小学生の女の子二人が、痴漢ごっこしてヴァギナを舐める

幼稚園からの友達で
小学校に入っても仲良しな友達がいたんです

私と友達は女の子同士です

親同士も良くて、幼い時から
一緒に出かけて公園とかで遊んでいた

小学生に入ると行動範囲が広がって
市が運営する体育館も行くようになりました

体育館には小さな会議室みたいな
ところがあって親友Sちゃんと
私はそこで遊んでました。

Sちゃんといつもの会議室で遊んでいると、
Sちゃんは鍵を閉めて大きなソファに寝転がりました。

私は訳が分からず、
立ち尽くしているとSちゃんは

「痴漢ごっこしよう」

といって下着を脱ぎました。

「この穴の中に指いれて」

みたいなことを言って
自分のヴァギナを指差してくるんです

よく分からなくて、
言われるがままに
ヴァギナに指を動かしていました。

ただぬるぬるしていて
Sちゃんが気持ちよさそうにしてたんです。

今思えば同い年のSちゃんは
子供なのに、よくこんなHこと
知っていたなって感じです

小5になった私は
だんだんHな事について
興味を持ち始めていました。

Sちゃんは最近

「痴漢ごっこ」

はしなかったんだけど、
あるときほかの友達と3人で遊んでいて
Sちゃんの家に行きました。

ひとりは家に帰ってS
ちゃんと私は二人きりでした。

普通に話したりしてたんだけど、
Sちゃんの寝室に連れて行かれました。

Sちゃんが

「痴漢ごっこしようか」

って言ってきたけど、
また昔みたいなことするのはなんか嫌なので、
眠いからやだと布団に潜りました

Sちゃんは

「じゃあ、寝てるだけでいいから」

と言って下着に手を入れてきたんです

やだと言ったものの興味が少しあった
私はそのまま寝転がったままで居ました。

Sちゃんは触り方が上手で気持ちよくて、
意識が朦朧としてくるくらいでした。

「気持ちいいでしょ」

って言われて正直に

「うん」

と答えてしまいました。

するとSちゃんは布団の中に入り込んできて、

「寝てればいいから」

って言いながら下着を脱がして
足を開いてきたんです。

女同士だからあまり抵抗も無くて、
そのままされるがままにすることに

Sちゃんは私の敏感な所に舌を入れてきて
クリトリスを舐め始めます

なんか本当に気持ちよくなって
どうでもいいって感じ

喘ぎ声は必死に抑えていたけど、
喘いでしまいました

帰る時間になってSちゃんに

「また遊ぼうね」

って言われました。

高校生になった今でも
Sちゃんにヴァギナを舐められ
レズエッチが続いています

二人だけのHな遊びなんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。