30歳童貞の魔法使いが、日焼けあとが残る黒ギャルJKと円光で筆下ろししてもらう

30歳で童貞を迎えると
「魔法使いになれる」
2ちゃんなんかで言われていて

俺も10代の若い頃は
30歳童貞!魔法使いじゃん!って
馬鹿にしていたが・・

気づけば自分もその立場になって見ると
惨めでしかない

若かりし頃の自分が
今の30歳童貞の自分を
嘲り笑っていると思うと涙すら出てくる

あまりにも惨めさに耐えかね
今まで毛嫌いしていた円光女に
手を出してしまったのだ

円光するような女なんて
売女のクソビッチな中古女だろうが!

ヤリマン女とSEXしたくねー

なんて強がっていたが
現実に30歳童貞になってみると
そんな事言ってられない

そんな訳で俺はある友人のツテを使い
10代の円光JKを紹介してもらったのだ

待ち合わせに来たのは
水色のキャミソールを着た茶髪の
今時ギャルJK

「こんにちは」

と軽く挨拶し、俺はテンパっていると

「じゃあホテル行く?」

とギャルJKにエスカコートされ
挙動不審になりながらついていく情けない俺

それで一緒にホテルに入り、
部屋に入ると

「淳子って言います
よろしくお願いします」

とぺこりと頭を下げてきた

見た目は、派手GALなのに
意外にも礼儀正しく俺も釣られ

「よろしくお願いします」

と答えた。

「先にお金もらっていい?」

とGALJKは言った。

俺は慌てて封筒に入れた
約束の金額を彼女に差し出した

彼女はバックを通路のすみに置いて
封筒の中身を確認し、俺に言った

「お兄さん、メールで言ってたけど
まだHしたことないでしょ?」

俺は躊躇わずに頷いた。

「こんなにお金もらったから、
いいよ、なんでもしてあげる」

とギャルJKは笑顔で言った。

「時間は、6時までね」

と彼女は時計を見ながら言った。

壁に掛けてある時計はまだ2時だった。

彼女は現金の入った
封筒を自分のバックにしまうと

「一緒にお風呂入ろ」

と彼女は俺の手を取って

バスルームへ招き入れた、
バスルームといってもユニットバスの狭い部屋だ

「狭いのよね、ここ」

と彼女は言った。

「いつもここのホテル使うの?」

と俺は聞いた。

「たいがいね、ほとんどここ」

とシャワーを出しながら彼女は言った。

ドアを閉めるとシャワーの
湯気で鏡がすぐに曇った

「脱いで」

とギャルJKは俺に言いながら、
キャミソールの肩紐を肩から外し

自分も服を脱いでいった

キャミソールが床に落ちると
キャミソールの色に合わせた
水色のブラジャーとパンティーを
彼女は身につけていた。

俺も急いでパンツ1枚になり、
タオルを腰に巻いてパンツを脱いだ。

彼女は恥ずかしがりもせずに
タオルを身体に巻こうともせず
ブラジャーとパンティを脱いだ

小ぶりだがつんとしたオッパイが見えた、
俺にとっては初めてみる乳房

水着の日焼け跡がくっきりとついている、
ビキニを着ていたのだろう、

二つの乳房と腰の部分だけが妙に白かった。

「色、黒いね」

と俺が言うと彼女は

「ガン黒、茶髪、嫌い?」

と聞いてきた。

「今時だね、年はいくつ?」

と俺

「17、高2」

と日焼け跡が残るギャルJKは
肩まである茶髪を後ろで束ねながら言った。

「若いね」

俺の彼女の身体を見る視線に気づいたのか

「来て」

と彼女はバスタブに入った、
俺も続いてバスタブに入る。

「これはいらないの」

と彼女は俺の腰に巻いてあるタオルを外した。

「大きくなってる」

と彼女は俺の下半身を見て笑った。

俺はどう手を出して良いのかわからずに
ただ彼女を見ながら立っていた。

彼女の陰毛は正方形に
綺麗に手入れされていた。

「外、暑くてさ」

と彼女はまず自分の身体にシャワーをかけ、
そして俺の身体にシャワーをかけてきた。

彼女はタオルと石鹸を手に取り、
シャワーでタオルを泡立たせると
