幼馴染とHなお医者さんごっこをしているの母親に見つかったが・・・

幼馴染の少女と
僕は小学生の時に、
Hなお医者さんごっこをしていました

秘密基地に行き、
幼馴染のパンツを脱がし
お医者さんのフリをして
綺麗なロリまんこを触っていました

僕がおまんこを触り、
診察さいてあげると
少女はいつも気持ちよさそうに
目を閉じてうっとりしていました

僕もチン毛も生えていない
ショタチンチンでしたが
幼馴染に触られると、小学生ながら
勃起してしまう事がありました

そうすると幼馴染は
面白がってショタチンチンを
いじるのでますます大きくなるのです

ある日、いつものように幼馴染と
Hなお医者さんごっこをしていると、
その子のお母さんが見つけて

「何をしているの」

と叱りました。

幼馴染は
逃げていきました。

僕は、パンツを穿くのに手間取っていると、
そのお母さんが来て、
僕を裏の納屋に連れてゆきました。

そして僕のパンツを脱がせて、
おちんちんをつかんで
やさしく手コキしてしごきました。

僕のおちんちんは
大きく硬くなりました。

それをしごきながら、
そのお母さんは、
片手で自分のおまんこをさすりっているんです

僕のショタオチンチンを触りながら
オナニーしていたんです

目を閉じて赤い顔をして、
さすっていました。

そのうちに僕のおちんちんを
口にくわえて

飴を舐めるようにぺろぺろと
亀頭をなめたり
しゃぶったりしました。

自分のおまんこを激しくさすり、
うーっとうめいて終わりました。

僕のショタおちんちんを
やさしくつかんで

「誰にも言ってはいけませんよ」

と言って出てゆきました

幼馴染の少女はHなロリっ娘でしたが
そのお母さんも変態な痴女おばさんでした

母娘って似るんですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。