悪ガキ美少年にお仕置きし、無理やりアナルレイプする隠れホモリーマン

会社の新年会で
酒を飲み過ぎてしまった

電車を降り、乗り換えを待っている最中に
強烈な尿意を催し、オシッコが漏れそうになりながら
男子トイレに駆け込んだ

ジョボジョボジョボ

と勢い良く放尿し
はぁ~とつい息が漏れてしまう

確か次が終電だな

乗り過ごさないようにしないと

家までは40分の道のりかー

電車乗って、
降りる駅までもつのかな?

酒には強いが、
ひたすら尿意が催す俺。

電車でオシッコ漏らすような事になったら
最低だなーと考えていると

同じように少年が
男子トイレに駆け込んできた

チラっと顔を見ると
アイドルみたいな美少年

自称ノンケの俺は
実は隠れホモ

しかも美少年はチラチラと、
ションベンしながら俺にラブコールを送ってる

運命の出会いなのか!

それとも俺の思い違いか?

取り敢えず用を済ませて
美少年に歩み寄り、覗き込む

すると美少年はニッコリ微笑んで、
自分のマラをシコシコ扱き始めたではないか!

よっしゃ!

俺は美少年の肩を抱き、
空いた手で美少年のそそり立つマラを掴み、
ションベンの介助をしてあげた。

「アリガト、オジさん」

彼は微笑みながら俺の耳元で囁く。

終電までは20分

ならば、逝こう

美少年を個室に誘い、洋式便器に座らせ、
ジッパーを下ろす

ドカッ

首筋に強烈な衝撃。

振り向けば、彼と同い年位の少年もう一人が

「ばーか、何盛ってやがるんだ」

「へへっ、ホモ狩り成功ー」

まんまと喰わせられた俺

懐を弄る少年達。

性癖を、隠し隠し、
世に尽くすサラリーマンサマを舐めるんじゃねー!

一人を起き上がり様、金的蹴り!

うずくまるフツメンの少年を放置し
美少年を再び個室に叩き込む。

「なっ何っ?」

状況把握の済んでない美少年の、
ズボンを力任せに引き摺り下ろし、
何の前戯も済ませていない後
ケツマンコに俺のマラを叩き込み
悪ガキ美少年にお仕置きアナルファック

「ギャーーー」

叫び声にも負けず、
俺は擦り切れる様な痛みにも負けず、
アナルピストンピストン。

「おりゃぁー」

何とか激しくアナルレイプし、
肛門射精でお仕置き大成功

そして俺はマラ出したまんまで、
股間を押さえて蹲っているもうフツメン少年に近づき、
同じくズボンを引き摺り下ろし、
アナルに指2本を突っ込んだ。

「ぐふっ!」

呻くアホ。

更にもう1本

3本突っ込み、
肛門を掻き回す。

硬い代物に辿りついたので、
ウンコを指2本で挟んで引っこ抜く。

肛門中程にまで引きずり出された
大量のウンコ

2人の携帯を徴収し、
醜態を写メに撮る。

「サラリーマン様をナメてんじゃねー
引き続き、お仕置きしてやっからな」

そうして俺は終電に駆け込んだ

隠れホモを虐める悪ガキ少年達に
ケツファックのお仕置きが出来て俺は大満足

フハアハハッハ

舐めるなよ小僧達!

馬鹿な事すると
お前らの肛門を俺のマラで
拡張してやるからな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    なんかかっこいいw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。