ツルツルマンコの妹とペッティングすると愛液が溢れてきた【近親相姦】

小学生の妹にムラムラと欲情してしまう
ロリコン兄な俺

妹を全裸にし、ちっぱいやツルツルマンコを
舐めて近親相姦したいと強く思うようになってしまいました

そして、妹が小学6年生の時

私は、ついに妹に告白してしまったんです

妹と二人っきりの時だったので、
妹も良くわからないまま二人でお風呂に入り
妹にペニスを握らせたのです。

そのかわりに、
妹がお風呂からがった時に、
妹の体を舐めることにしていたのです

妹を横にして、
妹の両腿を開いて花びらを舐めたのです

初めのうちはぐすぐったいと言っていたのに、
5分後過ぎにはなんだか
おかしい感じになってきたといっていたのです。

これが初めの妹との近親相姦の
世界の扉を開けた時の様子

それから、両親が留守の時

同じようにお風呂から出てきた
jsな妹の体を舐めはじめ

妹もくすぐったいとは言わなくなって、
気持ちよくなっていくような感じだといっていました。

この日は妹の花びらを手で広げながら、
全てを嘗め回しながら
妹の反応を見ていたのです

不思議なもので
まだ小学6年生だったのに
愛液のようなものが出始め

全て舐めてしまったのです

妹の花びらを広げて、
この穴がペニスを入れる穴なのだと調べることができ、
いつの日かここに挿入できる日を
楽しみにしていたのです

このような日が数か月続き

妹は完全にツルツルのロリマンコを
舐められることで気持ちよくなって
学校から帰宅すると
ペッティングするようになったのです

そのころは私のペニスを
舐めることもできるようになって
初めての精液を飲むこともできたのです

それまでも、妹の前で
精液を出すことを何度もやっていたので

妹の愛液を舐める代わりに、
妹のほうからザーメンを飲みたいと言ったのです。

初めて妹が飲んだ時には
すごく気持ちよくて
いまだに忘れることがありません

妹の反応は日ごとによくなって、
途中止めるのではと思っていた私にとって
最高の妹に育っていったのです

妹が中学生の時に初めて
挿入することができたのです

これまでも妹の穴に何度も挿入を試みたのですが、
亀頭の先が合わさるだけで思うように
挿入することができなかったのです。

初めて挿入した時には、
妹の膣穴は準備が整っていたようで
窮屈ながら最後まで挿入することができました

数分後には大量の精液が
妹の子宮の奥に出ていき

これが本物の兄妹近親相姦セックスだと
感激しました

妹も成長し、薄っすらと産毛のような
マン毛を生えてきて、
おっぱいも膨らんできて
さらに可愛い妹に発育中なんです

兄として、この可愛い妹と
H出来るのは至福の時間です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。