冬に生足JCと正面向かい合い、ロリ少女の太ももに触り電車痴漢【変質者】

寒くなるとレギンスや黒タイツの
ロリ少女が多くなる

レギンスやタイツフェチなら嬉しいが
俺はそうじゃない!

生足のjsやjcの少女が大好きな
ロリコンな俺は冬が嫌いだ

だから、俺は
その美味しそうな生脚ロリ少女を
見つける為、寒いプラットホームで
張り付いてまつのだ

帰宅ラッシュの真っ最中

プラットホーム上から
既に混み合っている

到着した電車内は
当然多くの乗客で詰まっていた

生足JCを逃がさぬよう張り付いて押し込む

更に押し込む!

殆どベスポジに近い所で
制服JCと正面から向き合う形となった

正面からより後ろからの方が
痴漢がやり易いっちゃ、
やり易いのだが

逆に言えば正面からだと、
NGかOKか我慢タイプか

果ては爆弾持ってそうか等の
表情や顔色を正面から見据える事も出来る

まるで、見て見て触ってと言わんばかりの
ミニスカ制服から露出させている
太腿に手の甲を押し付ける

こんな格好で、
エロい生脚と太腿を見せ付けているから

結構な割合で
痴漢に遭っているのだろう

あっまた変質者の痴漢か

と言った表情で俺に一瞥をくれたが
大して抵抗感も見せないが、
OK感も見せていない

こういう生足jcには、
慎重な当たり付けが必要だ

太腿に押し付けた
手の甲をスリスリと小さく動かす

強い拒否反応や抵抗感も無いが、
汚物、変質者を見る様な目で俺を見ている

構わず手の甲を
グイグイ押し付けながらスリスリ擦る

プイッと横を向き俺から
視線を逸らしたので

試しに人差し指で太腿をなぞる

まだ抵抗感もなく、
どちらかと言えばじっと我慢オーラを
放ち始めたロリ少女の横腿から前腿

そして内腿にツツウと
人指し指を這わせた。

少女は恥ずかしそうに
頬を赤く染めて俯いた

よしよし

そうやって恥ずかしそうに俯いてろ!

痴漢のおじさんを
喜ばせてくれよ!

そう思いながらも警戒心を弛めず、
周囲を確認しながら
手のひらで内腿を撫でてまさぐった

ビクン!

と反応しながらギュウッ!

と内腿を強く閉じてきた

なので、屈み気味の態勢のまま
jcの内腿に手を挟まれてしまった!

ちょっと不自然な態勢だが、
挟まれた手で柔らかなjcの内腿を
揉む、揉みまくる

そうするとピクンピクンと
反応しながら閉じていた内腿を弛め始めた

チャンス!

俺の手はスベスベツルツル内腿を
撫でつつ股間タッチに成功した

しかもこの手触りは生パンツ

ハースパやハーパン等も穿いていない
生のロリパンツの手触りだ

生パンツの上から股間

ワレメ辺りを擦って擦って弄って弄る

真っ赤に赤面した少女がビクン!ビクン!と反応して、
生パンツにじわじわと湿り気が生じ、
更に擦って擦って弄って弄ると
ジュワ~とパンツが濡れだした!

真っ赤な顔を横に向けながら
俯いているロリ少女に

「濡れてるよ 気持ちいいの?」

そっと囁き言葉責め

この囁きにハッ!

とした様に俺の顔を窺ったが、
俺と目が合うと先程よりも脱力して俯いた

俺の悪い中指は、
パンツ内に侵入し生マン筋を擦って弄った。

目を閉じてビクン!ビクン!

と反応してジュワジュワ~!
とマン汁の量が増えている

jcのロリマンコは
薄い毛が生えていてびしょ濡れだ!

中指を突き立て

まだ幼い腟内に捩じ込もうとした瞬間、
次の駅到着のアナウンス

真っ赤な顔で勇気を振り絞る様に

「あの 降ります!次降ります!降ろして下さい」

真っ赤な顔は半泣き状態だった(笑)

仕方なく少女が降りれるようにしてやって、
俺も少女と一緒に降りた。

降りる際のどさくさ紛れに
少女の太腿からロリ尻を撫で回した

プラットホームに降りてからも、
少女に張り付き着いて行った。

少女は泣きべそをかきながら
駅のトイレに駆け込んだ

今日のところは、
これくらいにしてやろう

何故なら制服からして、
ここが降りる駅ではないのが分かっているから

寒い季節に生足の健康美jCに
電車痴漢するのが冬の風物詩なんですよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。