可愛い姪っ子とHして、処女を奪った叔父

俺には姪っ子がいるんだが
姪というのはこの世で
一番可愛い生き物なのかもしれない

そんな姪が就職した事で
近くに引っ越してきた

叔父である俺が近くに住んでいるからと
兄夫婦はOKしたらしい

しかし兄夫婦は知らないのだ

俺と姪っ子の秘密のHな関係を・・

俺と兄は15歳も年齢が離れていて
兄よりも姪っ子との方が年が近い

兄は昔から第2の親的な感覚で、
兄弟という感じがしなかった

兄は俺が小学低学年の内に
結婚して家にいたので
兄嫁も母親のような感覚だ

小学校高学年の時に姪が生まれ、
どちらかというとそちらの方が妹のような感じ

そういう家庭なので、
俺が大学に進学した時に実家を離れた

そのまま都会で就職してから、
時々姪が遊びに来るようになっていた

二人で兄妹のように
遊園地とか映画に遊びに行っていた

姪は当初は兄のような感覚で接していたようだが、
20代半ばの俺としては
やはり姪っ子を意識してしまった。

彼女はいたが 10歳も年下の女と
Hした経験した事がなかったので、
若い女の身体には興味があった

結局、俺が27歳のある日

JKの姪っ子とHする関係になった

姪もその頃には俺の態度から、
俺を男としても意識していたようであまり拒まなかった

姪の見たかった映画の帰り
夕暮れの俺の部屋で俺達は結ばれた

俺にとっては5人目の相手だが、
処女だった姪にとっては初めての男だった

ちなみに姪を美佳という

俺は勇二

美紀とはそれからは
年に数回ぐらいHする関係に

もちろん最初の時からゴムを使用

お互いのためだ

2年程して俺は結婚した。

家は引っ越したが、
姪っ子は時々遊びに来た。

俺の妻の前では叔父と
姪のいい関係で通していた。

もちろん兄夫婦の前でも

残念だが妻のいない所で会う機会がなく、
身体の関係はなくなった

しばらくして、妻が妊娠した

もちろん俺の子だ

お腹が大きくなり、
出産と当初の育児は妻の実家で行うために田舎に行ってしまった。

そのタイミングで美紀が就職したのだ。

当初の通りの理由で、
兄夫婦や妻には何の疑いもないようだった

姪っ子の最初の男が
俺というのは二人だけの秘密

就職の挨拶というので
兄夫婦と共に美紀がやってきた

そして皆で夕食。皆で泊って行った。

妻がいないからということで
姪っ子が家事をこなした。

エプロン姿の姪っ子に
思わず欲情したがガマンガマン

翌日美紀の家の準備と言うので
3人で出かけて行った

そして夕方またやってきて、
兄夫婦が挨拶して実家に帰っていった。

美紀は

「兄ちゃん(兄夫婦の前ではそう呼んでいた)の食事作って
一緒に食べてから帰る」

と残った

微妙な視線を俺に送っていたのはもちろんだ。

二人で食事をして一緒に風呂に入った。

久しぶりに見た姪っ子の身体は、
すっかり大人の女になっていた

思えばまだ幼さの残るこの身体に、
男を覚えさせたのは俺

美紀を愛撫しながら色々聞き出した

どうやら俺のような年上の男と
付き合う事が多いらしい

ということで結構テクニシャンになっていた。

「俺以外に何人知ってる?」

と聞いてもなかなか答えない

色々質問して、どうやら5人以上10人以下

2~3人は1回だけというのもあるようだが、
それは年下が多いらしい

もしかして女を教えてやったのもあるのか?

