夏服になった文学少女の可愛いクラスメイトがブラチラしていたHな思い出

中学生の頃のブラチラ体験です

同級生にHさんってjcが
いたんですが

Hさんは真面目で大人しいjcでした

クラスメイトの男子とも
あまり話しているとこを見たことなく
文学少女みたいな少女でした

でも、顔は可愛い系の巨乳で
密かに男子からモテていましたが
Hさんの真面目な性格や雰囲気に
なかなかアタック出来る男はいなかった

夏になると女子生徒達は
全員ブラウス姿になり、
常に下着が透けている状態になった

夏服になりjcがブラが透けている中

HさんだけがTシャツを
ブラウスの下に着ていました。

ブラジャーが透けるのを
楽しみに待っていたのに
見ることが出来ないなんてすごくショックでした。

2年の時はブラが透けていたはずだから、
jc3年になって恥ずかしくなったのかと
思っていましたが

ある日Hさんを前から見てみると、
ブラウスの第3ボタンが取れていて、
ついていない状態でした

そのとき初めて原因がわかりました

もしTシャツを着ていなければ、
ちょうど胸の辺りが開き、
丸見えになってしまうからです

Hさんのことをあきらめて、
違う子を見て満足していました。

そして1週間が過ぎて、
教室の扉の前でHさんとすれ違ったときに、
ボタンの隙間から
水色のブラがチラ見えしまいた

俺は自分の目を疑い、振り返って、
後姿を確認したら、
ブラジャーが普通に透けていました。

授業中はHさんの後姿を見ていて
ずっと勃起している状態でした。

翌日 俺が友達と話しをしているときに、
Hさんは俺たちがいる前の席で
本を読んでいました。

話をしている途中Hさんを
見たら、第3ボタンが外れていて、
白いブラが丸見え!

しかも巨乳なのですごく
興奮してしまい、
ずっと釘付けでした。

普通に第3ボタンが
外れていただけなので、
なくなっているわけではありません

しかもHさん自身は
気づいていなくて
ブラをチラ見えさせながら
ずっと本を読んでいました。

たぶんボタンを取り付けたばかりだから、
外れやすかったんだと思います。

もしボタンがなくTシャツを着ていなかったら、
こういう状態がずっと続いていたのでしょう。

その授業中、オジサン先生が
ずっとHさんの事を見ていました

ロリコン糞野郎な教師で
まるで俺の彼女を寝取られた気分で
このHさんのブラを覗く教師に嫉妬してしまいました

男をナチュラルに翻弄する
文学少女なHさんの思い出です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。