スウェット愛用しているギャルな姉の友達と付き合ってSEXしたら、超怒られて無理やり別れさせられた

高校入学し夏前には
俺は初めて彼女が出来ました

当時、高校生の時の俺は
あまりにピュアだった

そんな時

姉が家に居候させてもいいか
親に頼んでいた女友達がいた

その子の名前はマヤ

姉と同い年の18歳で
通信制の高校に通う女子校生

バイトは探している所だった

当時はスウェット全盛期で
当然の如くギャルな姉と
姉の友達はいつも2人でスウェット生活

そんなボディラインは
エロチックに俺は見えた

俺の彼女も姉と同い年だったが
系統が違って、彼女は清楚系だが
姉の友達のマヤはギャルな感じだ。

そんな違いから、
マヤを女としては見るものの
俺は彼女の方がタイプであったため
気にしてはなかった

ただ、マヤは泊めてもらっている
恩返しのためか良く家事をしていたし

料理も慣れないながらに
頑張っていた

そんな所を見て、
俺は見た目ギャルでも
こんな子もいるんだなと感心していた

ある日、俺はテスト期間で昼に家に帰ると、
家にはマヤだけがいて洗濯をしていた

俺が

「ただいまー」

と家にはいると

姉の友達のマヤが

「おかえりー◯◯(俺)くん」

「いつも頑張ってんねー」

「住ましてもらってるんだから
普通だよー」

「てかマヤって
何で家出してるの??」

「んー家族関係悪くてね
おじいちゃんと特にケンカしてる」

「へーやっぱりヤンキーなんだ(笑)」

「そう見える?
俺くんの方が進学校いってるくせに
似合ってないよ!!(笑)」

その時初めてマヤと雑談した

見た目は派手なヤンキーギャルだけど
至って普通な女の子って
イメージで何かホッとした

そのテスト期間中、
彼女と遊んだりマヤと
話したりで有意義に過ごした

ある日帰ってきたら
マヤが話しかけてきた

「ねー俺くん見てみて!
髪染めてん(笑)」

マヤは茶髪から黒髪に変わっていた。

「どしたん?
マヤらしくないよ(笑)」

「俺くんの黒髪見てたら
かっこいーなって思って 笑」

「どんな理由やねん
面接いくしとか言えよ(笑)」

「あっほんとやね」

マヤはこの天然ぶりは可愛らしかった。

そして姉が

「マヤが最近こいつお前の事
カッコイーってうるさいんやからな」

俺「意味分からねー(笑)」

マヤ「もうちょっとで
ご飯出来るから待っててねー」

彼女がいるのをみんな知ってるから
冗談なのかと思っていた

その日の夜

姉はバイトに行き
親は飲み会にいっていた俺は
部屋で彼女にメールをしていたら
いつの間にか寝ていたらしい

目が覚めた時、俺は驚いた。

マヤが横で寝ているのだ。

「ちょっとマヤー」

「起きたのー?」

「どうしてここで寝てるん?」

「んー私だって
人肌恋しい時だってあるー(笑)」

「誰か帰ってきたらどうするん?」

「鍵かけてきたし
開いた音したら逃げる(笑)」

「んー」

「ねぇ俺くん
マヤ来週出てく事決まったんだー」

「へー彼氏でも出来たん??」

「違う。会社決まって寮ついてるんだって」

「よかったやん!!」

「もう俺くんに会えんくなる」

「どっかで会うやろ!!(笑)」

「毎日今まで話せてたんだよ」

「俺の事ほんとに好きやったん?(笑)」

「うん」

「んーじゃあ付き合う?」

「それが本当は嬉しいよ?
でも今俺くん彼女いるし
俺くんに浮気するような人になって欲しくない」

マヤの目がだんだん潤んできた。

「どうしてほしいん?」

「連絡先教えてほしい」

「あーいいよ(笑)そんでいいん?」

「今から30秒動かないで目瞑って」

「分かったよー。はい」

俺の唇に温かい柔らかい
感触が当たると同時に抱き締められた。

そして首に冷たい感じがした。

ネックレスだった。

「俺くんに似合うと思って」

「まだ働いてないのに?」

と思っていたら、
俺の親から家事をしてくれる
お礼に少しだけ貰っていたのだそうです

「マヤ絶対連絡するから
俺くんが今の彼女ともし別れた時
マヤを思い出してくれるように
首輪つけとく!!(泣笑)」

「分かったよー
プレゼントのお礼に
もうちょっと抱き締めといてあげる」

そう言うとマヤは泣いていた。

マヤは俺には
別れを言わず家を出ていった。

それから週1くらいでマヤと
連絡を取る日々が続いていた。

半年程経ったある日

俺は年上の彼女が高校を卒業し
大学で東京にいくから会えなくなるし
お互いに辛いのは嫌だからとフラれた

その日の夜

俺はマヤの家に行った

マヤには何も言わず
合鍵の場所は教えてもらっていたので
勝手に上がり込んだ。

ガチャガチャ

マヤが帰ってきた。

「えっ誰っえっ俺くん?
どうしたの髪伸びたね!!(笑)」

「へへーん(笑)フラれちった
ごめんいきなり来て
こんな失恋を誤魔化しに来る俺って
最低かな?」

「明日学校?」

「うぅん 休むつもり」

「じゃあ泊まってけば?
私明日遅番だから昼までは居られるよ!!」

「そうしようかなー(笑)」

「今日寒いし鍋だけどいい?」

「喜んで!!」

飯を食べてからシャワーを
浴びて布団に入った。

「こうするの半年ぶりだね。
私は半年間男に告白されても
誰とも付き合ってないよ」

「凄いね…俺今まで何してたか分からない」

「そんな事ないよ
失恋は人を強くするよ」

「そっか。マヤさ、俺と付き合いたい?」

「うん…でも今日はやめよ!!
失恋の日と付き合う日が
一緒なのはチャラい!
(笑)
しかも思い出しちゃうでしょ!!」

「ただ俺の下半身は正直者なんだよね」

「じゃあ口でしてあげる
マヤの中は付き合ってからにして(笑)」

「変わるのか?(笑)」

「口でするだけだから
ピンサロ行ったとでも思って!(笑)」

そんなマヤの口を俺のが塞ぎながら、
俺はマヤの口の中で果てた

今日の辛さを全部吐き出すように。

マヤの言う通り、
他の女が頭の中にある時に抱くものじゃない

その日はマヤを抱き締めているだけで
凄く気持ちがよかった

次の日を記念日にして
その日から元カノを忘れるように
マヤを抱きHした

マヤからもらったネックレスが
胸元で揺れながら
マヤとの愛は離れていかない事を願いながら

マヤのおかげで
元カノも忘れられたし救われた

こんな関係が10ヶ月ほど続いたが
別れは突然にやってきた

マヤとの関係が姉にバレてしまい
姉とケンカになったらしい

マヤに、俺の家族関係を
悪くしたくないと言われた

自分が家族関係が悪かったのが
トラウマなのか
その日からマヤから連絡は来なくなった

当時、俺は超落ち込んだ

それに何故、あの時
姉がマヤと付き合う事に反対して
喧嘩になったのは、今でもわからないし
結局教えてくれなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。