タンクトップでチクポチした可愛いJSに興奮するバレーボールのコーチ

俺は学生時代バレーボールをやっていて
現在、小学校でバレーボールのコーチをしています

バレーボールをしている人にとっては
俺はそこそこ有名な選手で
小学校の父兄からお願いされ
土日だけコーチする事になりました

 
そして平日の日

仕事帰りにアパートに帰ろうとしたときに、
泣いている少女を発見

普段なら通り過ぎるところなんですけど
バレーボールの少女と
わかったので車を停車させて

「どうしたんだ?」

っていうと

「お母さんと喧嘩した」

と泣いている少女

その少女はJS6年生で
主将も務めている

チームの中では
みんなから憧れるぐらいのjsで
顔もかわいい美少女だし
人気のある子なんですけど
気は強いお転婆娘でした

「泣いてても仕方ないよ
家に帰りなさい。もう6時だし」

といったんだけど

「絶対いやだ」

とつっぱねる

俺は携帯でそこの家に電話をしました

するとお母さんがでて、
事情を説明した

お母さんも少しご機嫌ななめのようで

「ご迷惑かけてすみません」

と言われて

「もう少し一緒にいてあげてください
そのうち収まると思います」

「わかりました
俺のアパートに連れていくので
あとで迎えに来てください」

といい、その美少女JSを
車に乗せて俺のアパートに連れて行きました

泣きやんだが、
一向に機嫌がなおらない

そして、もう一度
お母さんに電話したんです

すると

「ちょっと娘と電話かわってもらえる?」

というので変わってあげたら

「絶対帰らない」

の一点張り

タイミングを間違えたなって思って再度
俺に代わってもらって

「今日だけあづかりましょうか?」

っていうと

「そうしていだだけると」

っていうので

「着替えだけあとでとりに行きます」

といってその子の家に着替えを
取に行きました

そしてアパートにもどって
いろいろとしゃべりました

子供ながらにいろいろと溜め込んでたんだなと思って
愚痴をいっぱい聞いてやりました。

機嫌が直りそうになってきたが
夜も遅いのでお風呂をいれてあげました

あがってきた格好は
タンクトップにショートパンツ

しかもノーブラでjS6年なので
おっぱいは多少膨らんでいて
チクポチしているんです

「刺激的だな」

っていうと

「コーチのエッチ」

と初めて笑ってくれました

そして俺が風呂に入って
お風呂から上がると、なにやらもぞもぞ

なにしてるんだと思ったら

「コーチこんなの見てるんだ」

それはレンタルから借りてきた
18禁のエッチなDVD

俺は内心すごくあせった

「子供がみるもんじゃないよ」

っていったんだけど

「見たい。ちょっとだけ見せて」

「このことを誰にも言わないのなら」

と言い返したら

「絶対誰にも言わないよ」

「ちょっとだけだからな」

っていって一緒にJSとAVを見ることに

俺は一緒に見れないなと思って
冷蔵庫からビールをとって
飲み始めたんだけど

「わぁすごい。こんなことするんだぁ」

っと興味津々

内容は結構ハードなSMなアダルトビデオ

俺は極力画面をみないようにしてたんだけど、
その子は食い入るように見てる

「こういうのって興奮するよね」

って俺に問いかけてきた

「どういう意味?」

っていうと

「ちょっと強引なのがいい」

って

「そんなこと妄想するんだね」

っていってやった。

「もう一人でしちゃう年頃だもんね」

っていうと顔真っ赤

「わぁ図星だな
一度やると癖になるしなぁ
健康なしるしだよ」

っていうと

さらに顔真っ赤

「ねね。誰としてるの想像しながらやるの?」

って聞いたら俺を指差した。

「え。 俺なんだ」

っとびっくりしちゃった。

「そんなこといったら
俺に襲われちゃうぞ」

っていうと

「いいもん」

って答えてくれた

そして俺は理性がふっとんで
教え子に手を出してしまう

「俺のこと好きなんか?」

って聞くと「はい」って

「なんでも言うこと聞く?」

っていったら

「はい」

「もう一度俺とお風呂はいるか?」

ってきいたら

「はい」

そして俺が近寄って
タンクトップを脱がせた。

「胸何カップだ?」

ってきいたら「Bです」

「おっぱいはチーム一だからな」

っていってやりました。

そしてショートパンツ
とパンツを一緒にずりさげた。

下は、まだ生えかけで
ウブ毛しか生えてないロリまんこ

身長はもう160cmぐらいあるので、
身体は大人顔まけ
しかしそのウブ毛の陰毛がエロいw

お風呂のことはすっかり忘れてしまっていました。

「みてやるから自分でひろげてみせてよ」

っていうと

「はい」

っていいながら
足をひろげて美少女JSが御開帳

「はずかしいけど、興奮してるね
こんなにエッチな汁でてきちゃってるぞ」

「いやん」

っと明らかに興奮してます

「さわるぞ」

っていってクリトリスをゆっくり
やさしく、触ってあげると

「あっきもちいいです」

「逝くっていうのはわかるのか?」

「わかります」

「いつも触ってるように自分でさわってみなさい」

とjsの手をおまんこに導いた。

けっこう時間がかかったけど、
オナニーで目の前でイッた

jsのアヘ顔ってのは超エロもんだよ

そして俺は
超可愛い小粒なクリトリスを舐め始めた

「今はだめ。敏感になってる」

といいながら
明らかにガチイキしている

そしてまたjsの手を導いて

「もう一回いってみろよ」

っていうと
次は数十秒でいってしまった

のけぞりまくるJSにすっかり理性をなくしたが、
さすがに挿入はできないとおもって
口へ入れた

歯があたって結構痛かったが
それこそがロリフェラの醍醐味ですよ

そして、明け方まで何回も何回も
その教え子のjSを逝かせ続けた。

そして朝、その子は家に帰っていったんだけど、
帰り際に

「すごかった。また来ます」

と言い残した。

そのバレーの教え子が
中学に上がってから処女はいただきました

現在高校生で
生徒会長なんかもしてるらしいけど、
まだ俺の事が好きで、
恋愛関係というかSEX関係は続いている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。