黒ギャル女子校生二人組に侮辱されながら、センズリ鑑賞してもらうM男【援交】

仕事帰りに若者の町「渋谷」で
会社の同僚と酒を飲んでいた

それで店から出て、
帰ろうと駅に向かって歩いていると
背の高い女子高生2人が
ハチ公前に携帯電話片手に喋っていた

夜も11時

目の周りを黒く化粧した
黒ギャル女子高生に
異常に色気を感じる

 一人は学生服のスカートとわかるが
上はTシャツ

もう一人はデニムの
ミニスカですらっと伸びた脚がたまらない
エロそうは黒ギャル女子校生

 酒の力も手伝って
ナンパしてみると

「おじさん、二人一緒だったら3本でいいよ」

と援交を持ち替えてきた

それならばと
交渉スタート!

 私は元々M男フェチだから
セックスは要求しない

黒ギャルJKたちもセックスは
嫌だと言っていたので話は以外にスムーズ

「おじさん、セックス無しだったら
もしかしてあれすんの?」

「あれって?」

「自分ですんの? 
ってこと、それとも手コキ?」

 女子高生にこんな会話されると
それだけでなんか勃起してしまう

この黒ギャルたちの見ている中で
オナニーすると思うと興奮した

 しかし、親子ほどはなれた男が
オナニーさせてくれとは言いにくい。

「君達はどっちがいいの?」

と答えを彼女たちにふった

「そりゃ、自分でしてくれたら楽だよね」

「そうよ、うんうん」

 私の期待していた答えに
私は一層興奮してしまった

 セックスなしで、
オナニーのおかずつきと云う事で
2人に3万円

時間は2時間までOKしてくれた

正直言って舞い上がる気持ち

 ビジネスホテルが
空いていたのでとりあえず
私一人で部屋に行き

続いて後から黒ギャルJK二人組が
部屋にきた

 私だけが服をすべて脱ぎ、
全裸になった

「くさいの嫌だからシャワー浴びて」

と言われ
シャワーを浴び出てくる既に
私の愚息は黒ギャルJKたちの見ている前で
センズリできると言う期待でいきり立っていた

「嫌だぁ、おじさん、もう、立ってる あはは」

「ほんとだぁ、変態じゃん」

M男な私は彼女達に言葉で
罵倒して欲しいと頼んだ

 オナニーのおかずはパンチラだったが、
デニムのミニスカの子には私が横になり

顔を跨いで立って
いてもうらことを承諾してくれた

 顔面騎乗は顔に股がつくのは
嫌だと云う事でパンティーが
見える状態の跨ぎだけと云う事になった

しかし、これが凄く興奮ものだった。

スカートの中の
白いパンツが見えるのがたまらない

二人に順番に跨いでもらった

「ねぇ、ねぇ、ピー子
この叔父さん見てよ
変態だよ、鼻息荒くしちゃって」

「あはは、おじさん
あんた何しるか自分でわかってんの? 
私たちのパンツみながらいい年して
センズリしてんだよ
バッカじゃないの。変態!」

黒ギャル女子校生に恥辱される
M男にとっては最高の乱交プレイ

 私は2時間と言う時間を
精一杯楽しむために

興奮でどうしても手が早くなって
絶頂しか苦になっても
自分で自分をじらしながら
オナニーにのめりこんだ

 こんな状況の中で自分で
寸止め自慰を繰り返していても
30分もすると限界にきた

既に理性を失い
おはずかしくていえない言葉を
何度も発してしまった

「唾をかけて!」

「唾かけろって、変態だよほんと」

 こんな言葉まで自然に出てくる
状態になってしまっていた

 私はここですこし休憩して
素直にやってほしいことを彼女たちにお願いした

 それはオナニーのストーリープレイだ

理性を失う中で脳裏に
描かれたストーリー

 それは、私がオナニーするのを
黒ギャルJK達が拒み

何度もお願いして
オナニーさせて頂くというものだった

 そして軽蔑して、罵倒して
それでいてパンチラだけは
おかずにお願いした

 彼女達もあまりの変態ぶりに
おふざけ状態でおうじてくれた

でも、それが一層興奮して、
さらに理性を失ってしまった

 何度も土下座して、
オナニーをさせてもらう

そしてオナニー開始を許可されると、
唾をかけられ、包茎と罵倒され
自分で自分の玉を握りしめながら
サオを摩り挙げる

 本来、中年男が理性を失って
自慰する姿を女学生にみてもらうなどと云う事が
あってはならないのだろう

 そして最後は、
黒ギャル二人に私の目の前に並んで
しゃがんでもらうポーズをしてもらった

 二人のパンツを見ながら、
射精をした

射精が始まると彼女達は
ゲラゲラ笑って馬鹿にしてくれた

この惨めさはたまらない喜びだ

 終わってから、今日だけじゃなくて
またお相手し欲しいとお願いしたが、
拒否された

何度も土下座してお願いいたしが、
駄目だった

もう一度、あの黒ギャルJKに
罵倒され、侮辱されながらオナニーしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。