野球少年を逆レイプする露出狂のキチガイ女【変質者】

露出狂の女性に
中学生の時襲われたんです

僕は小学生の頃から野球少年で
中学に入ると野球部に入りました

あれは5月だっと思います

部活帰りに一人で歩いていると

「ちんこ見せて」

と女性の声が聞こえてきました

思春期でエロガキまっさかりの時期ですが
僕はエロさよりも恐怖心の方が強かったんです

何故なら、後ろを見ると
1人の女がおっぱいを露出して
まるでキチガイみたいな目をして
僕を見つめてくるんです

この変質者のキチガイ女に殺される

そんな恐怖感が湧き上がってくるんです

僕はパニック状態にって

「えっ?えっ?」

と戸惑っていると
何もいわずおっぱいで
僕の顔を包み込んできました

超怖かったけど
おっぱいの柔らかさで
ちんこはフル勃起してしまったw

あわてて逃げようとしたら
腕をつかまれ引っ張られました

そのまま変態キチガイ女は
しゃがみこんでズボンと
パンツを下ろして来ました

逃げようとしていましたが
実際はドキドキしていました

キチガイ女は
そのままちんこをしゃぶって
逆レイプしてくるんです

僕は10秒もたたないうちに
口内射精してしまいました

あまりのザーメンの量におんなは
ゴッホと咽ていました

僕はもう終わったと思ったのですが
2人目の女が出てきて
胸でちんこを包み込んでパイズリしてくるんです

ここまでくると
僕もていこうしません

そのまま草むらに倒され
1人はキス

もう1人はフェラチオされ
キチガイ女二人に逆レイプされたんです

しばらくしまた射精しました

次はいよいよまんこに
入れてくれると思いました

思ったとおりキチガイ女は
僕におおいかぶはりおまんこに
挿入してきました

「ちょっと待って、ゴムは?」

「はぁ そんなものないよ。あんたもいらなでしょ」

僕も生ハメしたかったので
うなづくと腰を落としてきました。

童貞だった僕にとって
はじめてのまんこ

ありえないほど気持ちいい

「あっ待って、一回抜いて」

僕がそう言うと
ものすごいスピードで腰を振って
グラインドしていくるんです

「はぁはぁ 意外と気持ちいいね
う~ あっあっはぁ」

とわめいていました。

もう1人のキチガイ女は
おっぱいで僕の顔を包み込んでいます。

「あっでる!! でる 抜いて」

「いいよ、中出して~
たくさん出して~ あ~」

とさらに激しいグラインド騎乗位

ピュッピュ

と僕の精子をたくさん出しました。

キチガイ女は僕のザーメンを絞り取ると
そのまま去っていきました

あれは夢だったのかも?

今思い出してもリアリティがない
不思議で怖くHな体験でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。