鍵っ子少年少女が親に隠れてエッチし、大人になり結婚【幼馴染】

両親共働きで
小学生の頃から俺は鍵っ子だった

近所に住む同級生で
幼馴染の有美も俺と同じ鍵っ子

そんな俺らは、物心ついた頃から
ずっと一緒で兄妹のように育った

そんな僕達が初めてSEXしたのは
何周年も前の小学校5年の時

 テレビの子供向け番組をパロって
「見せっこなんちゃら」

とやっていた

小学校3,4年の頃だったと思う

マセガキだった俺らは
お互いパンツを脱いで
性器を見せ合うのだ

幼い頃から一緒に風呂に入ったり
お医者さんごっこもしていたから
お互いの裸は見慣れていたが

性器は、特に女の子のそれは
凹んでいるから見えにくかったので
興味があった

 「見せっこ」では有美は
いつも全開でロリマンコを見せてくれた

そのうち触りっこになり、
やがて触れれると僕のは大きくなり、
有美のは濡れてくるようになった

そのうち、お互いの恥垢取りが
新しいお医者さんごっこになった

多少痛くても

「我慢しましょうね」

といいながら、有美は
僕の包茎を剥きながら綿棒で恥垢を取っていた

次第にこれが面白いやら
気持ちよいやらで

毎日お医者さんごっこをするように

 小学校5年の時
有美がSEXの知識を得てきた

情報源は性教育だった
か何かは覚えていないが、
正確な知識だった

有美から聞いた僕はびっくりした

そして、この時既に
将来を誓い合っていた僕達は、
Hしてみようということになった

 いつものように触りあって
僕のは大きくなり、有美のは濡れた

恐る恐る入れてみた

お互い痛かった

有美は処女膜が、
僕は剥け切ってない包茎が痛かったのだ

しかし、毎日毎日恥垢取り遊びと
SEXへの挑戦をしているうち包茎は剥け、
処女膜も伸びたのだろうか、遂に入った

有美は

「痛い痛い、でも止めないで」

と言っていたが、
ゆっくりピストンしたら血がついていたので、
僕が驚いて中断してしまった

有美に、血が出るのは
はじめのうちだけだから頑張ろうと言われて続けた

でも、僕はまだ射精できる
年齢ではなかったので
5分くらいするとヒリヒリして止めた

 有美とのSEXは、
2,3日おきにしていた

お互いヒリヒリするからあまり動かなかった

繋がったまま抱き合って合体

5年生の時は下半身だけ縫いでしてたが、
6年生になるとヒリヒリより
気持ち良さが増してきて腰を動かすようになり
興奮して全裸で抱き合ったり、
キスもした

僕達はお互い大好きだったが、
順序がC→B→Aだった

この頃になると、
有美のロリパイが膨らみ
僕達の股間に毛が生えてきた

僕達は、SEXに快感を伴うことを自然と覚え
どうしたらお互い気持ちよくなれるか
探求していた

今考えるとスゴイマセガキな
小学生だった

 小学校6年の冬休み、
有美とSEXしていたら僕は下半身に違和感を覚えた

何かジワーっとムズ痒くなった

慌てて有美から離れると、
有美のお腹にダラダラダラーっと精液が流れ出た

びっくりした

このときはまだ、精液を
ピュッと勢いよく放出する快感を知らず、
ただ自然に任せて出ただけだった

有美は、これが精液だと喜んでいた

これ以来、有美は射精が大好きで、
いつも出るところを見ては喜んでいた

冬休みも終わる頃、
今度は有美に初潮がきて生理が来た

これで、生ですることが危険になったが、
僕達は生で外出しをしていた

 中学生になり思春期を迎えたが、
僕達はずっと一緒だったので何も変わらなかった

通学も二人だし、
二人でいることが普通だったので
誰も冷やかすものはいなかった

この頃になると性の知識も増え、
基礎体温の管理や危ない期間の
コンドームによる避妊

生理直前の中出しなど
ほとんど大人のSEXライフをして過ごした

もちろん基本は生外出し

射精好きのHな有美は、
相変わらず出るところを見るのが大好きだった

受験勉強も、僕は理系有美は文系が得意で、
お互い教えあいながら勉強して、
高校も同じ高校に合格

 高校になるとお互いの両親が心配しだして

「SEXしても良いけど避妊はしてね」

と事実上SEXが公認になった

大学受験勉強の頃には、
僕と有美は、お互いの部屋に泊まって
一緒に寝ることも許されるようになっていた

子供部屋は二階にあるので、
僕達が二人きりのときは決して
両親は二階に上がってこなかった

 有美は短大に、
僕は4年制大学に進学した

相変わらず有美とのSEXライフは
充実していたが、大学時代は、
有美には悪いが、バイト先のOLや
人妻計7人と浮気した

その結果、やっぱり有美が
一番気持ち良いことが確認された

高校を卒業してから僕達は、
新たな道に踏み込んでいた

SMとアナルだ

僕がエッチな本やDVDを買ってきては
二人で観て色々とやってみた

最近は有美が僕のアナルを開発してる

目標は、アナル同士繋がったまま
性器も合体することだ

 僕が大学3年のとき
有美は一足早く社会に出た

実は、僕が言うのもなんだけど
有美はすごく可愛い

幼馴染でなかったら
僕なんか相手にされていないと思う

だからいつも誰かに取られないか不安だった

社会に出た有美はやっぱりモテた

僕は焦った

自分は浮気しているくせに
有美には嫉妬した

でも、有美は裏切らなかった

理由は明確だ

今、二人の性嗜好は
かなりマニアックになっているからだ

21才にして二人の性交渉暦は10年
性的な遊びになればそれ以上の歴史がある

こうなれば飽きるという状態はない
二人でどんどんエスカレートするだけである。

 僕もこの春大学を卒業して
地元に就職した

今、僕と有美は結婚資金を蓄えている

仕事があるので毎日とはいかないが、
相変わらず僕達はどちらかの部屋で励んでいる

両親は二階に上がってくる事はない
有美の射精好きは今も変わらないが、
最近は口で受けて飲むようになった

その後キスするのがちょっと躊躇ってしまう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。