【三角関係】会社の先輩の彼女に恋愛相談されて、寝取りエッチしてしまった

会社にお世話になっている先輩がいて
先輩は職場恋愛中で彼女がいます

先輩のSさんの彼女は
俺の後輩でもある

Sさんと俺は同じ部署で
先輩の彼女は違う部署だった

当初は見知らぬ新米OLが
いるってことぐらいしか認識がなかった

Sさんと俺は同い年ってこともあり、
元々仲が良く仕事以外のこともよく話してた

Sさんと彼女のAさんが
付き合うようになった経緯や
どんなエッチをしてるかなども聞いてた

また、俺も当時付き合っていた
彼女のこともKさんに相談していた

それから業務内容の変更があり、
俺はAのいる部署へもたまに行くことになった

ある日喫煙室で休憩していたところ、
たまたま先輩の彼女のAも来た

そこで初めて
Aとまともに話すこととなる

俺は

「はじめまして~噂は聞いてます(笑)」

と声をかけると、Aもにこやかに

「こちらこそはじめまして(笑)」

お互い先輩を通じて
色々話は聞いてたから
普通に盛り上がって話してた

「そういえば、
彼女とは仲良くやってますか?」

丁度彼女と別れてすぐの頃でした

「いやーそれがつい最近別れちゃったんだよ
そっちは仲良さそうだよねー頑張れ~」

「えー!俺さん別れちゃったんですか?
話聞いてたら凄い仲良さそうだったのに
それが実は私も別れたいんですよね」

えっ?

「そうなんだ!
お互い色々あるんだな(笑)
俺でよければ相談のるよ?」

ってことで電番交換した。

休憩時間だったため
それでその日は何事もなく終わり

そのときはまったく下心もなく、
できればお世話になっている先輩と
Aは別れてほしくないなっと思ってた。

次の日、仕事中に
Aから電話がかかってた

「仕事が終わったら食事に行きませんか?
できたら相談したいですし」

特になにも考えずに
恋愛相談をうける事にokした

色々誤解されたら困るから、
2人で会うことはKさんには言わなかった

仕事が終わり普通に食事へ、
恋愛相談って言うよりは単なる愚痴だった。

付け加えると、
Aはかなりのウソツキなので
どこまでが本当の話かいまだにわからない

だいたい覚えている会話

「最近Sさんと会ってもえっちばかりだし
Sさんは私とはあわないと思う」

Sさん、一週間で5回ホテル行ったとか
生理中に中出ししたとか言ってたな

「SさんはAのこと大事にしてると思うよ?
まぁ、それでもAがあわないと思うなら仕方ないけど」

「元々押し切られる感じで付き合い始めたから、
最近きつくなってきたのです」

「そっか。そこまで思ってるなら
ちゃんとSさんに相談したほうがいいと思う
それでも改善されないなら
別れたほうがいいのかな」

あとは普通に楽しく会話してた

帰りは途中まで方向が一緒で、
別れる駅の近くでまたちょっと話すことになった。

「俺さんって優しいですね。
俺さんみたいな人とお付き合いしたかったな」

Aは童顔で可愛くもろに俺の好みだったこと、
彼女と別れた直後でへこんでたこともあり、
この言葉でスイッチ入っちゃいました

「Aはいい女だろ、自信持ちなよ
SさんからAのこと色々聞いてて
大変だってのはわかってるから
付き合い続けるにしても別れるにしても応援するぞ」

そのあと、なにかの拍子に
少しの沈黙があり彼女の顔を覗きこんだ

肩と肩が触れ合う距離で
話してたため凄い近くに顔があり
そのままキスをしようとゆっくり近づいていた

彼女も嫌がることなく
10秒ぐらいキスをしてしまった

「あーあーしちゃった
いけないんだ~」

って照れながら言ってて可愛かった。

「キスしちゃったね~
先輩に申し訳ない(笑)」

「もぅ、、それは言わないでよ」

「ごめんごめん
んでも軽い気持ちでしたんじゃないよ?」

軽い気持ちだったが

「ほんと?嬉しいかも
また遊んでくれますか?」

「Aさえ良ければ喜んで」

そんな感じでその日は帰りました。

次の日、俺は夜勤で朝9時~翌日9時まで働いていて、
その夜にAから電話があった

「こんばんは~仕事ちゃんと頑張ってる?」

「おぉ、ちゃんと働いてるぞー」

「明日って仕事終わってから用事あるの?」

「たぶん寝てるんじゃね?どうかしたか?」

「空いてるなら遊ぼうよー」

「明日仕事だろ?終わってからか?」

「午後から有給とるから会社に迎えに来て」

「そこまでやる気なのか
わかった、ちゃんと迎えに行くよ」

もうここらへんの俺は
先輩の彼女を寝取る気満々だった

翌日家に帰り仮眠をとり
午後に彼女を迎えに会社近くへ

誰かに見られないかドキドキだった。

Aが水族館へ行きたいってことで出発

その後近くの公園に行き雑談。

「Sさんとはやっぱり別れることにしたよ」

「Sさんには悪いけど嬉しいかも」

「俺さんのこと好きになっちゃったから」

「俺も好きになっちゃった。
必要なら俺からもSさんに言うよ」

もうこの時らへんは周りが見えなくなっちゃってます。

そして観覧車に乗りお決まりのキス

ずっとディープキスしてた

この前初めて話したばかりなのにいいのかな?