と聞くと、まあねと言う

風呂で美紀の覚えたテクニックを体験させてもらって、
俺も色々やってから二人で夫婦の寝室へ

我慢が出来なくなっていた俺は
強引に美紀をベッドに倒して上に乗った

美紀の足を開き、
いきり立った俺を中心にあてがうと、
美紀の両手を取り、俺の両手と指を絡めて見つめる

「入れるよ」

と言うと

「うん」

と俺を見つめる。

狙いを定めて美紀の中心に俺を沈める。

ニュルっとした感覚の後
全体が柔らかいものに包まれる

美紀が

「ふうー」

と息をつく。

美紀を見下ろしてから

「痛い、とか言わないの?」

と聞いてみる。美紀が

「もう言わないよw」

と笑う。

可愛くなって、
姪っ子を上から抱き締めて腰を動かす

あっという間に全身に快感が広がる

美紀が懐かしい声を上げて俺に腕を回してきた

腰を動かしながら唇を合わせ、舌を絡めてお互いに出し入れ。

二人で快感を楽しみながらしばらく出し入れした。

限界が近づいてきたので慌てて動きを止めた。

入れて止めた状態でうんと力を込めて、しばらく鎮まるのを待つ。

「ヤバイから抜くね」

と言って抜いた。美紀が

「あ、ピル飲んでるから」

と言う。

「えっ?」

「大学で付き合ってた彼氏が
ゴムキライでね」

「ふうん」

まあ詳しい話はしたくなさそうなので
深くは聞かなかったけど、色々あったのかもしれない

よく考えたら美紀に中出しした事がない、
っていうか生挿入もなかった

なぜって、いつも正しい関係ではないから、
恋人のようにする事は出来なかったんだ

そんな話をしていると最初の興奮も鎮まり、
俺自身もやや元気がなさそう

美紀が

「元気にしてあげるから逆になって」

と言う。

俺がベッドにあおむけになって、美紀が上になった。

唇を合わせ、舌を吸いあってから美紀の唇が次第に下へ。

耳たぶを甘噛みされたあと俺の乳首に唇が。

そして美紀の右手が、すっかり乾いた俺自身に伸びて、さわさわと微妙な感覚が走る。

俺自身がすっかり元通りになって、先端からはまたネバネバが出始めた。

美紀の手はそれを取って掌で俺自身に伸ばして塗りつけるようにした。

それをローション代わりにして俺自身全体をマッサージする。

唇は俺の乳首を交互に愛撫している。

あまりの快感に俺はついつい情けない声を出してヨガってしまった。

美紀が

「ユウジ(二人だけの時はそう呼ぶ)面白いね」

と言う。思わず恥ずかしくなったが、照れ隠しで

「美紀が上手いからね」

と話しかける。

「おかげさまで」

と言いなががら愛撫してくる。

目を閉じてとろけるような感覚に任せているうちに、再び絶頂が近づくのが分かった。

「もういきそうだ」

と伝えると、

「まだダメだよ」

とやめてしまった

美紀が身体を入れ替えて自分の部分を俺の顔の上に乗せてきた。

3回目くらいの関係の時に、俺が美紀に教えた事だ。

美紀のまるい尻の割れ目を両手で広げて、
姪っ子のピンクの部分を広げる。

17歳の美紀の
ここはまだ毛も少なく鮮やかなピンク色だった

以前に比べてやや肉の襞が大きくなった割れ目だが
おまんこの中のピンクはまだ新鮮だった

今は美紀自身の液体でヌメヌメと光っていた。

美紀が俺自身を両手で包み、皮を根元に押し下げるように固定したのが分かる。

次の瞬間に俺の先端をペロっと数回舐め上げると、やがて半分くらいが美紀の口の中に収まった。

全部は中に入らない。

俺のが大きいから苦しくて無理、だそうだ。

妻も同じことを言う。

そのまま口を出し入れ、そして、両手の人差し指と中指で俺の袋をマッサージしている。

気持ちいい!、そして上手い!

