逆痴漢してくるグラマーな痴女熟女がいるピンク映画館

童貞時代、ポルノ映画館で
痴女に逆痴漢されました!

そこそこ有名な男子校出身ですが
根暗な僕は大学生になっても童貞でした

高校時代のリア充達は他校の女子校生と
合コンとかしていましたが

根暗な僕は合コンに誘われる事もなく
寂しい高校生活を送っていました

そんな僕が大学に入ったばかりの年の
Hな体験談です

童貞大学生の僕は
毎日チンコを握りオナニーしていました

オナネタは、デカ尻な豊満熟女

しかもフェラチオシーンが
1番の抜きどころでした。

豊満熟女にフェラチオされ
無理やり連続射精させられるM男プレイ

これが僕の夢でしたが
それは現実の物となりました。

僕はいつものエロDVDに飽きて、
たまには刺激が欲しいなと思って
郊外にあるポルノ映画館に行ってみる事に

初めての経験で非常に緊張しましたが、
館内に入ると既に上映していました。

ちょうど僕好みの熟女モノ

しかもフェラチオシーンという事もあって、
僕はすぐにスクリーンに
目が釘付けになってしまいました。

ふと客席に目をやると誰もいない様子。

確かにここの映画館は、
絶えず廃館の噂があったので

人気が全く無いのは分かっていましたが、
日曜日の昼間に誰もいないとは

僕は少し安心して
ポルノ映画が上映されている
スクリーンを見続けていました。

当然すぐに勃起してきました

我慢できず

僕が立っている最後尾の立見席の端で
僕は股間に手をやり、
その場でオナニーを始めました。

チャックを下ろして
ズボンとパンツを膝まで下げ

立ってままゆっくりと
勃起した肉棒をシゴいていきました

そして事件は起こりました。

僕の立っている反対側の館内入口ドアが
突然ゆっくりと開いたのです

僕は驚いてシゴく手を止めましたが
ズボンを履く余裕はありません

1番驚いたのは、
館内に入ってきたのが女性だったという事です。

逆光もあり、
どんな容姿なのかは全く分かりませんでしたが、
女性だという事だけは分かりました

その女性は館内に入ると
そのまま立見席でスクリーンを眺めているようです

反対側にいる僕には
気が付いてない様子

僕はその女性の容姿が分かるまで、
じっと女性を見つめていました

少しずつ目が慣れ、
女性の容姿が分かってきました

僕は思わず勃起した肉棒が
さらに2倍にも増して大きく固くなった気がしました。

なぜなら、その女性は、
あまりにもお尻と胸が大きな熟女だったからです。

髪の毛は肩より少し長めでした

そしてタイトスカートを
穿いていたのです。

僕が1番好きなタイトスカート

ピンク映画館に舞い降りた
その熟女のヒップは
あまりにも大きかったのです。

立っているだけなのに、
まるで立ちバックのような恰好で
お尻を突き出しているかのように
タイトスカートにピッタリ
張り付いて盛り上がっていました。

そしておっぱいの膨らみも
尋常じゃないほど膨らんでいました

グラマー過ぎるおばさんでした

僕はもう目が離せずに
そのグラマー熟女を
見ながらオナニーをしていました。

そして、とうとう女性が僕に気が付きました。

こちらを見たのです。

僕はまるで熟女に見せつけるかのように
肉棒を女性に向けて
突き出しながらシゴいていたのです

僕は一瞬ビクっとして
熟女の反応を伺いましたが、
熟女は何も反応せず、
こちらを見続けています。

さすがに暗いので視線が
どこに向いてるかまでは分かりませんでしたが
こちらを見ている事は確か

僕はもう半ばヤケになっていたのと、
あまりにも僕の理想の身体の熟女だったため、
夢中で熟女を視姦しながら
オナニーしていました

そして熟女はそれを感じると、
ゆっくりとこちらに向かって来たのです。

熟女が寄ってくると、
ますますその熟女の豊満な身体が
あまりにもいやらしすぎて、
僕はもう我慢できません

はあはあ

と息を荒くしながら
夢中でシゴいていました

とうとう熟女が
オナニーしている僕のすぐ目の前に来ました

熟女の視線は僕の肉棒に釘づけです

僕は女性の身体のラインを夢中で見ていると、
熟女が手を伸ばしてきたのです

僕を見つめながら
妖艶な笑みを浮かべて

熟女の手は僕の肉棒に触れ
逆痴漢してきたんです!

僕は思わず声が出てしまいました。

「はあうっ」

腰を痙攣させて悶えてしまうほど
熟女の手 指が快感でした

熟女はおそらく40代~50代ぐらいの
中年おばさんです

顔は決して美人とは言えませんが、
場末のスナックのママのような

下品で濃い化粧に卑猥なほど
真っ赤なルージュを引いていました。

その分厚い唇にますます僕は
興奮してしまいます

そのグラマー熟女は、
ゆっくりと指を裏筋へ這わせながら
僕の肉棒をシゴいてきました。

僕はもう完全に熟女の手つきに
身を任せて快楽に溺れていました。

「あ~すっすごい~お、おばさ~ん」

熟女が僕の悶える声を
聞いてようやく声を発しました

「気持ちいいのぉ?いやらしいチンポ
もっと気持ちよくして欲しい?」

その淫らな誘惑の言葉は、
僕をもはやその熟女の虜にさせました。

「はいぃ~あぁもっと~
気持ちいいですぅ ああっ~」

そのおばさんは片手では
玉袋を絶妙なタッチで指を這わせたり揉んだり、
もう片方の手では亀頭と
裏筋に指を這わせゆっくりと
手コキしてシゴいてきます

僕はもう我慢汁を
溢れ出していました。

そしておばさんは更に
誘惑の言葉を続けます。

「おばさんの大きなお尻も
触っていいのよぉ?
おっぱいも大きいの好きでしょぉ?」

「はぃ~大好きですぅ~」

そして、僕はグラマーおばさんに逆痴漢され
ポルノ映画館の中で筆下ろしされたんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。