俺の身体を洗い始めた

「お兄さん、名前は?」

「○○高志」と俺は答えた。

「おにいちゃんて呼んでいい? 
あたしはジュンでいいよ」と彼女

「緊張してる?」

とジュンは聞いてきた。

「ちょっとね」

と俺は答えた。

「なんで“おにいちゃん”なの?」と俺

「おじさんじゃいやでしょ?」

俺は苦笑した。

「いままで彼女いなかったの?」

「まあね」

「風俗は?」

「ない」

「じゃあ、女の子の裸見るのも初めて?」

「そう」

俺の視線がジュンの乳房に行った。

「触っていいよ」

とジュンは俺の手を取り、自分の乳房にあてた。

俺はゆっくりと右手のひらに
ジュンの乳房の感触が伝わってきた

「柔らかいでしょ」ジュンは笑いながら言った。

人差し指と親指でジュンの乳首を摘んでみる。

「優しくね、じゃあ本当に全部初めてなんだ」とジュンは言った。

ジュンの手が俺の股間に伸びた。

「皮、むいていい? 大丈夫?」

「大丈夫だよ、」

と俺が言うとジュンはタオルを蛇口にかけ

勃起した俺のものを右手でつかみ余っている皮をむき、

亀頭をあらわにした。

「よかった、むけないのかと思った」

とジュンは笑った。

「きれいにしてあげるね」

とジュンはタオルを手に取り

俺の勃起したものと股間を洗い始めた。

「気持ちいいでしょ?」

と聞いてくる。

俺は自分で自分のものを洗っている時とは
全く違う快感が伝わってきた。

「後ろ向いて」

と彼女は俺に背を向けさせた。

「足広げて」

ジュンの言う通り俺は両足を広げた。

ジュンが尻の割れ目を洗ってくれた、
その感触がまた良かった。

ジュンはシャワーで俺の背中を流し、
俺を正面に向かせた

またシャワーで俺の全身に付いた泡を流してくれる。

一通り俺についた泡を流し終わったあとジュンは言った。

「舐めてあげるね」

ジュンはひざまずいた、丁度ジュンの顔の前に俺の勃起したものがくる。

ジュンは右手で俺の勃起したものを握り締めて、顔を近づけ俺の亀頭を

その口に含んだ。

俺は初めて亀頭から伝わってくる
フェラの感触よりも、
ジュンが俺の亀頭を口に含み、
頭を前後に動かしているフェラ顔に釘付けになった。

黒ギャルJKが小刻みに頭を動かし、
俺のものに吸い付いてくる。

ときに頬をすぼめるように吸い付き、
ときにはその舌でペロペロと
キャンディのように俺のものを舐めまわす。

「出そうになったら言ってね」

と上目づかいに彼女が言って
また俺の亀頭を口に含んだとき、
俺はジュンの口の中に発射

「んぅっ」

ジュンはびっくりしたように口をすぼめ
俺が口の中で出したものを受け止めていた。

俺が出しきったのを伺うとジュンは
そのまま後ろを向いて頭をさげた

俺がジュンの口の中に出したものを
吐き出しているようだった

ジュンは手を伸ばしてシャワーを取り、
吐き出したものを流した

「いっぱい出た」

ジュンは顔をしかめながら俺に言った。

「大丈夫?」

「いきなりだからびっくりしちゃった、
飲んじゃうかと思った」

射精し終わったものを
シャワーで流しながしてくれた。

「気持ち良かった?」と

俺が頷くと彼女は
まだ半立ち状態の俺のものを見て笑った。

「先に出てて」

と彼女が言うので俺はバスタブの外に出た。

「ベットで待っててね」

とバスタブのカーテンを閉めた。

俺が初めてフェラチオというものを
された余韻を味わいながら濡れた

身体を拭いていると、
カーテンの奥からうがいをしている音が
聞こえてきた、なんとなく優越感があった。

俺がバスルームを出て部屋に戻ると
バックが目に入った。

ちょっと気になったが手は触れずにおいた。

時計を見るとまだ3時になっていい

まだまだ時間はある

俺はベットに腰掛けてジュンを待った。
ベットに腰掛けながら、

“ジュンはほんとうに女子高生なのかどうか”

