【ガチFUCK】デブ巨乳な五十路おばさんがズボンの上からチンコを握ってくる

デブ巨乳な五十路おばさんと
セックスフレンドになりました

デブおばさんと会えるのは
月に2,3回程でしたが
丁度繁忙期でなかなか会えず
一ヶ月ぶりにようやく会ってパコれました

相当飢えていたデブ巨乳な淫乱熟女は
ラブホの部屋に入るいなや
俺のチンコをズボンの上から握ってくる

もう、Hが目的で逢ってるので
痴女デブおばさんも行動がダイレクト

それで俺も笑服の上から、
巨乳を揉みしだくと、
もう目が潤んですっかりエロモード

 スカートの中に手を入れると、
おまんこが熱くなってて、
パンティが既に湿っています

パンティの上から少し愛撫すると
もう我慢できなくなったのか
自分からパンティを脱ぎ捨てました

クリトリスに直に触れて愛撫すると、
オマンコは愛液ですぐにグチョグチョ

膣中を手マンして、
かき回したら

「ダメ、ダメ出ちゃう」

と言って手を押さえ付けられました

中断してお風呂タイムかと思いきや、
自分から服を脱ぎ始め全裸に、
こっちも慌てて服を脱ぎ捨てます

 ソファーの上で二人供
全裸になった所で愛撫再開

3段腹熟女なので
抱き合うとブヨブヨして気持ち良いんです

そしておまんこにに指二本入れて
激しくGスポットを指マン責めすると

「あ~イク」

っと叫びジョバっと言った感じで
大量潮吹きで絶頂します

ソファーが潮でビシャビシャ

すぐさま

「気持ちいい、入れたい」

と言って騎乗位で
逆レイプでもするように襲ってくる

 ここでイタズラ心が
湧いてしまったのですぐ挿入せずに、
チンコを握って下から
グチョグチョになったオマンコの入り口周辺を
亀頭でグチャグチャとかき回すと

再び潮吹き

太ももだけじゃなく、
床まで潮だらけ

二、三度それを繰り返したら

「入れて、お願い」

ともう限界な様子なので、
愛液と潮でグチョグチョになった
オマンコにチンポを入れると
デブおばさんが腰を激しく振り

「気持ちいい、気持ちいい、逝っちゃう」

と淫獣のように絶叫し
潮吹き絶頂してアヘ顔になっている

 しばらく繋がったまま、
デブおばさんはゆっくり腰をくねらせて
余韻を楽しんでいました

 立ち上がると、
ソファーと床に潮の水溜まり

「ホテルの人に怒られちゃうかな?」

と言ってタオルで拭き取り、お風呂場へ移動

ソファーでの興奮がおさまらず、
エロモード全開になり、洗面台の鏡の前で
立ちバックで再び挿入

バックから入れられて、
鏡に写る姿を見て興奮したのか

淫乱デブ熟女は
再び大量の潮を吹いて絶頂

お風呂でイチャイチャしつつ、
一度潮を洗い流します

 ベッドへ移動したら、再びエロモード

今度はじっくりキスをして、
超巨乳を愛撫して、
手マンでまたしても潮吹き

クンニでもすぐ絶頂

フェラはチンコを含んだまま舌で
亀頭を刺激してくる中々のテク

逝きはしないけど、
腰に力が入らなくなるくらいの気持ちよさ

正常位で挿入してピストンすると、
ジワッっと股間が熱くなり、
挿入潮吹きは久しぶりの感触

その後寝バック、バック
松葉崩しなど

そして最後に正常位ファック

もう、ベッドも潮で
ビショビショです。

 「もうダメ、逝って」

と懇願され、ラストスパート

デブおばさんも潮を吹きまくって、
更に二回程逝ったところで、
おばさんの段腹にフィニッシュ

終わった後は、前回同様、
全身敏感になってしまい
痙攣して丸まってしまいました

 飲み物を飲んで
インターバルを取った後
二回戦目のファック

結局この日は時間切れ&彼女の体力切れで
二回戦で終了

でも、終わりのお風呂で、
チンコを再びフェラするなど
エロくてたまりませんでした。

超巨乳のデブおばさんは
感度抜群の潮吹き体質なので
クジラみたいで面白いです

また会ったら
ガッツリファックして、
潮吹きさせるつもりです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。