修学旅行で不良中学生に囲まれ、乳首を吸われているJC

雪国に生まれ育った俺は
中学生の時、修学旅行は
近くの旅館にスキー旅行だった

丁度その時期は、雪国では
修学旅行シーズンで
他の中学校からも
けっこう修学旅行で来てるわけ

んでスキーやってる途中、
同じクラスの花純というjcが
よその中学校の不良っぽい4人に
ゲレンデから少し離れた木陰に連れこまれて
Hなイタズラされているのを目撃

それがいまもトラウマになってます

花純はおとなしい性格だったけど頭が良く
髪もシャギー入れたりして
ちょっと大人びた感じのオマセなJC

だからそのとき不良中学生も
ターゲットにしたんだとおもう

捕まってスキー板外された花純は、
バタバタ暴れて逃げようとしていたけど

中学生の男二人にバンザイの
羽交い絞めにされては、
もはや逃がれられるハズもなかった

すぐにスキーウェアをまくられて
未成熟なロリオッパイを強制露出されていた

花純のオッパイは白く
プヨプヨ揺れて綺麗だったけど

乳首は少し外側についていて、
乳首の色も濃い肌色をしていて
エロ本とかで見るのより
ちょっと違っててなんかエロかった

もう別の2人がニヤニヤと笑いながら
乳首を乱暴につまんでコリコリ転がした

ビンビン引っ張ったり、
チューチュー吸ったりし始めやがった。

バンザイしたせいで全開になった
腋もベロベロ舐めていた

花純の乳首は
まだ子供っぽく陥没気味だったので

乳輪ごとつままれる感じで、
あんなに強く引っ張られたら
ますます外側に離れちゃうんじゃないかと思った

俺はスキー板つけたまま
ウンコすわりの状態で茂みに身を潜め
同級生のjcがヤンキーに性的虐待されているのを
覗き見していたw

見つからないよう動けなかったが、
期待と恐さとで勃起しまくり

しばらくの間、
4人にかわるがわる身体を恥辱され

しかもそれから逃れようとして
バタバタ暴れていたせいで

花純の身体は遠目からみても解るほど
汗ばんできてウッスラと
湯気が立ち昇っていた

その湯気も吐息もふわっと
辺りに白く漂っていて

周りの雪山も当然真っ白で、
その白い風景の中で真っ赤に火照った
オッパイが妙に映えて、すごくキレイだった

乳首もきつくいじられすぎたせいで
充血して赤茶色っぽく色が変わっていた

花純の身体の変化に興奮した
中学生達はますます勢いづいて

いっそう激しく乳首を引っ張ったり
ズボンの中に手をつっこんだり
やりたい放題で恥辱されまくり

いつもおとなしくすました
花純の顔は涙でぐちゃぐちゃになってしまった

目を閉じてイヤイヤしながら
泣きじゃくってはいたものの
不思議と大きな声は出していなかった

恐怖で声は出せなかったのかもしれない。

中学生たちも見つからないようにしたかったのか、
あまり騒ぎもせずに、ひたすら黙々と
花純をいじりまわしていた

時間にして20分間ぐらいだったろうか?

中学校の先生と思われる
数名の大人が近くを通りがかり
それに気付いた中学生達は一目散に退散していった

やっとのことで解放された花純は
服の乱れを直してそのまま宿に一直線

夕食は食べずに部屋に
閉じこもったきりだった

その夜、宿で中学生たちに呼び出され、
またもや

という皆さんご期待の
展開にはなりませんでした

同じ宿だったんだけどね。

それまでは別に
花純のこと好きじゃなかったけど

このプチリエプ事件をきっかけに
スゲー好きになってしまった俺って
歪んでるかな?

中学にあがる前に思い切って
告白したけど、撃沈w

それっきり会話すらしていないけど、
あんな経験したJCが

その後どんな恋をして、
どんな気持ちで初体験をしたのか、
とても気になる

もし結婚していたら
ダンナは知っているのかな?

多分言えないだろうけど

あの時助けるどころか隠れて
一部始終覗き見てることしか
出来なかったヘタレな俺ですが

15年たった今!

あの雪山の光景を思い出しては
激しくオナニーしている
最低な駄目男に成長しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。