俺はちょっと考えた。

しばらく待っているとバスルームのドアが開き、
身体にバスタオルを
巻いてジュンが出てきた。

「お待たせ」

「ちょっと聞いていいかな?」

俺は聴いてみることにした。

「なに?」

「ほんとに女子高生?」

「やだもう、見せて上げる」

とジュンは立ち上がり

すみに置いてあるバックを開けた、中から財布を取り出す

カルチェの財布から取り出したのは学生証だった。

ジュンは学生証を俺に差し出した。

高校の学生証だった、よく名の通った高校だ。

セーラー制服を着たジュンの写真が写っている。

よく見かける制服だ。

「信用した?」とジュン

俺は学生証をジュンに返した。

「こういうこと、何度もしてんの?」

「時々ね、エッチして
お金もらえるんなら楽じゃん」

とジュンは言った。

「○○のことは知ってんの?」

と俺はこの援助交際を紹介してくれた
友人のことを尋ねた。

「ううん、直接は知らない、
その人の彼女からの紹介で来たの、
マリって言うんだけどね、
マリからおにいちゃんのこと全部聞いた」

「全部?」

「うん、全部、30歳、チェリー君
でもお金持ってるって」

俺は笑うしかなかった。

「初体験だから特別サービスしてあげてってさ、
マリが言ってた
 マリには借りもあるし
サービスしてあげるね」

ジュンはそう言うと立ち上がり窓のカーテンを閉めた。

ジュンは身体に巻いてあるバスタオルを外した。

「最初はしてあげるね」とジュンは言った。

「横になって」ジュンに言われるがままに俺はベットに横になった。

ジュンは俺の身体を舐め始めた、上半身からゆっくりと。

ジュンの舌先が俺の乳首をなぞり、だんだん舌のほうへと移動していく

俺のものはもうすでに勃起していた。

ジュンが俺の腰に巻いてあるタオルを外した。

再び俺の亀頭を口に含んだ。

そして俺の上にまたがり俺の顔の前で自分の股間を広げた。

ジュンのオマ○コが丸見えだった。

きれいに手入れされた陰毛、そしてピンク色の割れ目が俺の眼前にあった

「舐めて」

俺はどう舐めていいかも
わからずに指先でびらびらを広げて

割れ目に沿ってJkギャルの
おまんこを舐めはじめた。

俺の舌の動きに合わせて
時々ジュンが身体を振るわせた。

ジュンのオマ○コの先にジュンが俺のものを咥えこんでフェラチオして

いるのが見えた。

それを見ながら俺はジュンのオマ○コにむしゃぶりついた。

ジュンの可愛らしい肛門の下にある窪みに舌を這わせると

「そこっ そこっ」

とジュンが腰を振るわせた。

多分これが挿入する穴なのだろうと考えながら

俺はその窪みを集中攻撃した、するとジュンはビクビクと腰を振るわせて

きた、それと同時に俺のものをしゃぶる動きも激しくなった。

指先で窪みを広げると中から白い液体が滲み出してくるのが見えた。

俺はその穴に舌をねじ込み、吸い付いた。

ジュンはフェラチオするのを止めた。

「入れるね」とジュンは言った。

ジュンは立ちあがり、俺の方に向き直ってまたがった。

「チェリー君、さよなら」ジュンは笑いながら言った。

そして俺の勃起したものを握り締め、自分の股間にあてがう。

ジュンは息を止めるようにして俺のものを自分の体内に導いていった。

俺は自分のものがジュンのオマ○コに入っていくのをじっと見ていた。

“生でいいのかな?”と一瞬俺は考えたが口にはしなかった。

「入ったぁ」

とジュンがいう

「出そうになったら言ってね、中で出さないでね」

俺を見下ろしながらジュンは言った。

「うん」

俺は頷くしかなかった。

「あっあっあっ」

ジュンは腰を振り始めた。

「きもちいい~」

