着エロの擬似フェラみたいにアイスを舐める女子校生のお姉ちゃん

俺がお姉ちゃんを
エロい目で見るようになり
オナネタにするきっかけになった
出来事を投稿します

俺は中学2年生で、
姉は高校2年生の夏休み

昼間、テレビを見ながら寛いでいると、
お姉ちゃんはバレー部に入っていて
お姉ちゃnが部活から帰ってきた。

姉「ただいまぁ 暑くて死にそう
アイス買って来たんだけど、食べる?」

とコンビニの袋を持っている

「おかえり。じゃ、貰おっかな」

とお姉ちゃんのおごりで愛すを貰い
姉弟仲良く、二人してテレビを
見ながらアイスを食べていた

チュッポ、チュッポ

姉がAVにあるフェラ音みたいな
Hな音をを立てながら
アイスを食べているから
気になって横を見ると
喉の奥まで頬張って
アイスを口の中から出し入れしていた

「ちょ、ちょっと姉ちゃん
その食べ方止めほうが」

「なんで?
こうやって食べると美味しいじゃん」

ウブなのか馬鹿なのか

女子校生のお姉ちゃんは
着エロの擬似フェラみたいに
エロくアイスを食べている

そして、

「おかしな事を言う弟だなぁ~」

とでも言いたげに
俺を見つめ

まるでフェラチオするみたいに
口から出し入れしながら
棒付きアイスを舐めていた

思わず姉の姿を見るのが恥ずかしくなってしまった。

次の瞬間

「キャッ」

とお姉ちゃんは
小さな悲鳴を上げたので振り向くと
アイスがポロっと折れて
姉の制服のスカートに落ちてしまっていた

「ほらね。そんな食べ方するからだよぉ」

やっと、あの食べ方を
止めてくれると思ったので内心ホッとした

「やだぁ。シミになっちゃうよぉ
あっ、あれ?」

アイスを拾って、
ティッシュでくるんでいると
姉が棒を見て

「あっ、やったぁ。当たりが出たぁ
当たったよぉ。ほら、見てみて?
ホームランだって!」

確かに、棒には
『ホームラン当たり』と書いてあった。

仁王立ちで、何か勝ち誇ったように
当たりの棒をこちらに見せびらかしていた。

俺は当たりの棒より
ちょうど股間辺りに付いている
スカートの染みが
もう俺にはザーメンにしかみえないw

「その染みの方が
ホームランの的みたいなんすけど!」

と、口が裂けて言ってしまった。

なんて事を言ってしまったんだぁ
と思ってると、姉が一言、

姉「当たれば満塁ホームランだねw」

満塁と言う響きがヤケにエロティックで、
その夜、初めお姉ちゃんをオナネタに
シコシコオナニーしてしまった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。