継母と息子は、親子でありながら夫婦のようにSEXする

小学生の時、お母さんの浮気が原因で
両親は離婚しました

僕はお父さんに育てられ
小学5年生になるとお父さんは
再婚したんです

父と継母、そして僕の3人で
幸せに生活していましたが

突然の不幸が舞い込んできたんです

僕が中2の時、
父が交通事故で他界

それ以来、僕と血の繋がっていない
継母との母子生活が始まりました。

母子家庭になったため
狭いアパートに移ったが、
何しろ部屋が2つしかないので
母の下着が干してあったり、
着替えているところに
遭遇してしまったりと

思春期の少年にとっては
ドキドキさせられることがしばしばありました

ある冬の夜

コタツで勉強しながら
うたた寝してしまった僕がふと目を覚ますと
寄り添う継母も居眠りをしていました

継母は間もなく
目を覚ましましたが、
しばらくそのままの格好で
進路や好きな女の子の話なんかをしました

そのうちしばらく沈黙があり

なぜかわからないけど僕は
横にいる継母に覆いかぶさって
キスをしてしまったんです。

継母は慌てる様子もな僕の唇を受け入れて、
逆に舌を差し入れてきました。

僕にとってのファーストキス

ディープキスを長く続けていたら興奮してしまい、
股間が完全に勃起してしまいました。

我慢できず母のパジャマの中に手を入れて、
ノーブラの胸を揉んだりお尻を撫でたり

継母も発情した牝犬のように
僕のパンツを脱がせて
勃起したものを手コキしてきます

それから、

「明るいと恥ずかしいから電気消すね」

と継母が言って、
本格的にセックスし
血の繋がりはありませんが
母子相姦してしまいました

継母の体は柔らかく、
抱かれているとすごく安心できました。

と同時に性器を巧みに弄られると、
すごい快感で鳥肌が立つほどのゾクゾク感も

それから下になった継母が
手で僕のチンコを
おまんこへと招き入れ
筆下ろししてくれたんです

腰の動かし方も知らない
僕にHな個人レッスンするかのように

母が腰をくねらせて
快感を高めていきます。

たちまちイキそうになると

「今日はそのまま出してもいいよ」

と言うので、母にしがみつきながら
膣内射精してしまったのでした。

それからというもの、
僕たちは親子でありながら
夫婦の営みも行うようになり
本当に愛し合っている親子になりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。