俺はバスルームでフェラチオされたときと同様、亀頭に伝わるジュンの

肉壷の感触よりも、俺の上で悶えているジュンに興奮した。

「いいっいいっ~」

ジュンが腰を上下させ俺の亀頭がジュンを刺激するたびに

顔をしかめてジュンはアエギ声をあげる、そのたびに小ぶりでも

柔らかい乳房がプルンプルンと上下している。

アダルトビデオで何度も繰り返し見ていた光景がいま自分の

目の前にあった。

そして見下ろせばアダルトビデオではモザイクに隠されていた

女のオマ○コに出たり入ったりしている俺のものがよく見える。

俺はジュンの柔らかいオッパイに両手を伸ばし揉みまくった。

ジュンは腰の動きが激しくなる。

「いいぃ~」

ジュンのアエギ声を聞きながら、俺はもう興奮を抑えきれずにいた。

jkと円光セックスしてる

現役jkの生マンコだー

俺は堪らず自分から腰を振りジュンを突き上げた。

「いいっ!!・・いいっ!おにいちゃん!!」

「でるっ!」

俺は腰を引きながら叫んだ。

ジュンがオマ○コから俺のものを引き抜いた瞬間、俺は射精した。

ジュンは俺の竿を握り、俺の腹に精子が飛ぶように竿を動かしていた。

俺はジュンが俺の顔まで精子が飛ばないように手で遮っているのが見えた。

「きもちよかった?」ジュンが聞いてきた。

「最高!」と俺

ジュンは枕元にあるティッシュを取り、自分の手についた俺の精子と拭き

「セックスってきもちいいでしょ」と言いながらジュンは

俺の腹に溜まっている精子を拭きとってくれた。

俺はジュンをベットに押し倒した。

今度は俺がジュンの上に乗る。

「もうするの」ジュンはびっくりしたようだった。

俺は射精してもなお勃起しつづけているものをジュンの両足を広げ

挿入した。ズブズブとすんなりとジュンのオマ○コに入っていった。

「もう、元気なんだから」ジュンは身体の力を抜いた。

俺は腰を振り始めた。

俺は激しく腰を振りつづける

「ああっ中に出さないでね お願い」

懇願するように俺を見上げるジュンの顔を見ながら俺の心は征服感で

満たされた。

俺が突き上げるたびにジュンの顔が快感(苦痛?)に歪む、

ちょっと余裕の出てきた俺は今自分がセックスしている

淳子という名の女子高生を観察する余裕が出てきた。

身長は160センチぐらいだろうか、今時だが目がクリっとっしていて

可愛らしい女の子だ、この女、何人の男とこういうことをしたんだろう?

「そんなに見ないでぇ」

ジュンは訴えるような目で俺を見てきた。

その表情が俺をまた興奮させた。

「うしろからしていい?」俺はジュンに聞いた。

「いいよ」

ジュンは起き上がり俺に背を向け、四つん這いになって尻を俺に

突き出した。

俺はジュンの尻を両手で持ち後ろから挿入した。

ゆっくりを亀頭をジュンのオマ○コに出し入れする。

ついに念願がかなった、アダルトビデオの世界で俺を興奮の頂点に

押し上げていた体位がバックだった。

女を四つん這いにさせ、犬のように後ろから突きまくる。

それが今、現実のものとなったんだ。

「あっ犬みたい」ジュンが切なそうに声をあげた。

その言葉が俺をまた興奮させた。

俺はなりふりかまわず後ろからジュンを突きまくった。

「あっあっ~」

ジュンの尻が俺が突くたびに波打ちパンパンと部屋中に音が響いた。

俺は本当に犬のように激しくピストン運動を繰り返した。

最高の至福感、征服感だった。

今までは女に対してどこと無く妙な劣等感があった。

でも所詮女なんて金さえ払えばいくらでも自由にすることができるんだ。

この時俺は本気でそう思っていた。

「あっ、あっ、なんか犯されてるみたい」

“17歳の女子高生を犯してる!!”

“犬のように犯してる!!”

