【親戚エッチ】夏休みにお婆ちゃんの家、年下従姉妹と一緒にレディコミを見て

大好きなお爺ちゃんが亡くなったのは
俺が高校生の時の夏休み

お葬式に親戚一同集まったが
葬式の後、2,3日は
親戚達も泊まっていったが

皆予定があるらしく
皆一斉に帰っていってしまった

みんな一斉にいなくなったら
婆ちゃんも寂しいんじゃないの?

って事で俺と従姉妹だけが
お婆ちゃんの家に泊まる事になり
お婆ちゃんも喜んでくれた

従姉妹は俺の一歳年下の
JK1年

それで、夜中は毎晩ふたりで同じ部屋に寝て、
ちょっとHな話とかもした

興奮はしたけど、
相手は子供の頃から知っている
従姉妹だしなにもなかった

だけどある晩に、
箪笥の中からレディースコミックを大量に見つけた

「うわーなんだこれ?
叔母さんが隠してたのかな?」

と騒いで、二人で読んだ。

ものすごいエロい内容で
俺はギンギンに勃起

従姉妹もちょっと興奮したみたいだった。

「あーやべえ
これじゃ興奮して眠れない」

って俺が言うと

従姉妹が

「あたしもだよー」

って笑った

俺は従姉妹に

「男は興奮すると立つんだけど
女はどうなるの?」

って聞いた。

従姉妹は

「ん?なんだかつーんって感覚がして、
そのあとじわってなる」

って答えた。

俺は興奮してしまい
つい

「見せて」

って言うも

従姉妹は

「やだよ!はずかしいもん!」

って笑って拒否した。

俺がまた

「あーやべー興奮して眠れないよ」

って言ってると、
従姉妹が

「自分でこすったら出るんでしょ?
オナニーやってみたら?」

って聞いてきた。

俺が

「出るけどさ
こんなとこでひとりでするのはみじめじゃん
女の子見てるのに」

って答えたら

「じゃあ私あっちむいてようか?」

って言ったから

「同じだよ。はずかしいよ」

って答えた。

「じゃあどうすればいい?」

って言われたんで、冗談ぽく

「じゃあちょっとチンコ
触ってみてくれる?」

って言ってみた

従姉妹は本気にしたらしく

「えーさわり方わかんないけど」

といいながら、
ゆっくり俺のパンツに手を入れて握ってきた

俺は興奮してJK従姉妹に

「こすってみて」

とお願いした

従姉妹はぎこちなく
手コキしてチンコをこすり始めた

俺はますます興奮して

「抱きしめていい?」

って聞いた

従姉妹が

「いいよ」

って言ったので
だきしめて、しばらくこすってもらった

しばらくこすってもらってると、
従姉妹の手がきつそうだったので

「ごめん、なかなかイケない」

って言ったら

「どうしたらイケる?」

って聞かれた。

俺はドキドキしながら

「○○ちゃんのも触らせてくれたら
興奮してイケるかも」

って言った。

従姉妹は

「えー!やだよはずかしいもん!」

と拒否したが、
俺はちょっと強引に従姉妹の
パンティに手を入れて、割れ目を触った

従姉妹は抵抗しなかった

従姉妹の割れ目はすごい濡れていた。

お互い夢中でいじくりあって、
興奮してきたから

俺は従姉妹に

「ねえ、○○ちゃん
セックスしたことある?」

って聞いた。

従姉妹は恥ずかしそうに

「言わない」

とだけ答えた。

俺は従姉妹にキスして

「ねえ、もうたまんないよ
ちょっとだけ入れてもいい?」

ってお願いした。

従姉妹は

「でも、私たち親戚同士よ?
そういうの駄目なんじゃない?」

って言われた。

俺が

「でももう我慢できない
ちょっとだけでいいからお願い!」

って懇願すると
従姉妹はしばらく困った顔をしてたけど

「そうだね、従姉妹だって結婚できるもんね
いいかな」

と、やっと許してくれた。

俺は童貞だったので、
従姉妹の下着を脱がせるとき
もう嬉しくて心臓バクバクだった

俺は童貞だったが

JK1年の従姉妹は処女じゃなかったらしく、
手で誘導してくれて

にゅるって感じで
オマンコに入っていった

従姉妹は小さな声で

「あんっ」

と言った。

俺は従姉妹の形のいいオッパイを吸いながら
あとはもう夢中で腰を振った

従姉妹は最初

「んーんー!」

と声を出すのをこらえていたけど、
我慢できなくなったみたいで

「あんっあんっ」

とエロく喘ぎ始めた。

俺がその喘ぎ声に興奮して

「○○ちゃん、出そうだよ
ど、どうしよう!」

って聞いた。

ほんの少し

「安全日だから中出ししていいよ」

と言われることを期待しての
質問だったけど、いとこは慌てて

「中は駄目だよ
ごめんね、外に出して」

って言われたw

俺はチンポを抜いて
従姉妹のおなかに押し付けた

おへそのあたりにビュク!ビュク!
って大量の精液が出て
布団にまでたくさん垂れた

従姉妹はしばらくハァハァ言ってたけど、
俺に

「○くん、すっごいいっぱい出たね
はじめてだったの?」

って聞いてきた。

俺が

「うん」

と言うと

「はじめての相手が
私でよかったの?」

って聞かれた

俺は黙って年下従姉妹にキスした

従姉妹に耳元で

「気持ちよかった?」

って聞かれたから

「うん」

って答えたら

「よかった」

ってキスしてくれた

それからおばあちゃんの家には
あと3日くらい泊まったけど
従姉妹との近親相姦Hはその1回だけだった

俺がまた期待して

「あー興奮してきたー」

と同じように言ってみても、
もう従姉妹は

「触ってあげようか?」

などと言うことはなかった。

帰りのバスの中で
俺は従姉妹に

「○ちゃん、またおばあちゃんの家こようね」

と言った

従姉妹は

「うん」

と言った後、しばらくして

「あのね、私、年上で大学生の彼氏いるの
だからもう一緒に泊まっても
エッチはできないよ」

と俺の心を見透かすように言われた

俺は

「うん、べつにそういう意味で
言ったんじゃないから」

と強がった

年下なのにオマセな従姉妹は

「そう?ごめんね」

と謝った。

それからしばらくして、
従姉妹は彼氏と別れたと聞いた

けど、もう俺は
従姉妹との二度目のSEXは無かった

遠い夏の日

童貞喪失した従姉妹とのいい思い出です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。