チクポチしたJSに悪戯して乳首を舐めたら、幼女はオシッコを漏らした

中学2年生の時の夏休みの思い出です

友達とプールにいたんだが、
突然の雷雨でプールから帰る事にした

友達とは、家の方向が違うので別れ
俺はすぐ隣にある公園(といっても道は少し遠回りしないといけない)
の屋根付きアスレチックで雨宿りしていた

数分後、夏特有の凄い夕立がふってきて
危ねーと息をついていた。

すると女の子がこちらに自転車で向かってきた。

どうやら同じ目的らしかった。

そして急いで自転車を止めて俺の所に来た。

その子はぱっと見js3くらいの背で
白ワンピ着てツインテールで全身ずぶ濡れだった。

見るからに凄い濡れてたので

「大丈夫?拭いてあげよっか?」

「あ、ありがとうございます」

と意外と丁寧な反応に驚いた。

「君何年生?」

「小5です」

なるほどそれなら不思議じゃないけど
小5にしては背小さいくて可愛いなとか思いつつ拭こうとした。

すると濡れていたせいもあって
ちょんととんがった乳首がすけてチクポチしていた事に気づく

ロリ小学生の乳首に思わず股間が反応してしまった。

拭きながら上からさりげなく
淡いピンクのかわいい乳首を見てた。

てか肌が白くてすげー綺麗だったのが印象的だった

じっくり見たいなと思ったのでダメ元で頼んでみた

「ちょっと拭きにくいから服脱がしちゃうね」

拭いてもらってる手前断れなかったのか

「え、はい」

小学生はと顔赤くしながら
困惑気味にOKしてくれた。

緊張して心臓ドキドキで息子も膨張してた。

両肩の紐をするり、
と降ろすと未発達のまずちっぱいおっぱいをガン見した。

しかし公園が木で囲まれてここが二階(てか地上3mくらい?)とは言え、
パンツとサンダルしか履いてない
ロリ少女と俺を見られたら大変な事になる。

罪悪感と興奮で本当にドキドキだった。

とりあえず拭くふりしてタオルの上からおっぱいを触ってみる。

柔らかい感触がなんとなく伝わってきた。

今度は腕とか拭く時に指でさりげなく
触ってみてぷにぷにした感触を楽しんだ。

気が大きくなって吸いつくきたくなったので、
腰をかがめてその子の腰に手を回して拭けば自然とできるんじゃないか
と思ってやってみた。

したら唇を軽く乳首に触れさせられた。

調子に乗って軽くなめてみた。

すると体がビクッと反応した。

「どうしたの?」

「えっ、いやなんでもないです」

顔が真っ赤で可愛かったが罪悪感もあった。

しかし懲りもせず舌でなめるのを繰り返す度に女の子の体は反応した。

俺の息子は破裂寸前でべとべとだった。

もうここまで来たら、と思ってjsのロリおっぱいを
マッサージするように揉みながら乳首に吸いついてみたら

「ひゃっっ」

と甲高い声をあげた。

流石にヤバかったかとちょっと後悔して

「どうしたの?どこか痛かった?」

と聞くと、顔真っ赤でちょっと泣きそうな顔で

「びっくりして・・・が、がまんしてたのに
お・・・お漏らししちゃいました」

ともう半泣きしていた。

見ると確かにパンツに染みがができて
おしっこがだらだらと漏れていた。

これは凄い嬉しい誤算だった。

もしかしたらパンツを脱がせるかもしれないと思った。

「大丈夫だよ落ち着いて。誰にも言わないから大丈夫安心して」

と慰めた。

少女も泣きながらはい、と返事を返した。

泣きやむまで1分くらいかかって話しかけた。

「じゃここも拭いてあげるね」

とパンツをするっと脱がした。

いきなりでびっくりしたのか

「えっいやっちょっ」

とかなり焦ってた。

脱がすと毛の生えてない綺麗なパイパンの縦スジが見れた。

途端にしゃがみこんでまた泣いてしまった。

顔抑えて泣いて裸で泣いてる訳だから
こんな所誰かに見られたら人生終了だろと焦って即行で謝って慰めた。

「ごめんね、本当にごめんねもうしないから許して」

とやってたら五分くらいして何とか泣き止んでくれた。

でも顔はうずめたままだった。

てか裸でしゃがんでるから満スジがチラチラ見えて逆にエロい。

まだ拗ねててなんとかできないかと思って俺は

「俺のも見せてあげるから。ね?」

賭けに出た。

すると女の子は顔を上げて

「何をですか」

と拗ねた感じで聞いてきたので、息子を指さした。

女の子は一瞬固まったみたいだが、ちょっと間をおいて無言で頷いた。

俺はズボンとパンツを膝まで下げて女の子の前に立った。

裸であるのを忘れたのか立て膝になってじっと見つめている。

全部丸見え。

見られるのがこんなに気持ちいいという事に気づいたが、
同時に自分がかなり変態である事を自覚

まあ小さい幼女にこんな事してる時点で変態でしたね。

「触っていいよ」

というと幼女は鬼頭を指でつついたり玉を触りはじめた。

この時点で爆発しそうだったが何とか我慢していた。

そして女の子の手を取って握らせ、

「ちょっと前後に動かしてこすってみて」

ぎこちなかったが興奮のためかすごい快感だった。

そして限界に達し思いっきり出してしまい、幼女は

「えっなに」

と自分の胸についた精子をすくって不思議そうにしていた。

女の子に精子の説明をすると
食い入るように聞いていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。