?」

友人「おう。なんだ?」

俺「俺もう上がるからさ、
あの子に俺が広場てきなところで待ってるって伝えてくれよ」

友人「お安いごようだぜ!!」

ちょろいなこいつw

そして猿芝居もほどほどに俺は体に制汗剤を塗りたくり

ご自慢の服装に着替え缶コーヒーを
二本買いソファ的なものに座り美少女を待っていた

俺(まずはコーヒーで餌付けし高感度アップだ、
次はメアドの交換、そこから地道に発展していけばいい)

ツカツカ

(来たっ!!

俺「え?」

?「おまたせ〜!!なあに?話って?」

顔を上げたその先には顔も
スタイルも普通の女が立っていた

何だこのハプニングは!

俺はこんな事望んでいないんだYO

こいつはガキ共の内の一人、芋美だ

(こいつ…美少女じゃねえ
まさかあいつ間違えやがったのか!

俺「ダシ抜かれた」

芋美「え?ダシ?なんのこと?」

俺「ダシに使われたのは俺だったってことかよ…」ギリリ…

芋美「ねえねえ?だから話ってなによ〜??」

俺は怒りのあまりソファを強く叩いた

俺「うるせぇ!」

ドンッ

芋美「キャッ!!!」

俺「あ」

「ごめ」

芋美「うっ…うっなんなのよもう」

ぐすぐす

芋美「友人くんに呼ばれて
何かときたらこのザマよ
俺はなにがしたいわけ…?」

ぐすぐす

俺「芋美」

芋美「なんでウチばっかぁ
なんでウチばっかぁ
こんな酷い目に合わないといけないのよぉ!」ブワァ

芋美はとうとう声をあげて泣き出した

次の瞬間これはマズイと直感的に悟った俺は
焦ってとんでもないことを口走ってしまった

高校生が女子小学生を泣かすという構図は
さすがにヤバ過ぎる

あのヒステリック監視員が来たら
とんでもない被害を被ってしまう

そして何をトチ狂ったのか

俺「芋美…俺とメアド交換してくれないか?」

と全然興味ないブスなjsに言ってしまったのだ

芋美「えっ!?」ピタッ

芋美は泣き止んだ

芋美「メアド??いいわよ?」ピッ

俺「あー、じゃあここと合わせて」ピッ

『登録完了しました』

俺「じゃあまた帰ったらメールするわ。返信返せよ」

芋美「う、うん//」

そして俺は家に着きもう一度
泣かせてしまったことの謝罪文と
俺と付き合ってもらえないかという旨のメールを送った

正直もう女ならだれでもよかった

夏休み毎日毎日一人で
シコシコするセンズリする毎日に飽きていたんだ

まあそれで即答でいいよってきて
晴れて俺らは付き合うことになった

メールで分かったことは
芋美は小5で美少女と同じクラス

ちなみに美少女には
彼氏がすでにいるそうだ

まあこうして高校生の冴えない
俺に芋みたいな不細工なjsの
彼女がでたんだが

なんだか釈然としない!

俺はあの美少女jsが良かったのに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。