ニューハーフになった弟にフェラチオされた兄が男同士の近親相姦【ペニクリ】

病気になり、自分で生活する事が
困難になった老いた母を介護し
5年が経過した

そして、5年めの春
母は亡くなったのだ

実の母が死んだ瞬間
悲しみよりも、介護生活から
介抱された喜びのが方が正直大きかった

それほど、老いた母親を介護するのは
大変だった

ようやく終わったと・・

と肩の荷が下り、
長男として母親に対して
最後の仕事である葬儀を仕切らないといけない

すぐに俺は新聞の死亡欄に

「母、葬儀滞りなく済んだ。昭宏連絡して下さい。昭男」

と掲載してもらった

俺には1人の弟がいたのだが
母親と仲が悪く、家出同然で
出ていっていまった

そして、新聞に乗せると
10何年ぶりに弟から連絡があった

「任せきりで、ごめんなさい
40になっても、兄さんが婚できないのは、
自分のせいだって」

電話口で泣いていた。

その弟が、夏に、
久々に帰郷してくる

しかし、前夜の摂待で、
深酒して、寝入ってしまった。

体を揺すられ、目を覚ますと、
かわいらしい、女の子が、
何かに夢中の様だ

夢か?

目をとじて、そっと、
ミニスカから伸びる。

しなやかな足に手をやり、摩ったら

女の子は、頭を下げた

んんっまさか

久々の感覚が下腹部に、痺れ渡る

フェラチオだ!

しかもいつの間にか勃起してる。

そうか!

揺すられていたのは、手コキだったのか

しかし、何と言う手コキテクニックだ。

亀頭をクリクリと舌で攻めながら、
しぼめた口で吸い付き、手をねじらせてしごいてる。

射精感が来ると、女の子は、行為を緩める

地獄だ、速く射精したい

だが、この快感は天にも昇る気分だ

しかし、リアル過ぎる

淫夢とは、思えない

されるがままは、やめて、
チタナイが手をミニスカの中に滑らせ、
太ももまできたら、閉じていた脚の力が解けて、
パカッと開いた

すかさず、スカートと足を引っ張り、
69体勢になり、まじまじ見ると

かなりの土手マンだ

パンツの上から舌を這わせると

えっ硬い!

更に舐めあげると、
股のつけねから伸びる物が私の口に、
ズボッと進入してきた

喉の苦しさで、体を横にして、
咳き込んだ

すると、

「お兄ちゃん」

って、言葉に、振り向くと、
体は女だが、そそりたつ一物
チンコがついている!

まさか宏明なのか

少年時代とは変わり果てた宏明は、
男とは、思えないほどの美女になっていた

とにかく、行為をやめて、経緯をきいた。

俺は気づかなかったが
弟は同性愛者でゲイだったらしい

ニューハーフになったのは
仕方ない、受け止めるしか方法はない。

別々の部屋で、就寝したが、
あれは弟というべきか?
それとも妹といえばいいのか?

その妹の裸が脳裏から離れず
オナっていたら、襖がすーっと開き、全裸の宏明!

じゃなく、ニューハーフになったマイコが近づき、
しごいていた手をどけ、フェラしてきた

しばらくマイコのテクを味わい。

見よう見まねで、マイコのチンポ、じゃなく、
ペニクリって言うらしい、舐めた

アナルに指を射し込むと、
ローションで、ヌルヌルで、すぐに指三本が滑りこんだ

「きてお願いって」

俺は我満出来ずに、腰をガンガン使って、
ニューハーフになった弟と
アナルSEXして、種付けを射影をしてしまった

今は、結婚間際の彼女もできた

たまに帰郷する、ニューハーフになった弟とは、
理解して、仲がスコブル良い。

しかし彼女が、帰郷の度に、
兄弟でセックスしてるのを知ったら、
考えるだけで、身の毛もよだつな。

しかし弟との近親相姦セックスのおかげで、
彼女を喜ばすテクを身につけてるんだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。