なんて話してたな。

その帰りの車の中で、ホテル行く?

って半分冗談で聞いたところ

「俺さんのこと好きだからいいよ?
行きたいなら行こ」

なぜかここで変な正義感と
Sさんとは違うんだってとこを見せたいがために

「付き合ったばかりで、
体目的みたいに思われたら嫌だから、今日はやめとこ」

っと断ってしまった。

そんな感じで彼女の
家の近くまで送って行った。

もうちょっと話そうってなって
Aは実家に住んでるから
静かなところに車をとめて話してた

そのときAの携帯にSさんから着信があったが、
Aは話したくないってでなかった

それを見た俺はなんか興奮しちゃって
またキスをし始めた

Aもだんだん慣れてきた様子で
自分から舌を絡めてベロチューしてくる

ちょっと短めの舌を
一生懸命絡めてきて興奮した

キスをしながら頭をなで、
耳を揉んでだんだん下へ移動していった

Dカップの美巨乳(Sさんから聞いてた)に
移動しても嫌がらない。

軽く揉んでいくと彼女から
可愛らしいあえぎ声がもれてきた

そしてまたAの携帯に着信が、

「どうせSさんからだからいいよ」

はい、続けます

座席を倒し攻めやすい格好へ

服の下へ手をすべりこみブラの中へ進入

Aの美巨乳は柔らかく気持ちよかった。

「直接見たい、脱がすよ?」

「っん」

車だから裸にはせずにブラだけ脱がした。

小さい乳首が可愛い

「可愛い乳首、、
体の作りがみんな小さいね」

「ばかぁ はぅんっ!」

乳首をなめて再開

そのまま手をさらに下に移動

Aはジーパンをはいていたため
ボタンを外しパンツの上から軽く愛撫する

もう濡れてるのがわかる

「はぁ 気持ちいいもっとして」

「んじゃ触りやすいようにして?」

「っん」

ジーパンとパンツをひざぐらいまで下げる。

(さんクリ責めが好きっとか言ってたな

ゆっくりと割れ目を
なぞりながらだんだんクリへと攻め始める

「あぁ いや 気持ちいい」

指を中に入れると
オメコもうめちゃくちゃ濡れてた

そのままクリトリスを
さらに撫でだんだん強めに愛撫する

「いや だめ あっあっ」

Aが腕を押さえてくるけど
スピードアップ

抱き締められる形になったから
乳首を舌で刺激しながら
クリトリスを指で押さえつける感じで
愛撫してると

「あぁ いやぁ はぁはぁ」

っと押し殺した声でぐったりした

「はぁはぁ 恥ずかしい
気持ちよかった」

「可愛かったよ
でも我慢できない。入れたい」

A「うん いいよ
私もHしたい」

もう俺のチンコは元気一杯でした。

お互い下半身だけ裸になり後ろの席へ移動。

「初めてなのにこんなとこでごめんな
ちゃんとホテル行けばよかった」

「そうだけど、ホテル行かないって
言ってくれたとき嬉しかったよ
結局Hしちゃってるけど(笑)」

Aの割れ目を自分の物でなぞりながらじらす。

「あぁ 入れて」

ゆっくりとAの中に入れていく。

「はぁ」

Aのおまんこは
ちょうど良いきつさで
ヌルヌルしてて気持ちよかった

だんだんとスピードを速めていく。

この間にAの携帯がカバンの中で震えてて
(マナーモードにしてた)興奮したのを覚えてる。

「携帯なってるよ?でなくていいの?」

「こんなときに ぁんでれない」

俺は逝きそうになったためラストスパート。

今日はやると思わなかったから
生ハメSEX

「A、逝きそう 逝っていい?」

「あっぅんはぁはぁ」

お腹に出してフィニッシュ

ちょっと中出ししたのは内緒

「気持ちよかった」

「私も気持ちよかった
こんどはベッドの上でゆっくりエッチしようね」

まぁ、えっちはこれが最初で
最後になったわけですが

この後ティッシュで
後処理して服を着たぐらいでまた着信、
今度はちゃんとでる

「うんうん。電車乗ってて電話でれなかった
今家についたとこ。えっ?うん
わかった。んじゃ後でね」

「Sさん?」

「うん 今から家の近くにくるって
ちゃんと話つけてくる」

「うん、わかった
いざとなったら俺も話すから頑張るんだぞ」

んで、家に送って帰りました。

そのあとは典型的な
三角関係になってもう大変で修羅場に

実はAは最初に書いたが
かなりの嘘つきでメンヘラで
結果的にSさんのとこ戻りました

ちなみに先輩のSさんは
俺とAが浮気エッチした事もバレてしまい

それでも俺とAを許してくれた先輩

俺にとって一生頭の上がらない先輩です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。