父親にレイプされ、逃げ出してきた家出少女を自宅に匿い一日中SEX【夏休み】

夏休みといえば家出少女ですよね

PHSから携帯に変わったぐらいの時期
携帯の出会い系サイトで

「何でもするので一晩泊めてください」

という家出少女からの投稿を発見!

このチャンスを逃す訳にはいかない!

とメールを送るとすぐに返事が来た

年齢も顔も知らない少女を
車で1時間かけて迎えに行った

そこにいたのは、
中学生にも見える幼い子

北海道出身か何かの
バンドにいた子に似ていた

それで年齢を聞くと
JK1年だと

やたら幼く見える高校生

俺は

「家出なの?」

と聞くと

「うん」

と答えた。

野宿でもしていたのか、
服は少し汚れ、汗臭さがあった

車中、彼女は無言だった

私もあえて何も聞かなかった

部屋に入ると

「あの、一週間くらいいちゃダメですか?」

と言った

「何でもするって、例えば?」

意地悪く聞くと

「したいことしていいです」

と今にも泣きそうな顔で答える
家出少女のJK

泊めてもらう代償を
体で払うしかないと思っているようだった

途中で買ったコンビニ弁当を食べたあと、
彼女はBカップの貧乳を
押し付けるようにしながら

「Hしてもいいです」

と恥ずかしそうに言ってきた

相手が未成年で
それもロリ顔のJKだ!

もう理性を抑えることはできなかった

服と下着を脱がせた

おっぱいは、少し膨らんでいるだけで
痩せていた

発育が悪い子なのか?

陰毛もほとんど生えていなく
ほぼパイパンに近いおまんこ

細く華奢な体を抱きしめて
おっぱいを揉んだ

揉むというよりは
手のひらで撫で回す感じだ

乳首も小さくピンク色で
舐めたり吸ったりしていると
だんだん固くなっていくのがわかった

彼女の反応はまったくなく、
固く目と口を閉じていた

感じているのか、
感じていないのかさえわからなかったが
おまんこを触るとうっすら濡れてきていた。

フェラチオの経験がないという
彼女にやり方を教えながらしゃぶらせた

尿道、カリ首、裏筋
玉袋、アナルまで舐めさせた

彼女は拒否はしなかったが、
なぜか目だけは閉じていた

小さな口にサオが半分も収まっていなかったが、
異常な興奮に耐えられず
私は口内射精してしまった

初めて口の中に出された精液を
飲むように命じると
何度も首を左右に振ったがやがて
ゴックンと精飲した

私のイチモツはまだ立ったままだった。

彼女をベッドに横たえると生挿入

少し痛がったが、
処女ではないらしかった

あとで聞いた話によると、
初体験の相手は父親で半年くらい前に
無理矢理犯されてから母親の目を盗んでは
レイプしていたらしい

小さな体で大人の男のモノを
受け入れるには
まだ早いようだが、
私は構わず腰を振った

何度も顔を背ける彼女の
顔を押さえてキスをした

舌を差し入れ、唾液も流し込んだ

私は彼女の体を貪った

獣のように荒々しく貪った

そして彼女の子宮に何度も
何度も精液を放出した

もちろん罪悪感などなかった

気がつくと朝になっていた。

寝ている家出少女を残して会社に行ったが、
仕事が手につかなかった

適当な理由をつけて、
昼から早退した

急いで帰ると彼女はまだ寝ていた。

会社にいる時から激しくボッキしていた私は、
スーツを脱ぎ捨てると精液が逆流して
異臭を放っているワレメに挿入した

家出少女は目を覚まして少し抵抗したが、
腰を動かすとすぐに甘い声を出した

何発出しても、
すぐにボッキした

食事も取らず、貪り続けHしまくった

途中で少し寝たが、
気付くと挿入したまま朝を迎えていた

次の日からは終業時間まで会社にいたが、
頭の中は家出少女のことで
いっぱいだった

トイレにも行けないくらい
ずっとボッキしたまま

何発彼女の中に発射したか
わからないくらい出し続けた

結局家出少女
2週間弱私の部屋にいて
10代の未成年とSEXしまくった
熱い夏の思い出です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。