【ガチホモ体験】従兄弟のお兄さんのオナニーを盗撮したら、バレてボコボコにされた

憧れの従兄弟のお兄さんが
夏休みに俺の家に遊びにきた

ソフトマッチョでイケメンで
子供の時からこの従兄弟に憧れていた
ガチホモな俺は体が火照ってしょうがなかった

俺がいつも使っているお風呂に
従兄弟のお兄さんが入っている

それだけでチンコが破裂しそうな程興奮し
風呂場を覗いて

お兄さんのオチンチンを見たい
って衝動を抑えるのが必死だった

そしてついに行動にうつしてしまった

湯加減を聞くフリをして、
彼の穿いていたボクサーブリーフを手に取って
匂いをかいでしまった。

二日目の夜、俺の隣の部屋にいる
お兄さんのことが気になっていた俺は

ほとんど犯罪なんだけど、
彼が風呂に入っている間に

床の間の置物に目立たないように
盗撮する為にビデオカメラを仕掛けてしまった。

もう理性がなくなっていた

翌日お兄さんが出掛けたあと、
盗撮した映像を見てみると

そこには生唾モノの
ガチエロな映像がバッチリ映っていた。

居間でみんなと談笑して

部屋に入ってきたお兄さんは、
暫くはTシャツに短パンというラフな格好で、
ひじ枕をして横になってテレビを見ていたが

チャンネルを変えてエッチ系の深夜番組が写り、
そこに清純派のグラビアアイドルが出てくると、
起き上がり、テレビの前に座り込んだ。

しばらくその体勢で注視していたが、
アイドルが服を脱いで水着姿になって
悩殺ポーズをとり始めると

お兄さんは画面に近付き目を凝らして
夢中になって見続けていた。

そして、アイドルがさらに
きわどいポーズをとり始めると、
お兄さんはドアが閉まっているのを確認し、
まわりを見回して安全であることを確認すると
立ち上がり、短パンのゴムに手を掛ける

ブリーフごと一気に下に
ズリおろしたのだ。

お兄さんのペニスはすでに
反り返って腹にくっついていた

憧れの兄さんのペニスを初めて見れた俺は、
ズボンの中で勃起していた。

立派な剥けチンで、チン毛も
モジャモジャに生えていて

赤黒くパンパン に勃起しているソレは
イヤラシイ大人のチンポそのものだった。

そして短パンを足から抜くと、
Tシャツも脱いで

なんとお兄さんは全裸になった

引き締まって逞しいカラダと、
勃起して腹に反り返っているペニスを、
何も知らずにカメラのほうに向けている彼の姿を見て

俺は我慢できなくなった。

普段、精悍で男らしく、
カッコイイイお兄さんの、
チンポを勃起させた全裸の姿は
見ては いけないものを見てしまった
背徳感からか興奮モノだった。

お兄さんの体は引き締まっているんだけど
おなかに少しお肉があって
越しまわりだけムッチリした体だった。

おれはお兄さんの手の動きと全く同じように
動かすよう意識し、オナニーをはじめた。

お兄さんの無表情で
さめたような感じでするオナニーに
俺は犯されてるような勘違いをした。

お兄さんは時々利き手を変え長い時間しごいていた。

先走りを鈴口に絡め出した。

おれはハッとした自分の先走りの量が
すごいことになっていたからだ。

その異変はおれの体を
余計熱く敏感にさせた。

そのときドアが開いた。

お兄さんだった

おれはあまりの興奮に
ノックの音に気がつかなかったらしい。

おれはパニックになって
自分のベッドの布団に逃げ込んだ。

お兄さんは最初に

「オナニーしていたのかよ!」

とからかうような表情だったが、
テレビの画面を見ると
まるで漫画のような目と口を大きく開いた顔のまま固まった。

もちろんおれも固まった

おれはどうしていいかわからなくなり涙が出た。

お兄さんは「ナニコレ?」といってテレビの電源を消し、
おれのほうを唖然とした表情で見おろした

おれはもう

「ごめん、ごめん」

しかいえなかった。

言いようがなかった

そして、お兄さんはおれの布団を
はがしておれのむなぐらをつかみ
重いきりビンタをしてきた

おれはベッドに倒れこんで
体を丸め泣きまくった

今度はけりをくらった。

髪の毛をつかんで
もう一度ビンタされボコボコにされてしまった

それからは、大好きで憧れのお兄さんとは絶縁状態

もしかしたら一生会うことはないのかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。