ブラコンな妹は、寝ているお兄ちゃんを縛って騎乗位で逆レイプ

眠りが深くて、
一旦寝ると俺は滅多に起きないんだが

その日、体を触られる感触に
目が覚めた

そして妙に体が重い

金縛りか!

って目を開けると

「やっと目が覚めたのお兄ちゃん?」

女子校生な妹の絵美が俺の上に乗り
俺を見下ろしているではないか!

「絵美?」

起きあがろうとしたが、
手足が引っ張られて、
起きあがれなかった。

「あれ?」

よく見ると俺は
ベッドに縛りつけられ緊縛されている

「な、なんだこれ」

「私が縛ったの!」

「なんでそんなことを」

「だって、お兄ちゃんが
意地悪するからよ。
お兄ちゃんがいけないの!

「俺が何かしたか?」

「覚えてないの?」

「俺は何をしたんだ?」

「本当に覚えてないんだ。
じゃあ、教えて上げる」

妹が言うには

酔っぱらって帰ってきた俺は
介抱されながら妹に絡んだらしい。

最初はじゃれてる程度だったが、
そのうち妹のパイオツをさわり始めたので、
妹は抵抗したらしい。

しかし、そんな絵美を
俺は押さえつけて
かなり長い時間弄んで悪戯したらしい

その上、そのまま寝てしまったらしい。

全く覚えていない

もしかして、
妹に対しておっぱいを
触る以上のこともしたのか?

いや、たぶんしたのだろう

頬が紅潮している妹の様子を見ていれば判る。

妹はたぶん俺との
近親相姦を求めてくるだろう。

いろいろ考えているうちに
絵美の顔が近づいてくる。

「ちょ、何を」

抵抗することも出来ず

唇が重なりキスをしてしまう

妹の舌が俺の口の中に入ってきて、
俺の舌に絡めてきた。

なんかいい匂いがする

妹の匂い

俺は何を考えてるんだ

ともすれば、思考が停止しそうになる。

「ねえ、お兄ちゃん、私キスうまい?」

「ああぁ」

なんだか頭がぼーっとして、
自分で言っていることがよく分からない。

それにしても、
本当に妹はキスがうまかった

やっぱりSEX経験あるんだろうか

またわけのわからないことを考えている。

そうこうしているうちに、
絵美が俺の服を脱がそうとしている。

妹は本気だ

妹が兄をSMみたにベッドに縛りつけ
逆レイプするなんておかしい!

