パンチラしているギャルに痴漢して、食い込みパンティで生尻を触りまくる

パンチラしそうな程超スカートが短い
マイクロミニの無防備女子を駅で発見!

階段を上がればパンチラするのは確実で、
とりあえずギャルの生パンティが
見たいと後をつけた

マイクロミニゆえ
、歩いているだけでチラチラと
黒パンらしくものがチラつくビッチなギャル

普通、この手のギャルは階段を上がる時に
後ろに手を当てたりバックで隠したりするのだが
このギャルはそんな素振りも見せない

パンティぐらい見せてやるよ!

となかなか気合の入ったお転婆ギャルだ

更に嬉しい事に、
この子は1番混むT海道線の
ホームへ向かうではないか

階段では5メートル程後をついていくと、
先程チラチラしていた黒パンが
よりハッキリと、かつ尻肉に食い込んでおり
もう俺の理性は完全にぶっとんだ

もう、OKか爆弾娘かはどうでも良い

乗り込み際のドサクサだけでも、
あの黒パンが食い込んだ
生尻を痴漢して触りたい
という思いで一杯

ラッキーな事に、到着した電車も
列を作っている乗客も痴漢をするには絶好の条件

予定通り、乗り込み際に
そのギャルを逃がさないように
右手を腰に回しながら、
左手で念願の黒パンの食い込んだ生尻をゲット

そのギャルは困惑したようにこちらを向く

可愛い神級ギャルだ

無視して黒パンをTバックのように
更に生尻に食い込ませると
観念したのか下を向いてしまった

OK娘ではないようだが、
見た目の派手さと違って
痴漢には弱いタイプだ!

それではとことんやってやる

抵抗がないので、
生尻を堪能していた手をマイクロミニを
捲り上げるように、前へ回す

ギャルのマイクロミニはは黒パンを
尻肉に食い込ませた状態で
前も後ろも腰の辺りまで捲り上げられた

気がつくと、
前の奴がおっぱいを攻めているらしい

そこは譲ろう

ブラジャーのホックを外して
十分生乳を堪能してくれ

俺は前を頂く

前に回した手をギャルの黒パンの
前ゴムの上から進入させると
一気に人差し指と中指をギャルのおまんこに進入させた

濡れてはいなかったが、
そんな事はどうでもいい

ギャルは小さな声で、

「やめて下さい」

と俺に言った

俺はギャルの耳を舐め、

「こんなマイクロミニに黒パンを穿いて、
触られてたいんだろ
ほら、痴漢してやるよ」

と言ってやった。

ギャルは無言だった

2本の指をギャルの中に入れ手マンして
時々クリトリスを刺激したりしながら
抜き差ししていると、さすがに濡れてきた

ギャルの黒パンは俺が前から
手を突っ込んでいる為に、半脱げ状態

空いていた手で後ろ側のゴムを引っ張り、
ついに黒パンを太もも付近までずり下ろした

マイクロミニはさっきから腰まで捲り上がったままなので、
ギャルの下半身は前も後ろも丸出し状態になった

ギャルの前側にいた奴が
ブラを外してセータをたくし上げて
おっぱいを揉んでいたので、
前は全裸に近いと言っても良い

既にこの頃になると、
異変に気がついた周囲の連中が寄ってきた

注意するのではなく、
触っても問題なさそうと分かると寄ってくるとは、
どんでもない奴らだ

しかし、この集団痴漢の状態は
俺にとっては最高。

俺はズボンの中からイチモツを取り出すと、
腰を屈めてギャルのその部分にあてがった

ギャルが大柄であった為、
それほど無理をせずに挿入に成功

まさかそこまでされるとは
思っていなかったギャルは、
ここで最後の抵抗を試みる

でも、声を出すわけではないし、
寄ってきて触りたくてしょうがない
下品で変態な痴漢集団に掴まれて、
結局俺の挿入を許す事になる。

状況が状況なだけに、3分ほど抜き差ししているうちに、
俺はギャルに勝手に大量に中出しした

ギャルは泣いていた。

俺はギャルの太股に手を当て、
黒パンを足も使ってギャルの足首まで下ろすと、
落とし物を拾うようなフリをして
ギャルの足首からその黒パンを抜き取ると、
ポケットに納めた

これでギャルは歩くだけで
パンチラのマイクロミニで
ノーパン状態に

俺は十分に堪能させて頂いたので、
次の駅で降りたが

ギャルは他の痴漢どもに
降りる事を許されなかったようだ

饗宴はまだまだ続いたはずた

電車の中でボロボロにされるまで
陵辱されおもちゃにされたのだろうと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。