いままでの“童貞”に対する劣等感をジュンにぶつけるかのように

俺は腰を振り続けた。

「あぁ、出そうだ」俺が言った。

「中で出さないで、ねっ、ねっ・・・」ジュンが心配そうに振り向いて

反射的に腰を引こうとする。

俺はがっしりと両手でジュンの尻を掴み、引き寄せた。

俺は快感を貪るように腰を振り続けた。

「ああっ・・こわれちゃうぅ」

「そろそろいくよ、ジュンちゃん」

「いってぇ」

「口の中に出していいかい?」

俺はつい最近見たアダルトビデオを思い出していた。

「いいよぉ」

ジュンは小さな声で答えた。

「ううっっ!!!」俺はジュンのオマ○コから勃起したものを

引き抜くとすかさずジュンの顔に近づけた。

ジュンは上半身を起こし、眼前に突きつけられた亀頭を咥えこんだ。

ジュンの口に亀頭が入った瞬間、俺はジュンの口内に射精した。

顔をしかめ頬をすぼめながらジュンは俺の精子を口内で受け止めている。

オナニーでも3回連続では射精したことがなかったのに

こんなにも精子が出るのかと自分で思うほどジュンの口内に精子が

流れ込んでいた。

ジュンは俺の精子が出きったのを見計らい

頬を膨らませバスルームにかけ込んでいった。

俺がベットで横になり余韻に浸っているとジュンがバスルームから

出てきた。

「もう、激しいんだから」ジュンは少し怒ったように言った。

「ごめん、ごめん」俺は素直に誤った。

「もう!」ジュンは俺の隣に横になり俺の萎んだものを軽く叩いた。

「ごめん、悪かった。つい興奮しちゃって」

「もう、後ろからしてるとき、おにいちゃんのオチンチンすごく

 硬くなってたみたい」というとジュンは笑った。

「満足した?」ジュンが聞いてきた。

「ああ、大満足」俺は答えた。

「しばらく休んでもいい?」とジュン

時計の針は4時を過ぎたところだった。

「ちょっと寝よう」

俺とジュンはベットに入り少し寝ることにした。

少しウトウトして時計を見ると5時を過ぎていた。

ジュンはまだ隣で寝ていた。

「6時まで」と時間を区切っていたのを思いだしたが

まだ時間があるのでジュンをそのままにし俺はシャワーを浴びた。

シャワーを浴びて部屋に戻るとジュンはまだ寝ていた。

5時半になろうとしていたので俺はジュンを起こした。

「やばっ・・・」

ジュンは飛び起き、バスルームへと入っていった。

俺はベットに腰掛け裸のままジュンを待っていた。

ジュンがバスルームから出て来たときはもうこの部屋に入って

来たときのように水色のキャミソールを着ていた。

「どうもありがとうございました」ジュンはペコリと頭を下げた。

「ちょっと待ってよ、まだ時間あるよ」

時計の針は5時50分を指していた。

「お願いがあるんだ」俺は立ちあがった。

不思議そうに俺を見るジュンの前に俺は立って言った。

「服を着たまましゃぶってくれないか」

「えぇっ、またぁ・・・」ジュンは少し顔をしかめた。

「頼むよ」俺は駄々をこねている子供のようだった。

「・・・・・・・もう、6時までだよ」

ジュンはそう言い、俺の前にひざまづいた。

俺の腰に巻いてあるタオルを取ると

俺の者はすっかり皮を被って萎んでいた。

「ちっちゃい・・・」

ジュンはそう言いながら俺のものを口に咥えこんだ。

ジュンの口内で徐々に俺のものは大きくなっていった。

ジュンが唇を使い皮をめくり亀頭を露出させる。

ジュンの舌技が俺の亀頭から脳に響いてきた。

チュパチュパと音を立てながらジュンは俺のものをしゃぶってくれた。

ジュンは上目使いに時計を見たのがわかった。

時計はもう6時になっていた。

「まだ出る?」ジュンは俺に聞いてきた。

「もう駄目みたい」さすがに短時間で四回目は出ないようだった。

「ごめんね、友達と約束があるの」ジュンは言った。

「また遊んでくれる?」ジュンは俺に尋ねた。

「もちろん!!」俺は答えた。

「じゃあ、またエッチしたくなったらこの携帯番号に電話して」

ジュンは俺にプリクラを貼った名刺を差し出してきた。

俺はそれを受け取った。

「じゃあね」ジュンはバックを持ち部屋を出ていった。

これが俺の初体験だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。