しかし、なんだか今は
そんなことはどうでもよかった。

俺の先端に熱くねっとりしたものが触れる

絵美が俺の先を舌で、熱心に舐めている。

気持ちいい

絵美の与えてくれる快感に身を任せよう

妹は既に固くなった
俺自身を口に含んでいた。

舌のざらざらした感覚が感じ取れる

絵美の与えてくれる快感に
俺は早くもいきそうになっていた。

「絵美、もう」

「何?もうなの?じゃあ一回出して」

そう言って妹は
手と口を使って俺のを扱く。

「くっ」

俺は絵美の口にたっぷりと出してしまった。

絵美は俺の出したものを飲み干している。

妹にいかされてしまった…

キスといい何故こんなにうまいんだ

こいつは兄をなんだと思っているんだ

そう思いつつも俺は
絵美の秘裂に舌を這わせる

女の匂い

またバカなことを考えてる俺

「あ~もっとして」

その言葉に応えて俺は
肉芽を中心に舐めてやる

互いの性器を愛撫する
変態兄妹

異常な風景

その状況が俺達を官能へと導く

俺のが再び勃って満足したのか、
妹は体を起こす。

「ねえ、入れてもいい?」

「駄目だって言ってもするんだろ」

「そうね」

絵美は俺自身に手を添えると
自分の膣口に導き、
ゆっくりと腰を下ろし
騎乗位で俺は逆レイプされる

それもSMみたく緊縛されたまま
兄である俺は妹に犯されるのだ

チンコが少しずつ入っていくと
妹オマンコから粘液が
溢れてきて、肉茎を伝っていく。

「ああ~ほら、入ったよ、お兄ちゃん」

「そんなこといちいち言わなくても判ってる」

「可愛い妹とHできるのよ。
ちょっとはうれしがってよぉ」

身を任せようと思ったが、
やっぱり止めた。

「可愛い妹は兄貴を縛って犯したりしないんだよ」

「犯……ひどーい、
そんな風に思ってたの」

「この状況の何処が違うんだよ」

「私をこんな風にしたのはお兄ちゃんなのよ」

「うっ」

「私の勝ちー☆」

こういうときの妹は本
当にうれしそうな顔をする。

そんなことを考えてる場合じゃないが…

「あぁ~ん気持ちいい」

絵美は俺の上で喘いでいる。

もうあれこれ考えるの止めて、
どうせならこの状況を楽しもう。

「あっあぁ~」

妹の腰の動きに合わせて
俺も下で動いてやる

「ゃあ~すごい
お兄ちゃん、もっと」

俺は絵美の腰に手を当てて、
絵美の動きを手伝ってやった。

絵美の膣道は俺を容赦なく締め付ける。

俺の動きに併せて、
妹の悦びの声は次第に高まっていった。

「お兄ちゃん、うぅ~」

「お、俺も もう
絵美、どいてくれ」

「このまま」

「え?」

「あぁ~ん
お兄…ちゃん ああ!あぁ」

絵美に強く締め付けられた
俺は妹の中に出してしまった。

白濁が絵美の中から溢れてくる。

「ごめん、絵美…俺」

絵美が俺の胸の上に倒れ込んでくる。

そんな絵美は俺は抱きしめ……られなかった。

俺は縛られてるんだった

「いいの、私がHしたかったんだから」

「でも」

「そう思うならもう1回しよ」

「え?」

「だからもう1回」

「なんでそうなるんだよ」

「紐をほどいてあげるから、
今度はお兄ちゃんがしてね」

絵美は俺の戒めを解き始める。

「なんで俺が」

「お母さんにこの事言っちゃおかなー」

「それは…」

「お兄ちゃんに犯されたって
言ったらお兄ちゃんどうなるだろ」

「うっ」

おそらくあらゆる言い訳は通じないだろう。

「わかったよ」

俺は上体を起こすと、
柔らかな乳房を手のひらで包み、
その先端を口に含んだ

舐める、吸う、弱く噛む、
俺の動きに反応して、
妹が掠れた声を漏らす。

中心部分が硬くしこると、
俺は絵美の首筋に唇を這わせた。

俺が唇を這わせる度、
絵美の身体はぴくんと震え、俺のを締め付ける。

そんな様子に俺は、
両腕で包み込むように抱きしめる

「キスしようぜ」

俺は上を向いている
妹の顔を俺の方に向かせると、
唇を重ねた。

絵美の唇を割り、
舌を口内へ差し入れる。

歯に舌を這わせると、
妹から舌を絡めてきた。

互いに舌を絡めると、
二人の唾液が混ざり、唇を伝っていく。

キスをしながら妹の包皮を剥き、
陰核を剥き出しにしてやった。

そして絵美の中から
溢れ出す粘液をつけ、柔らかく触る

痙攣しているかのような
Hな反応を身体が示す。

「んっんんっ」

俺はますます強く抱き寄せる。

俺はゆっくりと腰を動かし始めた。

「あっあ~」

「あ、じゃねえよ、おまえもちゃんと動けよ」

「やだ、今度はお兄ちゃんが気持ちよくさせてよ」

絵美が協力しないとなるとこの体勢は辛いな

それにしても妹に反論できないとは…

俺は絵美を後ろに倒すと、その上に覆い被さる。

「あん」

「…」

「ねえ、なんで黙ってるの?」

「……」

「私のこと抱くのそんなに嫌?
嫌だったら止めてもいいよ」

「そんな」

俺は妹と近親相姦するのが嫌なのか?

いや、違う。

たぶんいわゆる「常識」に縛られているから、
抱いてはいけないと思い込んでいるだけだ。

俺の本当の気持ちは

「そんなことはないよ。
いや、というよりもうれしいよ…」

「な、何よ突然…」

「俺はおまえが妹だから抱いちゃ駄目だと思ってた」

「私は女として見てほしいの」

「わかったよ」

「やっと判ってくれたのね。
私だってこんな事するの恥ずかしかったんだから…」

「え?」

「うーん…つまりお兄ちゃんが私を
弄んだっていうのは全部嘘」

「……」

「嫌いになった?」

「いや…ちょっとショックだっただけ」

いつもおとなしいのにおかしいと思っていたが、
そういうことだったのか。

しかし可愛いと思ったが、
重度なブラコン妹は
油断できないなー

どんな嘘をつかれるか
わかったもんじゃない

「お兄ちゃん、続きしよ」

「ああ」

俺は再び腰を動かし始める。

「あっねえ、お兄ちゃん」

「ん?」

「これからも…Hしてくれる?」

「ああ、でも中には出さないぞ」

「安全な日だけでも」

「おまえ中出してほしいのか?」

「だって愛されてるって感じがするじゃない……ああっ」

「わかったよ…それで今日は?」

「大丈夫よ」

「お兄ちゃん もう…いきそう」

「ああ…いいよ」

俺が動きを速めるに従って、
妹が高まっていくのが判る。

俺もそろそろ限界だった。

「お兄ちゃん、
お兄ちゃ~~ん
だいちゅき~」

妹がいくのとほぼ同時に
俺も絵美の中に精を放った。

必死に動かすその隙間から白いものが溢れ出す。

「私があんな嘘ついたのは」

「わかってる」

「ありがとう
ちょっと確認したかっただけ」

こうして俺は妹の気持ちを
受け入れ兄妹でダブーな近親相姦してしまったのだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。