夜行性の変態団地妻がTシャツ一枚になって、喘ぎ声を我慢しながら階段で野外オナニー

変態団地妻な私は
夫が夜勤で出勤すると
夜行性の野生動物のように行動を初めます

時間は夜の23時頃

窓から、外を眺めると
まだまだ他の住人の窓に
明かりが点いています

それに、団地の階段って
蛍光灯が点いていて
すごく明るいんです

一度、下の駐車場に行くふりして
外から階段を見上げてみたんです

もう、丸見えです

「どうしよう」

って思いました

でも、

階段で野外露出オナニーしたら

って 考えると、
すごく興奮してヴァギナが
濡れてくるのがわかるんです

部屋に戻り、ブラジャーを外し
スカートとパンティーも脱ぎました

その全裸のままTシャツを
着てみました

下半身丸出しで陰毛と割れ目が見える
Hな露出スタイル

とてもこのままじゃ

って思い、
主人のTシャツに着替えました

そして、そのままの格好で
そっとドアを少しだけ開け
外を覗いてみました

最上階の5階に住んでいるので、
下からの足音に注意して
思い切って 外に出ました

足音を立てないように素足です

そして、Tシャツの上から
乳首をつまむと
もう敏感になりすぎていました

ヴァギナは、グショグショ

クリトリスを転がしたり
指を出し入れしたり

階段からは窓に
明かりが点いている部屋が点々と見えます

明かりが消えている部屋の人

私の恥ずかしい姿が
見らてるかも

と思うと益々興奮してくるんです

そのうち、立っていられなくなり、
階段に座って野外オナニーする変態団地妻な私

窓の明かりを見ながら、
両足を思いっきり広げて

今、お向かいさんがでできたら

って思っても、
イクまでオナニーを止められなくなりました。

そして、絶頂したんです

それまで、できるだけ
喘ぎ声を我慢しながら、
イクとき声でちゃったと思います

そして腰に力がはいらないまま、
部屋に戻りました

怖くて恥ずかしいけど誰かに
私の変態オナニーを見てもらいたい

私の恥ずかしい姿を見られると
想像するだけで興奮して、
Hな気持ちになってしまうんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。