俺自身はすぐにマックスになったのが分かる。

俺も負けじと美紀を攻撃。

美紀の尻の穴を目の前に見ながら舌の先をとがらせて美紀の谷間をなぞる。

周りをベロベロと舐めまわしてから、液体が溢れ出した穴の中に舌を出来るだけ差し入れる。

美紀の快感に合わせて尻の穴がヒクヒクと動いている。

舌を差し入れながら親指でその周りをマッサージ。

人差し指では尻の穴の周囲の柔らかい部分をそっと撫で回す。

美紀が快感にくぐもった声を上げながら、
俺に快感を投げ返す

自慢になるが、俺のこのテクニックはいいらしく、
付き合った女がみんな喜ぶ

妻もこれに溺れて、俺と結婚する事になった。

ここしばらくは妻にしか使ってなかったので、
美紀に使うのも久しぶりだ

やがて美紀が我慢を出来なくなり
身体を入れ替えると俺自身の上に自分の中心をあてがってきた。

昔はここで一旦ゴムを付けたのだが、
今日はそれを省略

俺は何もしなくて、
美紀が自分で俺の上に身体を沈めてきた。

俺の全体が姪っ子の温かさに包まれて、
ぎゅっと締めつけてきた

俺の両手を取り、
手の指をお互いに絡ませて握った。

その手を支点に姪っ子が激しく上下し、
髪を振り乱し、胸を揺らす

ぱちぱちと激しい音がして硬直した
俺の上に柔らかい美紀の胎内が出入りする

指を振りほどくと、
揺れる姪っ子のおっぱいを手で包み、
揺れに合わせるように揉む

乳首に親指を合わせて揺れを利用して弾くようにする。

美紀は空いた手を俺の胸に下ろして、
それを支点にして上下運動を続ける。

まだまだ若い美紀は体力が続くので、いつまでも上下運動を続ける。

俺と同年代の妻は、体力が続かずにすぐにこれをやめてしまう。

それに妊娠が判明してからは、子供のためにこれをやめて、ソフトな行為で終わっていた。

久しぶりの激しい行為に俺の身体は悦びの悲鳴を上げている。

思わずはずかしいヨガリ声を上げて、美紀に快感を伝える。

「美紀、もう駄目。イキそうだ」

そう言うと美紀も

「ユウジ、いって、このままいって」

と叫び、上下運動を続けながら、いっそうぎゅっと締めつけてきた。

「イク!」

俺がそう叫び、美紀の胸を掴んだ手にぎゅっと力を込めた。

息が止まり、思わず立てていた膝に力が入り、美紀を少し持ち上げる。

美紀は運動をやめると「あぁん!」と呻き、
一旦上向きに反り返り、ぎゅっと俺を締め付けてきた

「ドクッ」

と俺の最初の一発が出た瞬間に
美紀が俺に倒れ込み、俺は美紀の背中に腕を回した

二人はぎゅっと密着しながら、
神経をあそこに集中していた

俺の中から飛び出したものが美紀の中に溢れ、
美紀自身からも熱いものが溢れていた

美紀を初めて抱いた時から既に6年の時が流れていたが、
俺の快感を直接美紀の中に溢れださせたのは初めてだった。

密着し、美紀に締め付けられた
まま数回の律動を行った

残りの数回は、もっと感じたくて、
俺が下から腰を動かして、抜けない程度に美紀の中で揺すった

美紀も協力して最後の数滴を絞り出した。

お互いの液体が美紀の中で混ざり合い、熱くなっていた。

しばらくそのまま抱き合ってじっとしていた。

二人の荒い息がお互いの耳元で聞こえる。

俺の深い息に合わせて美紀の身体の密着が感じられた。

二人とも汗ばんで、密着した身体が貼りついていた。

「美紀の中に出したのは初めてだね」

と言うと、美紀がぎゅっと抱きついて、

「ユウジのが中に出されて嬉しかった」

と言ってくれた。

俺のが次第に小さくなってくると、
隙間から二人の液体が混ざったものが流れてきた

俺の根元から袋の周り、
そしてお尻のあたりを伝っていくのが感じられた。

でも、全然不快ではなかった

むしろ嬉しかった

美紀との関係で、
終わった後ここまで長い間くっついていた事がなかったから

二人でシャワーで汗を流した。俺はもっとしたかったが、

「家から連絡があるから」

という事で、美紀は新居に帰る必要があった。

「でも、しばらくはユウジのご飯作りに来るね」

と帰っていった。

兄夫婦と妻は全く警戒していないので
これからしばらくはまた姪っ子とHな関係が持てそう

もちろんお互いに「遊び」と割り切って
SEXを楽しむだけの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。