処女JKが、通学途中の電車で屈辱のアナルレイプ痴漢

痴漢に屈辱的な事をされ
今でも腹が煮えくり返る思い出があります

あれは私がJKの時

いつものように通学する為に
朝の満員電車に乗っていました

たまに痴漢にあっていたので
もしかしたら今日も痴漢に遭うかも

と常に考えてはいたし、
もしその時は大声で叫ぶ事も、
駅員に突き出し、社会的に抹殺してやろうと
備えていたんです

私って周りからは大人しそうに
見られる事が多いけど、
実は気は強い

でも大人しそうに目に見られる
ってのがマズかったんだろうな

その日は、通勤ラッシュほどじゃないけど、
そこそこ人が多い電車内でドア付近に立ってた。

もうすぐ駅に到着するって時、
いきなり制服のスカート捲り上げられ、
下着の中にズボッっと指が入ってくる

ヴァギナまで手を潜り込ませて
撫でてきたと思いきや

すぐにお尻の穴を指でグリグリして
指でアナルレイプされたんです

無理やりお尻の穴にグイっと指を挿れられ
一瞬私はパニックになりそうになる

そして、痴漢は私のアナルから
サッと手を引っ込めた

ここまで5秒くらい。

対処も何も、声すら出せなかった

ビックリして強く息を吸ったぐらい

ちょうど駅に到着して
ドアが開く直前のタイミング

ハッと気がついた時には、
沢山の人がドアから流れ出てて
犯人の顔も姿も確認できなかった

処女だし、キスもした事ない
真面目系のJKなのに

いきなりアナルを犯さられるなんて・・

例え、指だったとしても
本当にレイプされたような
屈辱的な体験なんです

だってウンチが出るところですよ

そんな恥ずかしい場所に
あの痴漢は無断でブスって挿入してきて・・

特にお尻の穴をほじくられた感触が
悪い意味で忘れられない

彼氏が出来ても、
お尻の穴に辿り着くなんてずっと時間がかかる
プライベートゾーンなのに

今思い出しても悔しすぎる

勝手にアナルに指つっこんでじゃねーよ!

って今でも思い出しては
変態な痴漢に超切れそうになる

人生最大の屈辱です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。