寝ているお母さんに中出し夜這いSEXしたら、賢者モードで超鬱になる【近親相姦】

「SEX」というHな単語を
俺が知ったのは小学5年生の時

両親のSEXを見てしまい
最初は一体何をしているのかわからなくて
不安になり、友達のアキラに聞くと

「セックスだよ!」

と性行為について説明されました

そして中学生になり気づいたんですが
父と母がSEXする曜日、時間帯は
いつも決まっているんです

金曜日の早朝が両親のSEXタイム

父はトラックドライバーで
朝早く出かけいるんですが
金曜日だけは、母とSEXしてから
出かけるんです

しかし、当時は
またSEXやってるよ

とその時は思っただけで
特に関心もありませんでした

 その日は後で部屋に様子を見に行くと
母親は寝ていて

「ごめんね、お母さん
疲れてるからもう少し寝てる
自分で勝手に食べて学校行ってね」

 母親が金曜日だけ起きて来ない理由が
そのときやっと分かりました

なもので、金曜日の朝だけは
父とのSEX疲れで
母親が起きて来ません

そして、俺の童貞喪失は遅くて、
高校3年の時

それも友達が連れて来た
ヤリマン女でした

ヤリマンでもでもやっぱり気持ちいいので、
高校卒業後、すぐに働き出した俺は
職場の先輩が主催した合コンで
彼女を作って
やりまくっていました

ところが去年のクリスマス前に
好きな人出来たから
別れてとアッサリと捨てられてしまいました

センズリ生活が1ヶ月も続くと
さすがに生身の女と
やりたくて仕方がありません

 そんな中、2月の第1金曜日の朝

親父がいつものように
仕事に行きました

今でも両親のセックスが
続いているのは知っていました

 寝室に行くと母親は
気持ち良さそうに寝ていました

暖房も効いていて、部屋は暖かく、
暑いと母親が上掛け布団をめくりました

母は全裸でした

おばさんと呼ばれる年でしたが
歳の割には
良い身体だと思いました

オマンコが見たくなって、
両膝を持ち上げてみました、
全然起きる気配はありません

そのまま足を拡げると、
まだ濡れてるオマンコのビラビラは開いていて

かなり黒ずんでいるけど
中はピンク色

クリトリスは赤くて大きくて
ピンとしてました

 我慢できずにパンツを脱いで
チンチン握ってオマンコに当てると
母親の声が

「あんた、二回戦出来るの珍しいわね」

 といいながら
チンチンを握って来ました

 顔はまだ上げてませんでした

どうやら親父だと思ってるみたいで、
母親をそのままうつ伏せにして
お尻を持ち上げて
バックから夜這い母子相姦してしまったんです

元彼女と比べると
母親のオマンコの方が絞まります

 背中に顔を着けて
右手で胸を揉みました。

「アン、いいわぁ
オマンコの奥もっと突いて」

 その声にたまらず、
俺は我慢出来ずに中出してしまいました。

でも勃起は収まらず、そのまま突き続けました。

しだいに母親の喘ぎ声が
大きくなって

「イク、イクわ、イッちゃう」

 オマンコが凄く絞まって
2度目の発射です

中はグチャグチャでチンチン抜いたら、
中からどろどろと精液が垂れてきました

母親の手がオマンコにのび、

「さっきより出てない
こんなに出たの久しぶり」

 と、そんな母親をよそに、
母親と近親相姦SEXしてしまった

賢者モードになり
どうしようと俺は
我に帰ってしまいました

「ごめん、ごめんなさい、どうしよう」

 母親は気にしていない様子で

「つかさだったの、
どおりでオチンチン硬いと思った
ザーメンも多くて」

「どうしよう、中に出しちゃた」

「それは大丈夫、お父さん何時も中だしよ
妊娠なんてしないから、
それより気持ち良かったんでしょ
射精したんだから、お母さんは別にいいよ
つかさがしたいなら」

「ダメだよ、それは後悔してるし、ごめんね」

「バカ、後悔するな、もう一回するよ」

 そういうと母親は
小さくなったチンチンを握って
フェラを始めてくれました。

「ほら、元気になった、
今度はお母さん上ね」

騎乗位なって
チンチンを握ってオマンコの中に
沈めていきます

「どう、お母さんのオマンコ
20年振りかな、お父さん以外の
オチンチン挿れたの
そうだ、仕事大丈夫なの」

「今日休み、三連休だよ」

「それならゆっくり出来るわね
罰としてお母さん10度以上イかせること
あと最低6回よ」

 
結局、昼まで母子相姦SEXしました

 最後にお母さんが、

「溜まって出す処無いならお
母さんの中に出しなさい
いつでも良いからね」

 後悔どころか、土日以外の朝は
親父が出た後に母子相姦しています

多分彼女が出来ても
母を抱き、肉体関係は続くと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。