近所のおばさんのオシッコ臭いオマンコを舐める男子中学生【ペッティング】

官能小説みたいな初体験を
経験したんです

その初体験とは
近所のおばさんに筆下ろしされたんです

そのおばさんは四十路熟女で
ぽっちゃりとした美熟女でした

その近所のおばさんは、
旦那と娘の3人暮らしの主婦でしたね

うちの毋と仲良くて、
結構家にきてたりしました

当時、中学生だった私は
ドラマの主題歌を聞いて
チャゲアスのファンになり

おばさんも実はチャゲアスのファンで
そこから色々話を
するようになりました

CD貸してもらったり、
たまにご飯食べさせてもらったり

旦那さんは商社勤めで
海外出張が多かったみたいで
そんな時に夕飯とか食いにいってると

「安心だわー」

とか言ってました。

自分は一人っ子だったんで、
おばさんの娘さんを妹のような感じで
色々勉強とか教えたりしてました

初体験は夏でした

娘さんのとこに
勉強を教えに行ったら、何かいなくて

「でも、折角きたんだから、
何か飲んで行きなさいよ」

って奥さんに言われて

「すいません」

って上がったんです。

そん時の事は今でも脳裏に焼きついています。

奥さんがピチッとした
ミニのワンピースだったんです

もう体のラインがくっきり出てて、
意外とおっぱいがあるな~
とか

大人の色気というか
艶が凄かったです

もう話なんかうわの空で、
おばさんのおっぱいばっか見てた気がします。

そしたら

「なにみてるのぉ?」

って言われて

ヤバい!

「でも、興味ある年ごろだよね」

って言ってそれから奥さんが
チラッと玄関の方に目をやって、
玄関の方に歩いていったんです。

そして「カチャッ」と
玄関にカギをかける音がしたんです。

あの時の期待と
恐怖の入り混じった感情を
説明するのは難しいんですが

もうドキドキドキドキしてました。

玄関から戻ってきた奥さんは

何と言うか目が違ってました。

例えるならヒヨコを見つめる蛇のような

もう逆らえないという空気は
確実にありました。

それから奥さんが私の隣にすっと座って
ピタッと体を寄せてきました。

もうこっちの心臓は破裂寸前です。

そして何も言わず私の手を取ると
おばさんはおっぱいの上にもっていかれました。

「どぉ?柔らかいでしょ?」

とそんな事を言ってた気がします。

もう私は頭が真っ白で
活動停止していました

私がガクガクしながらぎこちなく
おっぱいの柔らかさを確かめていると
今度は片足のヒザを立てたんです。

すぐにむっちりとした
白い太ももがあらわになりました

もうチンコがフル勃起状態で痛くて

耐え切れずにズボンに
手を突っ込んで位置を直しました

そしたら

「私にオチンチン見せてくれる?」

と聞いてきます。

もう拒否なんか出来ません

言われるままズボンと
パンツを脱ぎました

もう勃起しすぎて
チンコが自分の腹にペチペチ当たるんです

それをエロおばさんが手でもって

「綺麗にするね?」っ

て言って
傍にあったウェットティッシュで
拭き始めたんです。

もちろん皮は全部剥かれました、
ちょっとイテッとなりました。

そして剥いた所を丁寧に拭くんです。
もうその刺激が強烈で

拭かれる度に

「ああっ!」

と悲鳴をあげました。

そんな私の様子が気に入った様で、
ニヤニヤしながらこっちを見てくる
痴女おばさん

一通り拭き終わると、
今度は奥さんが目の前の
テーブルの上に腰かけました

そしてちょっと足を開くと
ピンク色のショーツが目の前に現れました。

こんな近くで女性の下着を
見たのは初めてでした。

そして奥さんがショーツに
手をやるとスルスルと下しました。

今度は目の前におまんこが現れました。

今にして思うとマン毛は
薄い方だと思います

色は流石に黒かったです

ビラビラもなく、
こじんまりした女性器

それから何て言われたのか忘れましたが、
とにかく延々とオマンコを舐め
ペッティングを強要されました

もう30分は確実に舐めていたと思います。

最初はちょっとオシッコの
臭いがしましたが、
それは感じなくなって代わりに
変な味が出てきたのは覚えてます

延々ペッティングさせられた後に
奥さんは寝室に来るよう私にいいました

寝室に行くとダブルベッドがありました。

ベットの掛け布団をさっと除けると
奥さんはワンピースと
ブラを取って全裸になりました。

もちろん私も脱ぎました。
それから奥さんがクローゼットの中からゴムを持ってきて

「つけられる?」

と言うので

「わかんないです」

と言うと

「そっか、初めてか・」

と言ってスルスルっと
物にゴムを被せました。

「これ、とっちゃ駄目よ?」

と言うと今度はゴロンと
あおむけに横になって股を開くと

「ここに入れるの」

と指でマムを開いています。

それは未知の領域への突入でした。
たしかにエロ本は見てました。

でもそんな知識はどっかに飛んでいました。

言われるまま、物を奥さんの
黒いオマンコに差し込みました

奥さんは

「あっ」

と言って目をトローンとさせていました。

中はそんなにキツくなくて、
締め付ける感じは無かったです

でも膣奥まで入れると
何か当たる感じがありました

でも動きがとてもぎこちなく、
まともに動けてなかったので奥さんが

「一回抜いて」

と言って四つん這いになりました。
そしてオマンコの所を両手で広げると

「これで入れなさい」

と言いました。

私はまたもやズブッと差し込むと、
今度は凄く締まってるんです。

奥さんも

「深くまで入っちゃった」

と言って自分で動いてくるんです。

私は中腰のまま、
膣奥さんがガンガン動いてきます。

すると、物の奥の方からなにかが
グーッと上がってきて、
それが勢いよく物から飛び出しました。

私はその快感に耐え切れず

「んあっ!いいっ!」

とか何とか声を出してました。

それに奥さんが気がついて、
後ろを振り向いて

「イッちゃった?」

と聞いてきました。

バックにしてから
1分もたなかったと思います

するっと物を抜くと
ゴムの中に精子が大量に溜まってました

奥さんはそれをキュと
縛ってごみ箱に捨てました

奥さんは

「どう?気持ち良かった?」

とニコニコしていました。

それから2人でシャワーを浴びて
汗を流しました。

でも1度射精したのに、
どうにも勃起がおさまらないんです

そこでシャワーを止めて、
そこで痴女奥さんがフェラをしてくれました

これがもの凄い刺激的で

またあっという間に射精

その後、痴女奥さんの昼飯を
食べて家に帰りました。

「またいらっしゃい。」

と奥さんがキスしてくれました。

家に帰ってからも興奮は収まらず、
痴女奥さんを思い出して
2回オナニーしました

まるで淫乱おばさんに喰われるように
中学生の時、童貞喪失し
物凄く刺激的でHな体験でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。